半寄生植物ヤドリギ(1)

注目

風衝尾根のミズナラ上に半寄生するヤドリギ(吉和、2008年4月)

ヤドリギは、エノキやケヤキなどの枝上に寄生しているが、山地ではミズナラ上に生育するものが多い。ヤドリギが多くついたミズナラは葉の量が少なく、弱っているように見える。

写真 1.ヤドリギの多いミズナラ(2020年4月、北広島)
写真 2.ヤドリギが全く見られないミズナラ(2020年)、右後方に見えるのが写真 1の個体。
写真 3.写真 1と同じ個体(2016年4月)

4年前の写真では、ミズナラの枝が少なく、ヤドリギも少ない様に見える。

写真 4.2010年4月撮影、2016年より枝が多く、2020年のものに近い。

撮影した方向や画角(撮影レンズの焦点距離)の違いかもしれないが、現在の姿とあまり変わらない。

写真 5.最も元気の良いヤドリギ(2010年4月)

隣り合うミズナラで、ヤドリギの生育数・量があまりにも違うので不思議に思い。夏樹のミズナラの葉量を調べてみた。

半寄生植物ヤドリギ(2)に続く。

半寄生植物ヤドリギ(2)

原因と結果
同じ場所のミズナラで、ヤドリギが多く寄生しているミズナラの葉量は少ないように見える。ミズナラの健全度とヤドリギの生育数・量とは、負の相関関係にあるようだ。

写真 6.ヤドリギの多いミズナラ、写真 1.の部分拡大。

相関関係があるからといって、因果関係があるとは限らない。
 1.ヤドリギが多いほど宿主の葉量(健全度の目安)が低下する-相関関係がある
   A。偶然の結果であって、因果関係はない
   B。因果関係がある(原因と結果)
     (a) ヤドリギがミズナラを弱らせる    -ヤドリギの寄生が原因
     (b) ミズナラが弱るとヤドリギが増える -ミズナラの衰退が原因
 2.ヤドリギの数・量とミズナラの葉量の間に相関関係は無い-(否定される)
 
 (a) は病気であって、マツの萎凋病(マツノマダラカミキリ + マツノザイセンチュウ)などが例㌧るが、マツノマダラカミキリだけを見ると (b) の傾向があるのでややこしい。

写真 7.写真 1 の隣のミズナラ個体にはヤドリギが全く見えない。

ヤドリギが全く見あたらない理由は?
 1.ヤドリギの種子が、このミズナラ個体の枝に到達していない
 2.ヤドリギの種子は到達している
   A.ヤドリギの種子がこのミズナラ個体枝では発芽・定着できない(寄生不可)
   B.ヤドリギの種子が発芽し、根がミズナラの形成層に達している(寄生可)
    (a) 寄生したヤドリギが成長できない
    (b)  寄生したヤドリギが成長、種子を生産する

 ここで問題となるのは、ヤドリギは半寄生植物であって、宿主から得ているのは水と若干の養分(無機物だけか?)だけであって、自らの成長に必要な炭水化物は光合成によって自給していることである。

写真 8.比較的若いヤドリギは枝を放射状に伸ばし、全体として球形になる。
写真 9.ヤドリギの長く伸びた枝は垂れる傾向にある。これは、重さのためか、上方が光不足で下方に伸びざるを得ないのか

ここまで大きくなったヤドリギはズナラにとって迷惑な存在であろう。ヤドリギによって、宿主の枝が損傷することは教科書にも載っている。

宿主の枝が衰退・枯死した場合、そこに生育する植物との関係については:
 1.腐朽菌類など 完全寄生植物:水分と養分の供給が止まるので枯死する
  (ツチトリモチ、ヤッコソウなど、根に寄生しているものを含む)
 2.ヤドリギなど 半寄生植物: 水分の供給が止まるので枯死する
 3.フウランなど 着生植物:  水分・養分とも他から得ているので生存可能

 ヤドリギにとって、宿主の枝が元気で、根からの水分供給が潤沢であることが必須となる。それは、宿主の枝に健全な葉が多いということであり、ヤドリギの葉に届く太陽光が不足する結果となる(晩秋から早春にかけての落葉期を除き)。

ヤドリギの多いミズナラ個体のそばに切株があった。ということは...

ヤドリギがついていない両隣のミズナラと比較して、立地条件に大きな違いが見られないので、不思議に思っていたら...。近くに同じくらいの大きさの切株が見つかった。どうやら、2本でひとつの樹冠を形成してようだ。その片側が失われたのだから、残った(半球の)樹冠内が明るくなり、ミズナラの枝が伸びるより前にヤドリギ種子の着床、発芽・成長が始まったのではないか。この個体の「衰退」ではないようだ。少なくとも10年以上前のこと。聞き込みをしてみたい。