天然記念物のデータ更新

3月15日付の中国新聞、地域ページ[尾三]に、「世羅の長寿ツバキ枯死」という記事があり、「県天然記念物」解除へという副題がつけられていた。この手の情報は早めに反映させておかないと忘れてしまうので、本編のヤブツバキの頁を更新した。記事更新の前に、ヤブツバキの名が総索引から漏れていたので、追加した。

新聞記事には「長寿ツバキ」とあったが、広島県指定天然記念物の名は山中福田のツバキ(やまなかふくだのつばき、昭和53年10月4日指定)となっている。地元では、「長寿ツバキ」と別の名で呼んでいたのか。

記事中に「老衰や有害なコケなどが原因」とあるが、そのような原因はあり得ない。腐朽菌が入って子実体が出てきているのをコケと見たのだろうか、ウメノキゴケなどの地衣類が樹皮上に生育しているのであれば衰退原因ではない。「樹皮」という死んだ組織に着生するコケ類は生きた樹木の組織から養分や水分を奪うことはない。樹が弱って、葉量が少なくなったから、陽当たりを必要とするコケが増えただけであろう。登録樹木医に見せれば正しい診断をするはず。

「新野生4」に準拠して、アオイ科を見直した。ここでも天然記念物のデータ更新があった。
三原市指定天然記念物「莇原のシナノキ」が同定違いでマンシュウボダイジュであったことから名称が変更された。三原市のウェブサイトには天然記念物の頁がないが、広報誌の中に言及がある。当然、シナノキからマンシュウボダイジュの位置に移した。

県指定の大元のぼだいじゅも同定違いで、マンシュウボダイジュである。こちらは、庄原市の記念物(東城地域)のページにマンシュウボダイジュであることが記述されているが、名称変更はされていない。「大元のぼだいじゅ」というのは固有名であって植物の種名ではないので、この措置は適切である。

 

改正新版 日本の野生植物 4

この1ヶ月のバタバタ状態が一息ついたところ、「改正新版 日本の野生植物 4」が前触れなく届いた。本来ならば、昨夏に刊行されるはず、待たされた!

4巻は、アオイ科からキョウチクトウ科まで。これに従って、広島の植物ノート本編の見直しを始める。種類が多く、図版が10頁を超えるのは、アオイ科、アブラナ科、タデ科、ナデシコ科、ヒユ科、アジサイ科、ツツジ科、アカネ科、リンドウ科、キョウチクトウ科であった。どれも、私は良く知らないので助かる。ただ、旧版に比べて、写真の大きさが小さくなっている。より多くの種を詰め込んだから、やむを得ないのだろう。この巻の税別定価22,000円は高い。とは言え、写真を大きくして、巻数が増えるともっと困る。

トウダイグサ科ニシキソウ属の見直し

広島県産のニシキソウ属に外来種の2種が追加されているとの”外圧”を受けたので、ハイニシキソウとアレチニシキソウを追加。元々、この仲間は良く分からなかったので、検索表を組み立てた。何となく、解るような気分となったので、手持ちの写真を再検討したが、コニシキソウとオオニシキソウのみで、他の種は見つからなかった。

合わせて、トウダイグサ科の索引頁を独立させた。

スミレ科まで、再見直し

「大橋広好・他(編)2016. 改訂新版 日本の野生植物 第3巻」に従って、記述や分布域の見直しを進め、スミレ科を終えた。
「Iwatsuki,K. & al.(eds.) 1995-2001. Flora of Japan, I-IIIb, Kodansha」では、分類単位が大きく捉えられていたのの対し、「野生植物3」は、より細かく分ける傾向にあるようだ。

記述の形式も少しずつ変わっている。和名については、標準的なものだけを先頭に置き、異名は行を変えることにした。名前が長くなる点と、文字列をコピーしたときに余計なものが含まれない様にするため。以後は、修正時に整える予定。