猛暑がナラ枯れ、マツ枯れを促進

長い梅雨の後、異常な高温と乾燥が続いたためか、コナラのナラ枯れとアカマツのマツ枯れが顕著になった。病原こそ異なるが、どちらも萎凋病であり、樹木内の水分の移動を妨げることで症状が現れる。例年になく、症状が現れるのが早く、枯損数が多い。

安佐北区の水越山東斜面、点々と赤い色の樹が見える
一部を拡大したもの
シリブカガシ、アラカシ、ツブラジイに混生するコナラが枯れているようだ
隣り合うコナラが枯れている
アカマツ、コナラの古い枯木
尾根部ではアカマツの新しい枯れが目立つ