春の野草祭を地図にする

「植生データベースと関連プログラム」のページを刷新、FVD5、 FVT5、FVmap を更新した。

植生データベース用のアプリを昨年春に更新、関係者には使ってもらっていたが、使用説明書の作成に手間取っていた。しかも、ヘルプファイルの作り方をすっかり忘れてしまったので、Web頁での説明に替えた。合わせて周辺事情の説明も一新したつもりだが、見栄えはほとんど変わっていないようだ。

大きなデータベースの構築が世界的に進んでいて(Dengler, J & al., Vegetation databases for the 21st century, Biodiversity & Ecology 4: 1-447(2012) )、
Global Index of Vegetation-Plot Databases (GIVD) によると、約200のデータベースに、2,917,986地点のデータが蓄積されている。この中には、日本のPRDB 39,287点が含まれている。

植生データベースは関係する研究者以外には役立ちそうもないが、三面分布図を描くアプリのFVmap は応用が利く。ちょっとしたデータを貯めておけば、様々な分布図が描ける。

野草祭り

春の野草祭(2013)

上図は、日本各地で開催されている野草を対象にしたイベントが開催される場所をプロットしたもの、データソースはインターネット上に公開された、昨年までのものである。FVmap に読ませた元データは以下の通り、 拡張メッシュコード; 注釈 の羅列。

フクジュソウ
54383071.07; 松本市四賀地区赤怒田 松本市四賀の福寿草祭り
54377647.08; 白馬村 白馬さのさか 姫川源流福寿草まつり(4月 全国的に有名)
55382314.04; 木島平村 原大沢地区 御魂山(みたまやま) 公園
54383114.08; 上田市 (旧武石村)福寿草まつり
54380015.10; 諏訪市 板沢区「福寿草の里」(4月 10万株)(南信エリア)
53387071.08; 辰野町 沢底 有賀峠 福寿草まつり(2月)(南信エリア)
53370589.07; 阿智村伍和、寺尾の福寿草
56394644.04; 喜多方市山都町沼ノ平地区 福寿草まつり
50335623.06; 大豊町南大王
52332241.03; 広島県庄原市東城町久代 為重地区 ためしげ福寿草まつり
55406543.04; いわき市  三和の里 福寿草まつり
53387796.05; 埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森)四阿屋山(あずまやさん)
54380684.05; 上野村 村天 野栗前山の福寿草自生地 上野村大字新羽字前山806・807
54372003.07; 岐阜県高山市清見町大谷
54390070.02; 秩父市吉田 沢口地区
54382690.03; 虻田福寿草祭り 下仁田町大字中小坂2600番地
60395786.00; 青森県西津軽郡深浦町大間越釜屋沢福寿草公園 岩崎村「福寿草の里」づくり
;福寿草まつり(植栽)
65426316.01; 旭川市 突哨山 男山自然公園
54391310.00; 国営武蔵丘陵森林公園
54402058.02;「筑波山福寿草まつり」
54402154.00; 茨城県フラワーパーク 春を呼ぶ福寿草まつり
; その他
65447177.00; 網走川河畔・呼人の福寿草
セツブンソウ
52331036.02; 節分草まつり 庄原市役所総領支所地域振興室
52356083.01; セツブンソウ祭り 青垣町東芦田の江古花 (えごはな) 園
53387786.03; 埼玉県小鹿野町両神小森の節分草園で7日、「節分草まつり」
53361300.02;「セツブンソウふれあい祭り」を滋賀県米原市大久保区
52373593.01; 石雲寺 愛知県南設楽郡鳳来町名号字袋林12-

イズモコバイモとホソバナコバイモ

3月14,16の両日、島根県川本町のイズモコバイモ自生地見学に大勢で訪れた。交通量の多い県道の傍なので危なっかしいのだが、花が眼の高さにあたるので、無理なく観察できる。

イズモコバイモの花

島根県のイズモコバイモ Fritillaria ayakoana Maruy. & Naruh.

数年ぶりの訪問だが、生育量は多くなっているように思える。数百か数千か、個体数は数え切れない。地元の「谷戸自治会」、「川本町自然大好きネットワーク」、「みんなで守る谷戸の自然」の皆様が丁寧な手入れを行っているからである。頭が下がる。

17日には、地元の安芸太田町のホソバナコバイモ自生地に行ってみた。こちらもよく咲いていた。集落の近くの林縁で、保護活動は行われていない。心なしか、株数が年々少なくなっているような気がする。恐らく数十個体だろう。草刈回数を増やして、裸地が多くなるようにした方が良いと思う。

広島県のホソバナコバイモ

広島県のホソバナコバイモ  Fritillaria amabilis Koidz.

