今日が端午の節句

本日6月20日は旧暦の5月5日、本来の端午の節句です。
これまで、かしわ餅のことを何度も書いてきました。少しづつですが、ウェブ上でも本当のことが知られるようになって来たようです。ただ、不思議なことに、自分が調べたかのように断定される方が多く、文章まで似ているまるはそっくりなのが多いようです。ひとこと、引用元を書いておくのがそんなに難しいことでしょうか。
それはさておき、「かしわ餅」の定義、全国的なサルトリイバラと江戸発祥のカシワの葉の違いなどを、特集-Ⅳとしてまとめました。

特集-Ⅳ かしわ餅のまとめ へ

この季節に、かしわ餅の葉はどうなっているか?

まず、サルトリイバラの葉、2週間前の6月6日、内陸の山麓部、十分に育っています。

サルトリイバラの葉

6月6日のサルトリイバラの葉

カシワの葉、さらに2日前の6月4日、中国山地の1,100辺りの風衝地、硬すぎず、頃合いです。

カシワの葉

6月6日のカシワの葉

 

 

センダンと栴檀、白檀

5月始めの「かしわもち」が一段落して、季節の花である「センダン」をキーワードとする訪問が多くなった。

センダンの花

センダンの花

和名のセンダンと栴檀とは関係がないことは以前に述べた。しかし、栴檀が白檀の別名であるとの間違った記述が氾濫しているので、補足してみたい。

混乱の原因は漢名と漢字名、中国名の混同にある。昔の書物には「漢名」が見出しになっていて、その後に「和名」が書いてある。和名表現について古代代には漢字を使用した「万葉仮名」であったが、1700年代になるとカナ書きが普通になり、現代まで続いている。

センダン(漢名:楝)を例にすると、深根輔仁の本草和名(918)では「亜布知」、源順の和名類聚抄(935)では「阿布智」、貝原益軒の大和本草(1709)や新井白石の東雅(1719)では「アフチ、「俗にセンダン」と書かれている。

漢名を最初に書くのは、それが学術的な標準名(正名)であったためである。当時の本草学(植物学)は中国を手本としていたので当然である。ただし、日本の植物はすべて中国にもあって正しい分類が行われている、との大前提の上に成り立っている。しかも、間違いを正す仕組みがなかった。

リンネによって、現在の学名である、ラテン語の二名法が認められたのが1753年、命名規約が合意されたのが1905年である。命名規約によって、新しい植物を発見したとき、すでに別の名前がついていたとき、間違いが見つかったときなどに訂正する手順が出来上がったので、安心して使えるようになった。

ヨーロッパの人々にとってのラテン語は日本人にとっての漢語(漢文)と同様に「知識人の共通言語」であった。多くの日本人にはラテン語名より漢名の方が解り易いが、間違いを訂正する仕組みがないので、自然科学の分野ではラテン語の学名を使うしかない。

飯沼,慾斎の草木図説(1856)では、カナ書きの和名に加えて、ラテン語名(カナ書き)が書かれているので、この頃から正名としての漢名の役割が終わり、単に外国名の一つ(中国名)になったはずである。にもかかわらず、「漢名」と「和名の漢字表現」、「中国名」をごっちゃにするから訳が分からなくなる。日本で栴檀=白檀としているが、中国名の栴檀と白檀は別のものである(少なくとも現代の中国名では)。

sendan表に示すように香木のビャクダンの中国名は檀香か栴檀である。元々、ベンガル語の chandan を漢字で栴檀としただけである。「白檀」と書くとハイノキ科のカラサワフタギになる。

よって、「栴檀は二葉よりにほひ、梅花はつぼめるに香あり」という撰集抄の文章にあらわれた栴檀は、Santalum album なので、そのままでよい。ただし、「せんだん」と読むのではなく、「チャンタン」と読むのだから、「いろはかるた」では、「せ」でなく、「ち」の札となる。

結論:栴檀はセンダンではなく、チャンタンと読む、白檀は全く別の植物。漢名と中国名は別物、国際化時代に「漢名」や「和名の漢字表記」を使うのは止め、動植物名表記の基準であるカナ書きを徹底しなければならない。

ヒメジョオン、ハルジオン、ヒメシオン

本編にキク科-8を登載した。かつてはErigeron属としてまとめられていたが、現在ではConyzaとErigeronの2つ、あるいは ConyzaErigeronStenactisの3つに分けられる。広島県植物誌は分ける方の見解であるが、一部に混乱も見られる。

ハルジオンは、ヒメジョオンと花が似ているだけでなく、名前が似ているため、ハルジョオンと間違って呼ばれやすい。さらに、ヒメシオンという植物があって、こちらもヒメジョオンと混同される。

ハルジオン

ハルジオンは春に咲くシオンであって、つぼみの時に花柄が垂れる

牧野図鑑には、以下のように混同しないよう注意書きがある。

  • ヒメジョオン(牧野図鑑(1940)p.68)和名ハ姫女菀ノ意ナリ。
  • ヒメシオン(牧野図鑑(1940)p.71)名称ノ相似タルニ因リひめじょおんト誤ルコトアリ、注意スベシ。漢名女菀(誤用)。
  • ハルジオン(新牧野図鑑(1961) p.629)春紫菀の意で、著者の命名だが、ヒメジョオン(姫女菀)との類似からハルジョオンの名が普及している。

元になっている名は中国名の女菀と紫菀であるが、牧野図鑑には「ジョオン」の説明がない。そこで、中国高等植物图鉴(巻4, 1980)、Flora of China(Vol. 20-21)で中国の現代名を確かめてみた。

