広島の植物ノートを野外で見る

広島の植物ノートの登載は、一応終わったので、修正と追加を続けて行くことになります。

大きな目標は、タブレットやスマートフォンを使って野外で参照すること。もちろん、電波の届く場所でスマートフォンを使えば、何時でも、見られるわけですが、私はガラケーしか持っていないので、Nexus 7の本体メモリに納めて、野外で重宝しています。

onTablethttp://forests.world.coocan.jp/flora/ のディレクトリ以下を、その機の内部メモリやカードメモリにコピーするだけで良い、フォルダ名はflora でも何でも良い。
データの総量は現在 90MB以下、写真数が倍になっても200MBには届かないでしょう。
サブディレクトリの /fig /fi2 /fi3 は写真、/issue は別冊記事 /huroku は古いごみ。
アクセス権限のない友人に試してもらったところ、問題なくダウンロードできたそうです。

念のために、書いておきますが、
 データや画像を「個人的使用」の範囲でコピーすることは、著作権を侵害しないので、自由です。しかし、これを、自分のウェブサイトやブログ上に載せる(出所を明示しないで)、コピーを他人に渡す、などは明白な著作権侵害となります。私はこの方面にうるさいので、違法行為にはしっかり対応させていただきます。他の人が欲しがったら、ダウンロードの仕方を教えてください。自分のコピーを複製してはいけません。

本体にダウンロードしたデータを見るのは、それぞれのブラウザーやhtml リーダーで、.html の拡張子が付いたファイルを読むだけです。
ブラウザーの中には、インターネット上のファイルは読めても、メモリ内のファイルは読めないものがあります。例えば、Android では、Chrome、Google がだめで、Firefox は読める。iOS は iPad で試み、断念しました。Windows は問題なし、html リーダーならば、どのOSでも読めるはず。
フォントの大きさ設定は標準や中とすることで、写真と文字のバランスがとれます。

今後の改善案として、以下を考えています。

  1. 写真が無い種に写真を付ける。もし、使わせていただける写真があれば、撮影者のクレジットを付ける条件で使わせていただきたい(トリミング、強く圧縮して使いますが、もとの写真はオリジナルに限ります)。
  2. 引用すべき文献があれが、追加する(現在、北広島町の種子植物を追加中)
  3. 種名索引を作る。現行の索引はGoogle が働いているので、ネットに繋がっていないと使えない。科名が思い出せないというボケ対策に必要。。
  4. 属以下の検索表を作る。現在は、私が少し解っているグループだけに有り、
    よくわからないグループと、よく分かっているつもりのグループにはない。
  5. 画面のスクロールで表示するのを6~8種(分類単位)に抑える。
    (科名索引の長さを超えない様にする)
  6. APGⅢ分類体系との並存は科名索引と相違が有る科の最初の頁で行う。
    (一時、体系によりで科名索引を替えていたが、初期表示はエングラーに固定)
  7. タブレットやスマートフォンにデータを落とすための機能(又はアプリ)を付ける。
    (更新されたファイルのみをダウンロードして、同期する仕様)

 

 

 

植物ノート本編、全科の登録を終える

最後となっていたカヤツリグサ科の登録を終えた。これで、下書きができた状態になったので、随時、写真の追加と記事の更新を続けていきたい。

作り始めが、2009年1月であったから、6年以上かかってしまった。ただ、主要な文献の記述をまとめて、写真を加えただけだが、頭が老化している分、なかなか進まなかった。途中かAPGⅢの分類体系を併用したり、開花季節を示すなどの、方針変更があった。エングラー体系とAPGⅢ体系で、別の頁(ファイル)になっていたものは、一つにまとめ、修正に齟齬をきたさない様にする予定。

元々、自分の学習用に作ったので、野外で重宝している。検索表を増やして、より便利なものにした。直接図鑑類にあたるよりは速いのは、自分なりに納得できる見解を取り入れたためである。

Web上から、http://forests.world.coocan.jp/flora/ の内容をダウンロードすれば、ネットが使えない場所でも閲覧できる。内部の参照に、相対アドレスを使用しているからだ。私は、AndroidタブレットのNexus7に落として使っている。ネット環境でないと、グーグルによる植物名の検索が使えないので、和名と学名の属の50音、アルファベット・リストを実装したい。

ファイルにプロテクトはかけてないので、誰でも落とせるはずだが、自分の環境では、自分自身がシステム管理者なので、誰でも可能かどうか確かめられない。ダウンロードを試みた方は首尾を知らせて欲しい。
もちろん、携帯電話でアクセスするのならば何の問題もない。山の中では電波が届きにくいだけ。

一通りの見直しが終わったら、ユーティリティを作る予定。
ちなみに、現状のファイル数は、2,428個、ディスク上のサイズは 86.2 MBとかなり小さい。画像を強く圧縮しているためである。

 

シナノキ属を更新

広島市のデルタを東西に横切る百米道路は平和大通りと名付けられ、公園のような存在になっている。各地・国から寄贈された樹木も大きくなったものが多い。

植栽のいきさつが明確でない外国産樹木がいくつかあって、名ははっきりしないものがある。セイヨウボダイジュと名札のついたものが、どうも日本のシナノキと変わらないように見える。日本の図鑑類では外国産樹種との比較ができないので、栽培の可能性のある種を含めた検索表を作成した。こういうときに頼りになるのは、やはり、Rehder’s Manual、新しい情報については、RHS Dictionary、園芸植物大事典、Webサイトや各国の図鑑で形質を確かめた。

検索表を作ったので、シナノキ科(エングラー)を更新した。APGⅢ体系のアオイ科から進むと古い頁になってしまう点は未修正のまま。属以下の頁は、エングラー、APGⅢの両体系で、一つだけになるよう工夫する予定である。
別冊記事の内、本編の補足記事となるものは、同じ場所において、オフラインでも読めるようにしたい。第一号として、「ボダイジュという名」の記事を別冊から抜き出し、加筆して、参照できるようにした。

イネ科のうち、タケ類の頁を登録した。ササ類については、検索表を作る自信がないので、後回しになる予定。

キク科、シオン属を追加

本編に、キク科のシオン属(Aster)を登載、種数が多いので、2頁に分けた。このグループは、元々変異が多い上、ヤマシロギクという名前のあいまいさ、学名表示の違いがあったため、非常に分かりにくかった。

副島らの精力的な研究により、変種の概念がはっきりしてきたので、私にも理解できるようになった。しかし、変異が大きく、違いが少ないという点に変わりはないので、同定が易しくなったというわけではない。特徴が分かる写真を集めて、分かり易い検索表を作りたい。

広島県植物誌では、ヨメナ、ミヤマヨメナ、ヤマジノギクなどを別の属にする見解をとっていたが、本編では  Ito,M. & Soejima,A. (1995, Flora of Jaban 3b) にしたがって、Aster 属に含めた。とはいえ、外来種のホウキギク類については、原産地での扱いにしたがって、独立属の Symphyotrichum とすべきかもしれない。