⇒ 本編のホソバナコバイモへ

花の相似

本編へのスイカズラ科登載を終えた。全体を5頁に分けているが、頁間のリンクに間違いがあって、他の属へ飛んでいたのを修正した。

Vibrunum ガマズミ属のカンボクやヤブデマリの写真を並べると、花(正確には花序)の基本形がユキノシタ科の Hydrangea アジサイ属などと良く似ている(相似)ことを改めて認識した。稔性花の周囲を不稔花が取り囲む額縁咲き(がくぶちざき)と、不稔花だけの手毬咲き(てまりざき)が栽培品種として存在することも同じである。

額縁咲き(左)と手毬咲き(右)

額縁咲き(左)と手毬咲き(右); ガクアジサイ(上)とヤブデマリ(下)

アジサイの中国での普通名は绣球(xiu qiu)または八仙花であるが、ガマズミ属の Viburnum macrocephalum を同じ名で呼ぶことがある(中国高等植物図鑑)。両者を区別するときには、それぞれ、木绣球、草绣球と呼んでいた。

中国の绣球(繍球)と日本の手毬は同じ語源になる。イギリスではこの花の形を mophead 、つまり棒雑巾の先・もじゃもじゃ頭と無粋に表現する。一方、額縁咲きは lacecap と、日本より優雅。額縁咲きの表現は中国語には見つからなかったが、オオデマリを雪球荚蒾、ヤブデマリを蝴蝶荚蒾とする呼び方がある(荚蒾(jia mi )はガマズミ属全般の名)。他の国ではどうなっているのだろうか。

 

スギの雌花

私の家の周りでは先週からスギ花粉が舞っている。私もスギ花粉症なので、この季節は憂鬱だ。抗アレルギーの薬を服用しているためか、年取ったせいか、以前ほどひどくはないものの、目が痒くなるのは困る。

スギ花粉症が社会問題化したのは25年くらい前だったと思う。林野庁に花粉対策室ができた頃、近い仕事をしていたので、市民からの苦情電話が度々回ってきた。今でも同じだろう。

  1. スギ花粉が無ければスギ花粉症にはならない。
  2. 全国でスギが増えたのは、林野庁のせいである。なんとかしろ。
  3. テレビや新聞で花粉予報をして、面白がっている、けしからん。

1,2はその通りだから、反論はできない。悪気があったのではなく、戦後の木材不足に対処するため一生懸命やったことが、裏目に出た。というような内容で話すだけである。長官に成り代わったつもりで丁寧に応対していると、30分以上になることも珍しくない。3の花粉予報を不快に感じる人がいるというのは気がつかなかった。花粉予報は林野庁が出しているわけでなく、外出するかどうかの目安であることを説明する。

苦情電話を受ける者自身が花粉症で、電話口で花をすすりながらの応対だったから、最後は納得(我慢)していただいた。「あなた方も大変なんですね」といたわりの言葉をもらうこともあった。私が花粉症になったのは、就職してスギ林の側で10年たってからである。アカマツ林の多い広島で暮らしていれば、ならなかったか、もっと遅く発症していただろう。職業病ではないだろうか。

本題に入る。スギの雄花本編のスギを参照)を見たことのある人は少なくないだろうが、雌花をちゃんと見た人は少ないと思われる。見えるのはこの時期だけである。
(「花」というものは被子植物だけにあって、裸子植物の花は「花」ではないという考えもある)

sugi-f

スギの雌花序(球花)

スギの雄花、つまり花粉袋のかたまり(小胞子のうの集合、雄性球花)は黄色でスギの木を遠くから見てもよく分かるが、雌花(大胞子のうを包む、雌性球花)は分かりにくい。黄色の雄花が着いている枝の周りの小枝の先に、直径1㎝余りの球形の緑色のイガを探す。短い葉のような鱗片の間をルーペで拡大すると、細長い花瓶のような筒先が見える。その穴に水滴があって、キラキラ光っていれば、ちょうど開花期である。上の写真では水滴(珠孔液)は見えない。

sugi-f-l

スギの胚珠

球花の縦断面から、胚珠の集団を拡大したものが上の写真。徳利か花瓶状のように見える。被子植物の場合は、胚珠が雌ずい(めしべ)の子房の中に埋れているのに対し、胚珠が外界に裸出している。「子」とは大胞子、平たく言えば「卵」が外界に孔でつながっている。開いたままでは乾くから、受精時には珠孔液(受粉滴)で満たされ、受精すれば孔は閉じる。珠孔液は屈折率が高いので、光をよく反射してキラキラ光る。この形は、ヒノキやマツもほとんど同じ。

(2016.02.11 用語を整理した)

ツバキ科まで再見直し

本編に、ボタン科マタタビ科ツバキ科の再見直しを行った。

掲載したウラジロマタタビの写真では、右下に裏返った葉が見える。ストロボの光を反射して、白さが強調されてしまった。肉眼ではこれほど白くはない。

サザンカが誤って認識されていることを、初稿から書いておいた。県内でも本来のサザンカが植栽されているので、花の写真を掲載した。野生品に比べると花弁数が多い。

引用する文献を増やしたので、見直しに時間がかかるようになった。広島大学デジタル自然史博物館 の植物のサイトにある広島県の植物図鑑(広島県植物誌)の種別ページは和名の50音索引のみなので、分類別配列に組み込むのは手間がかかるが、その分、役に立つ。自分自身が、参照することが多いからだ。

広島県の植物図鑑の種別記載へのリンクは、私が常用している Mozilla Firefox ではうまく働かないが、Microsoft Internet  Explorer からは正常に飛んでいる。