  • ヒメジョオン 一年蓬 yi nian peng(Erigeron annuus)
    (Erigeron属の名としては飞蓬(飛蓬)が用いられる)
  • ヒメシオン 女菀  nü wan(Turczaninowia fastigiata 、Aster fastigiatusと同じ)
  • ハルジオン 該当する植物は無い
  • シオン   紫菀 zi wan(Aster tataricus)

牧野図鑑は誤用としているが、現代中国名の女菀は和名ヒメシオンと同じである。ちなみに、女菀、紫菀の「菀」という文字は生い茂っている様を示す。

Aster fastigiatus をヒメシオンと名づけたのは妥当であるが、外来植物のErigeron annuus に対して女菀を基にしたヒメジョオンと名づけたことが混乱の原因になった。中国名「一年蓬」のように、全く別の発想による和名を作って、シオンとジョオンを明確に区別する必要があったろう。

まとめ、以下の通り、ハルジョオン、ヒメジオンという名は存在しない

  • ハルジオン  = ハル + シオン Erigeron属にあり、2語連結の濁音
  • ハルジョオン = ハル + ジョオン この名の植物は存在しない
  • ヒメシオン  = ヒメ + シオン  Aster属にある(濁音にならない)
  • ヒメジオン  = ヒメ + シオン   この名の植物は存在しない
  • ヒメジョオン = ヒメ + ジョオン Erigeron(Stenactis)属にある

 

ガガイモ科の種の名前

本編の、ミツガシワ科キョウチクトウ科ガガイモ科の見直しを行った。年内にキク科までを登載したいところだが、タヌキモ科までの見直しも必要なので、難しい。

ガガイモ科の分類については異論が多く、所属を変えると小名(形容語)まで変わってしまう例が多くて混乱する。

例えば、ツクシガシワは、Cynanchum grandifolium Hemsl. か Vincetoxicum macrophyllum Siebold & Zucc. となる。最初に発表(1846)されたとおり、Vincetoxicum属のままであれば問題ないが、イケマと同じCynanchum属とみなした場合は、そちらに移動させて:
Cynanchum macrophyllum (Siebold & Zucc.) Matsum. (1912) のようになるのだが、Cynanchum macrophyllum Pers.(1805) や、Cynanchum macrophyllum Thunb. (1821)という、別の植物に充てた先行名があるので、この名は使えない。そこで、W.B. Hemsley (1889)が macrophyllum(大きい葉の:ギリシャ語)の意味をラテン語で表現した新名を作って、
Cynanchum grandifolium Hemsl. とした。

アキノクサタチバナとホソバノロクオンソウとの関係では、さらにややこしいので、私には整理できていない。

ガガイモ科の種の和名は学名以上に難しい。日本各地の古い呼称、中国名、(漢方)薬名が入り混じっているようだ。

フナバラソウについて、私は“船原”という地名だと思い込んでいた。先月、この果実が熟して二つに割れたのを見て、船底の形であることに気づいた。牧野図鑑にも“船腹草”と書いてある。古書にも、フナワラ、ロクエンソウという呼称が漢名の”白微”にあててある。牧野図鑑には漢名”白微”が誤りと書かれているが、現代中国名の「白薇(微) bai wei 」は Cynanchum atratum となっているのでフナバラソウと白薇は同じである。

和名ヒゴビャクゼンの元になった中国名の「白前 bai qian」は Cynanchum glaucescens で、日本には分布していない種。

スズサイコは、鈴形のつぼみと漢方の柴胡(セリ科のミシマサイコ)を組み合わせた名、古書ではフナワラ(小フナワラ)、ヤナギザイコ、スズザイコなどと呼ばれていたようだ。中国名は「徐长卿(徐長卿) xu chang qing」であって、柴胡属 Bupleurum と結びつける発想は無かったらしい。

 

サワフタギ、タンナサワフタギ

本編の見直しを、エゴノキ科ハイノキ科まで進めた。

ハイノキ科は熱帯から暖温帯に多い樹木で、落葉性を獲得したものが冷温帯まで分布している。東アジアの森林植生の区分を提唱した鈴木時夫(1952, 東亜の森林植生. 137 pp. 古今書院)は、日本の自然植生の特徴をブナ科の高木とハイノキの亜高木・低木の組み合わせにあるとした。カンザブロウノキ、クロバイ、ハイノキ等の常緑樹はシイ・カシ林にあり、タンナサワフタギ等の落葉樹はコナラ・クヌギ林からブナ林と結びついている。分布域を北方に拡大するにつれ、落葉性という寒さに耐える手段を共に獲得してきたのだろう。

ハイノキという名は「灰の木」で、枝葉を燃やした灰にアルミニュウムの含有量が多いため、ミョウバンが普及するまで、媒染剤として利用されてきた。成分の違いは樹皮上に着生するコケにも影響し、シノブゴケ科のナガスジイトゴケはサワフタギ類の幹・枝上にだけ生育することが知られている。

サワフタギという名は、渓畔に多く、沢を塞ぐほど生育することから、ふたぐ(=ふさぐ)の連用形で名詞化されたもの、「沢蓋木」ではない。フサザクラ、サワシバ、タマアジサイ等も、「さわふさぎ」や「さわふたぎ」と呼ばれる。

タンナサワフタギの「タンナ」は韓国済州島の古名、本種(Symplocos argutidens Nakai、現在はシノニム)を記載した 中井猛之進が 「Nom. Jap. Tanna-Sawafutagi.耽羅サハフタギ」と書いている(T. Nakai, in  Bot. Mag, Tokyo 32: 228, 1918)。