キク科まで再見直し

新版、日本の野生植物に合わせて、キク科までの内容を見直した。

属の組み換えが多く、全体の配列順序を変えなければならなくなった。
分子生物学的成果を反映させることで、準来の体系を一新したとのキャッチフレーズを目にするが、実態はそうでもない。むしろ、近年の細分化から、古典的な分類に戻った感じも多い。

科の配列に大きく変わったものがあるが、元々根拠なくあてはめた、というものをきちんと納めることができたのではないか。目・科の配列替えが「腑に落ちる」というのが正直な感想。

分布域の北限が北に移動しているように見える。温暖化なのだろうか、調査が行き届いただけなのだろうか。

 

 

モチノキ科まで再見直し

しばらく更新が滞っていたが、新野生5(大橋広好・他(編)2017. 改訂新版 日本の野生植物 第5巻. 474 pp. 平凡社、東京.) に準拠した再見直しを、モチノキ科まで行い、タマミズキ、シイモチ等の写真を更新、ハナイカダの葉の中肋断面写真を追加した。

以前の記事中の写真を復活

先月中、WordPressのバージョンアップと、古いプラグインとの相性が悪かったのか、表示がおかしくなり、記事の更新ができなくなっていた。WordPressを入れなおして解決したのだが、記事に添付した写真まで消してしまったらしい。

訪問者が多かったイズモコバイモとホソバナコバイモの記事、ミチノクフクジュソウとシコクフクジュソウの記事で写真が表示されないことから、写真の消失に気づいた次第である。バックアップデータから入れ直し、上記の2記事が正常に表示されることを確認した。

キツネノマゴ科まで再見直し

新野生5(大橋広好・他(編)2017. 改訂新版 日本の野生植物 第5巻. 474 pp. 平凡社、東京.) に準拠した再見直しを、キツネノマゴ科まで行った。

分類上の変更としては、新たな見解による学名の変更の他に、Flora of Japan シリーズで統合された種以下の分類単位がそれ以前と同様になったグループがある。なるべく、新野生5に合わせたが、Flora of Japan の見解のままにしたものがある。

分布域について、新野生5では新たな発見により分布域が広くなったものが多数あり、そのまま従った。ただ、凡例に記した通りTDWGの区分と表現に準拠しようとすると、新野生5の記述では判断できない場合があるので、外国の文献を参照した。

和名、学名からの索引は、同じ頁内の同属では数種のグループに分けて示していたが、分類単位毎にするように努めた。この方針は随時遡及する予定である。