モチノキ科まで再見直し

しばらく更新が滞っていたが、新野生5(大橋広好・他(編)2017. 改訂新版 日本の野生植物 第5巻. 474 pp. 平凡社、東京.) に準拠した再見直しを、モチノキ科まで行い、タマミズキ、シイモチ等の写真を更新、ハナイカダの葉の中肋断面写真を追加した。

以前の記事中の写真を復活

先月中、WordPressのバージョンアップと、古いプラグインとの相性が悪かったのか、表示がおかしくなり、記事の更新ができなくなっていた。WordPressを入れなおして解決したのだが、記事に添付した写真まで消してしまったらしい。

訪問者が多かったイズモコバイモとホソバナコバイモの記事、ミチノクフクジュソウとシコクフクジュソウの記事で写真が表示されないことから、写真の消失に気づいた次第である。バックアップデータから入れ直し、上記の2記事が正常に表示されることを確認した。

キツネノマゴ科まで再見直し

新野生5(大橋広好・他(編)2017. 改訂新版 日本の野生植物 第5巻. 474 pp. 平凡社、東京.) に準拠した再見直しを、キツネノマゴ科まで行った。

分類上の変更としては、新たな見解による学名の変更の他に、Flora of Japan シリーズで統合された種以下の分類単位がそれ以前と同様になったグループがある。なるべく、新野生5に合わせたが、Flora of Japan の見解のままにしたものがある。

分布域について、新野生5では新たな発見により分布域が広くなったものが多数あり、そのまま従った。ただ、凡例に記した通りTDWGの区分と表現に準拠しようとすると、新野生5の記述では判断できない場合があるので、外国の文献を参照した。

和名、学名からの索引は、同じ頁内の同属では数種のグループに分けて示していたが、分類単位毎にするように努めた。この方針は随時遡及する予定である。

科の索引に図鑑の区切りを挿入

「新版 日本の野生植物5」 の刊行を受けて、見直しを進める。最初にヒルガオ科の見直しを行なったが、大きな変更はない。科索引の配列順序が「米倉浩司(2013)維管束植物分類表」と異なっている個所(目内の科の順序)があるので「新野生1~5」に合わせた。

APG配列は未だ身についていないので、どの巻を引き出すかが分からない。総索引が付属したが、索引を引いて巻を探すのは二重手間。そこで、科の索引に、新版の巻の区切りを入れた。良いアイデアと自画自賛している。

エングラー配列の方は慣れているはずだが、念のために、こちらにも図鑑の区切りを入れた。ただし、保育社の「原色図鑑」と平凡社の「野生植物」では並び順が逆であるため、上下の矢印で適用方向を示した。また、木本編の区切り位置が異なる問題も少しは解消できた。