栽培植物を追加

本編に、いくつかの栽培植物を追加した。花壇や畑からの逸出と思われるが多いが、完全に野生化状態にあるものが少なくない。土壌の乾燥に耐える種類ほど、よく見かける。
 以下順不同

ヒガンバナ科
  スイセン(類)

クマツヅラ科
  ランタナ
  ヒメイワダレソウ

タデ科
  ワイヤープランツ

シソ科
  クリーピングタイム
  タイム

セリ科
  オルラヤ(オルレア)
  ウイキョウ

ナデシコ科
  フクロナデシコ
  スイセンノウ

キク科
  マーガレット
  メランポジウム

バラ科
  ヤエヤマブキ

キジカクシ科
  ツリガネズイセン

ムラサキ科
  ルリヂサ(ルリヂシャ)

ウリ科
  ハヤトウリ

カンナ科
  ダンドク(カンナ)

カタバミ科
  オキザリス・トリアングラリス

ヒユ科
  ノゲイトウ(ケイトウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください