写真の追加と索引の見直し

和名、学名による索引は、最近のものを除き、ページ単位で作っていたので、目的の種を探すのに手間取っていた。

索引から、それぞれの種類に飛べるよう、記事中のキーを増やし、索引の修正を進めている。今日までに、裸子植物からウマノスズクサ科まで点検したところ、カンアオイ属が索引から落ちていたので、収録した。

この範囲で、新しい写真の追加はなし。

キク科まで再見直し

新版、日本の野生植物に合わせて、キク科までの内容を見直した。

属の組み換えが多く、全体の配列順序を変えなければならなくなった。
分子生物学的成果を反映させることで、準来の体系を一新したとのキャッチフレーズを目にするが、実態はそうでもない。むしろ、近年の細分化から、古典的な分類に戻った感じも多い。

科の配列に大きく変わったものがあるが、元々根拠なくあてはめた、というものをきちんと納めることができたのではないか。目・科の配列替えが「腑に落ちる」というのが正直な感想。

分布域の北限が北に移動しているように見える。温暖化なのだろうか、調査が行き届いただけなのだろうか。

 

 

モチノキ科まで再見直し

しばらく更新が滞っていたが、新野生5(大橋広好・他(編)2017. 改訂新版 日本の野生植物 第5巻. 474 pp. 平凡社、東京.) に準拠した再見直しを、モチノキ科まで行い、タマミズキ、シイモチ等の写真を更新、ハナイカダの葉の中肋断面写真を追加した。

天然記念物のデータ更新

3月15日付の中国新聞、地域ページ[尾三]に、「世羅の長寿ツバキ枯死」という記事があり、「県天然記念物」解除へという副題がつけられていた。この手の情報は早めに反映させておかないと忘れてしまうので、本編のヤブツバキの頁を更新した。記事更新の前に、ヤブツバキの名が総索引から漏れていたので、追加した。

新聞記事には「長寿ツバキ」とあったが、広島県指定天然記念物の名は山中福田のツバキ(やまなかふくだのつばき、昭和53年10月4日指定)となっている。地元では、「長寿ツバキ」と別の名で呼んでいたのか。

記事中に「老衰や有害なコケなどが原因」とあるが、そのような原因はあり得ない。腐朽菌が入って子実体が出てきているのをコケと見たのだろうか、ウメノキゴケなどの地衣類が樹皮上に生育しているのであれば衰退原因ではない。「樹皮」という死んだ組織に着生するコケ類は生きた樹木の組織から養分や水分を奪うことはない。樹が弱って、葉量が少なくなったから、陽当たりを必要とするコケが増えただけであろう。登録樹木医に見せれば正しい診断をするはず。

「新野生4」に準拠して、アオイ科を見直した。ここでも天然記念物のデータ更新があった。
三原市指定天然記念物「莇原のシナノキ」が同定違いでマンシュウボダイジュであったことから名称が変更された。三原市のウェブサイトには天然記念物の頁がないが、広報誌の中に言及がある。当然、シナノキからマンシュウボダイジュの位置に移した。

県指定の大元のぼだいじゅも同定違いで、マンシュウボダイジュである。こちらは、庄原市の記念物(東城地域)のページにマンシュウボダイジュであることが記述されているが、名称変更はされていない。「大元のぼだいじゅ」というのは固有名であって植物の種名ではないので、この措置は適切である。