ハエドクソウ科の記述を追加・修正

ハエドクソウの花が咲いてきたので、本編の記述を見直したところ。表現がおかしいことに気付いたので修正、ハエドクソウの写真を替え、従来の写真をナガバハエドクソウの型とした。
山崎(野生植物Ⅲ、Flora of Japan 3a)の見解は両者を区別せず、北米のものとは変種の関係と見なしている。改訂新版 日本の野生植物の第5巻の見解に従う予定であるが、第4巻の刊行から4ヶ月経っても、まだ届いていない。

エングラー分類体系のゴマノハグサ科とAPGⅢ分類体系との比較表のうち、サギゴケ属の配置が間違っていたので訂正、サギゴケ科として独立させる体系との比較を新たに示した。

バラ属の検索表を作成

ノイバラ、ツクシイバラを見ようとして、和名索引にバラ属が無いことに気付いた。和名索引に組み込むにあたって、分類単位ごとにリンクタグをつけて、該当分類単位に正しく飛ぶようにした(従来は、2~5種でまとめたタグ付け)。
ついでに、バラ属の検索表を作成、掲示した。それぞれの特徴をうまく反映させることは難しく、改良の余地がある。托葉の形態、果柄や若枝、葉の毛や腺の有無を写真で示す必要があるが、まだ良く分からないので当面は従来通り。

平成29年度「山菜アドバイザーの募集」が始まっています

ワラビ、ゼンマイ、タラノキ、コシアブラ、モミジガサ(しどき)、ツリガネニンジン(ととき)、チシマザサ(ねまがりたけ)など、春の山菜シーズンは一段落したところです。

山菜アドバイザーによる野外教室

レクレーションとしての山菜採りは楽しく、自然に親しみ、やまの恵みを実感する良い機会です。ところが、しばしば度を超して、問題視されることも少なくありません。一方、山菜採りや山菜料理で都会から人を呼ぶ試みも行われています。

山菜の文化的背景、ルールとマナーを守って安全に採取する工夫、種類を正しく見分けるための植物分類、栄養を理解した上での調理法、新しい料理、地域振興への結び付け等を体系的に学び、生産者・消費者の双方への気配りができるリーダーが必要です。このため、第7回「山菜アドバイザー研修」の受講者募集が始まりました。主催は「日本特用林産振興会」、「きのこアドバイザー」の研修と交互に行われるため、2年に1回の開催となっています。

研修は10月2日(月)から6日(金)までの5日間、東京で行われます。遠方の方には負担が大きいですが、交通費と宿泊を合わせた「セット・パック旅行」にすれば、交通費・宿泊費はかなり低減でき、宿泊予約も難しくありません。

山菜について、体系的に学べる唯一の機会ですので、民宿を経営されている方、地域おこし関係者、興味のある方は日本特用林産振興会の募集案内(2017.06.20現在、工事中)をご覧ください。

前回の紹介記事はこちら

かしわもちのデータ更新

端午の節句が近づくとアクセス数が多くなる。かしわもちに使うカシワとサルトリイバラの輸入実績を調べて、グラフを新しくした。輸入元は中国のみで減少傾向にある。かしわもちの総需要量が減っているのであろうが、道の駅等の直売所の販売が増えてきて、サルトリイバラを使用するものが多くなったからではないか。

「本来はカシワの葉を使うのが正しいが、カシワが生育していないのでサルトリイバラの葉で代用している」という記述が郷土出版物にも見られたが、中央のマスコミ情報に踊らされることなく、それぞれの地域の伝統が復活している。そのため、輸入に頼らなくとも良くなったのではないか。

改正新版・日本の野生植物に対応した本編の見直しはザクロソウ科まで進んだ。

天然記念物のデータ更新

3月15日付の中国新聞、地域ページ[尾三]に、「世羅の長寿ツバキ枯死」という記事があり、「県天然記念物」解除へという副題がつけられていた。この手の情報は早めに反映させておかないと忘れてしまうので、本編のヤブツバキの頁を更新した。記事更新の前に、ヤブツバキの名が総索引から漏れていたので、追加した。

新聞記事には「長寿ツバキ」とあったが、広島県指定天然記念物の名は山中福田のツバキ(やまなかふくだのつばき、昭和53年10月4日指定)となっている。地元では、「長寿ツバキ」と別の名で呼んでいたのか。

記事中に「老衰や有害なコケなどが原因」とあるが、そのような原因はあり得ない。腐朽菌が入って子実体が出てきているのをコケと見たのだろうか、ウメノキゴケなどの地衣類が樹皮上に生育しているのであれば衰退原因ではない。「樹皮」という死んだ組織に着生するコケ類は生きた樹木の組織から養分や水分を奪うことはない。樹が弱って、葉量が少なくなったから、陽当たりを必要とするコケが増えただけであろう。登録樹木医に見せれば正しい診断をするはず。

「新野生4」に準拠して、アオイ科を見直した。ここでも天然記念物のデータ更新があった。
三原市指定天然記念物「莇原のシナノキ」が同定違いでマンシュウボダイジュであったことから名称が変更された。三原市のウェブサイトには天然記念物の頁がないが、広報誌の中に言及がある。当然、シナノキからマンシュウボダイジュの位置に移した。

県指定の大元のぼだいじゅも同定違いで、マンシュウボダイジュである。こちらは、庄原市の記念物(東城地域)のページにマンシュウボダイジュであることが記述されているが、名称変更はされていない。「大元のぼだいじゅ」というのは固有名であって植物の種名ではないので、この措置は適切である。