科の索引に図鑑の区切りを挿入

「新版 日本の野生植物5」 の刊行を受けて、見直しを進める。最初にヒルガオ科の見直しを行なったが、大きな変更はない。科索引の配列順序が「米倉浩司(2013)維管束植物分類表」と異なっている個所(目内の科の順序)があるので「新野生1~5」に合わせた。

APG配列は未だ身についていないので、どの巻を引き出すかが分からない。総索引が付属したが、索引を引いて巻を探すのは二重手間。そこで、科の索引に、新版の巻の区切りを入れた。良いアイデアと自画自賛している。

エングラー配列の方は慣れているはずだが、念のために、こちらにも図鑑の区切りを入れた。ただし、保育社の「原色図鑑」と平凡社の「野生植物」では並び順が逆であるため、上下の矢印で適用方向を示した。また、木本編の区切り位置が異なる問題も少しは解消できた。

改正新版 日本の野生植物 5、全巻刊行

本日、「改正新版 日本の野生植物 5」が、突然届いた。2015年12月に第1巻、2か月毎に刊行されるはずで、全巻の代金を先払いしていたので一安心。最終巻は見るからに厚く、本文が428頁、284図版となっている。ちなみに、第4巻は320頁、256図版だから、本文で3割、図版で1割増量というところ。

総索引が付いたのは有り難いが、該当巻に手が伸びるのが一番。APG配列の新版では、それができないのが悔しい。

改正新版 日本の野生植物 第5巻と索引

改正新版 日本の野生植物 第5巻と索引

20名以上の分担執筆で1年遅れというのは良い方だろう。私が関係したもので、最終稿が受理されたのが何年前だったか、思い出せないものがあるくらいだ。

日本の野生植物 新版(左)と旧版。 旧版の方が幅が広い?

日本の野生植物 新版(左)と旧版。 旧版の方が幅が広い?

早速、広島の植物ノート 本編の “包括的な参考文献” に追加した。この頁を見ると “Flora of Japan” シリーズの未刊分(単子葉類)が気になる。

 

ハエドクソウ科の記述を追加・修正

ハエドクソウの花が咲いてきたので、本編の記述を見直したところ。表現がおかしいことに気付いたので修正、ハエドクソウの写真を替え、従来の写真をナガバハエドクソウの型とした。
山崎(野生植物Ⅲ、Flora of Japan 3a)の見解は両者を区別せず、北米のものとは変種の関係と見なしている。改訂新版 日本の野生植物の第5巻の見解に従う予定であるが、第4巻の刊行から4ヶ月経っても、まだ届いていない。

エングラー分類体系のゴマノハグサ科とAPGⅢ分類体系との比較表のうち、サギゴケ属の配置が間違っていたので訂正、サギゴケ科として独立させる体系との比較を新たに示した。

バラ属の検索表を作成

ノイバラ、ツクシイバラを見ようとして、和名索引にバラ属が無いことに気付いた。和名索引に組み込むにあたって、分類単位ごとにリンクタグをつけて、該当分類単位に正しく飛ぶようにした(従来は、2~5種でまとめたタグ付け)。
ついでに、バラ属の検索表を作成、掲示した。それぞれの特徴をうまく反映させることは難しく、改良の余地がある。托葉の形態、果柄や若枝、葉の毛や腺の有無を写真で示す必要があるが、まだ良く分からないので当面は従来通り。

平成29年度「山菜アドバイザーの募集」が始まっています

ワラビ、ゼンマイ、タラノキ、コシアブラ、モミジガサ(しどき)、ツリガネニンジン(ととき)、チシマザサ(ねまがりたけ)など、春の山菜シーズンは一段落したところです。

山菜アドバイザーによる野外教室

レクレーションとしての山菜採りは楽しく、自然に親しみ、やまの恵みを実感する良い機会です。ところが、しばしば度を超して、問題視されることも少なくありません。一方、山菜採りや山菜料理で都会から人を呼ぶ試みも行われています。

山菜の文化的背景、ルールとマナーを守って安全に採取する工夫、種類を正しく見分けるための植物分類、栄養を理解した上での調理法、新しい料理、地域振興への結び付け等を体系的に学び、生産者・消費者の双方への気配りができるリーダーが必要です。このため、第7回「山菜アドバイザー研修」の受講者募集が始まりました。主催は「日本特用林産振興会」、「きのこアドバイザー」の研修と交互に行われるため、2年に1回の開催となっています。

研修は10月2日(月)から6日(金)までの5日間、東京で行われます。遠方の方には負担が大きいですが、交通費と宿泊を合わせた「セット・パック旅行」にすれば、交通費・宿泊費はかなり低減でき、宿泊予約も難しくありません。

山菜について、体系的に学べる唯一の機会ですので、民宿を経営されている方、地域おこし関係者、興味のある方は日本特用林産振興会の募集案内(2017.06.20現在、工事中)をご覧ください。

前回の紹介記事はこちら