屋根の上のツメレンゲ

10日余り前になるが、植物観察会の帰りに、竹原市重要伝統的建造物群保存地区へ立ち寄った。ボランティアガイドによる説明が行われていたので、一緒に耳を傾けた。建物説明の中で、庇(ひさし)の上を指差し、ツメレンゲが咲いていることを教えてくれた。見上げると、そこかしこに咲いている。

ツメレンゲの花

屋根上に咲くツメレンゲの花

この地域は、昭和57年に国の「町並み保存地区」に指定された。最も古い建物は元禄4年(1691)のもという。

広島県植物誌(p.182)に書いてあるように、ツメレンゲは備後の沿岸部や島嶼部に多く、タイプ産地は福山市の仙酔島であるが、今では、手が届かないような高い位置の岩場にしか生育していない。むしろ、古い瓦屋根の上に多い。観光ガイドの説明の中に、さらっと出てくるというのが良い。写真のものは、雨樋に貯まった泥上に育っていたので、すぐ近くにあった。庇や屋根の上は遠く、手持ちのカメラではうまく撮影できなかった。

レッドデータブックひろしま 2011

「広島県の絶滅のおそれのある野生生物(第3版)レッドデータブックひろしま 2011」が刊行された。A4版 633頁の重たい本である。奥付には、平成24年9月となっているが、実際には25年3月。2,900円+送料で印刷所から購入できる。内容の抜粋(一覧表)は広島県のウェブサイト ecoひろしま~環境情報サイト~(http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/eco/j-j2-reddata2-index2.html)にpdfで掲載されており、冊子体の入手方法も掲載されている。

redbook

前版(2003)と大きく異なる点は、各種の執筆者名が明記されていることである。これは、内容の信憑性を高めるためには必要なことであって、植物誌などの分担執筆では望ましい。ただ、絶滅危惧のランク付け、保護対策については専門委員会と広島県の合議でなされるべきであって、個別の委員に責任を押し付けるのは如何なものか。

そもそも、このレッドデータブックを何のために作成し、どのように利用する(行政機関)、利用される(県民)のか、知事のあいさつ文からは読み取れない。開発行為によって、生育地が不用意に損なわれないためには、生育地情報が行政機関内で共有されていなければならない。そうされていると信じたいが。

genkai

準絶滅危惧種(県、国)ゲンカイツツジの花

ゲンカイツツジは、広島県ではそれほど稀ではないが、大切にしたい植物の一つである。上の写真のように、ある地域では登山道の傍らにも多く、鮮やかな色彩が目を楽しませてくれる。ところが、この山の稜線部にはマメツゲやシャリンバイと共に、ハナゾノツクバネウツギ(アベリア)が多数植栽されていた。街路樹の下や中央分離帯に植栽されたものが勢い良く成長しているのは良く見られる。いずれ、ゲンカイツツジを圧倒することは予想されるし、ハナゾノツクバネウツギの植栽時にゲンカイツツジが刈り取られていたような形跡もあった。

希少植物の保護には経費がかかるとは限らない、むしろ、余計なことをしなければ良い場合も少なくない。

 

「広島県植物誌補遺」が刊行される

「広島県植物誌」が1997年に刊行されて二十年以上経っている。待望の「広島県植物誌補遺」が年末に刊行された。

世羅徹哉・坪田晴美・松井健一・浜田展也・吉野由紀夫 2010. 広島県植物誌補遺、広島市植物公園紀要 28:1-74.

「植物誌」刊行後の知見を組み入れるとともに、典拠となる標本を示している。ただし、専門的表現なので、一般の人には分かり難い。私自身、ますます分からなくなったグループもある。本編の内容修正に合わせ、この「補遺」の情報と見解を加えていきたい。

ということで、引用すべき文献に「植物誌補遺」を加えた。「広島外来」は不要になるかと思ったが、そうでもないようだ。12月あたりから、「芸北自然」と「宮島植物」を加えてある。木本植物の良い写真があるので、引用することにした。

太刀掛優氏の労作である「呉市植物誌」、「呉市目録」もできるだけ引用する。前者は大合併前の呉市、後者は合併後の呉市の区域を対象としている。帰化植物や植栽されている木本植物が多数収録されているのが特徴である。
より狭い範囲の植物誌もいくつかあるが、これらについては、必要に応じて引用する。

改訂・広島県の絶滅のおそれのある野生生物(2004)、広島市の生物(2000)は引用しない。レッドデータブックに記述があること、絶滅のおそれがある植物であることを紹介することは、一部の心無い人々の盗掘行為を薦めることにつながっているからだ。実効ある対策を示さず、市場価格を高騰させる行為は避けたい。

広島県監修(1995)広島県の自然と野生生物が中国新聞社から発行されている。これは一般向けの書籍であり、良い写真が多数あるので、引用すべきかと迷った。しかし、これも見送る。県が監修していながら、全くの他人事のような記述であることに気づいた。いわく、「保護対策が急がれる」、「自生地の保護管理が強く望まれる」、「盗掘の防止とともに、環境の保全が重要である」等々。
県民から行政当局へあてた「要望書」ではない。県が県民に向け、啓発しようとする書籍である。この書き方はないだろう。「もうすぐ絶滅するから、今のうちに盗っておけ」と言うのと変わらない。
執筆者は、行政当局に対策を強く要望する意図で書いたはずだ。つまり、研究者が行政当局へ向けた文章になっている。しかし、「広島県監修」として公刊する段階で、県が県民に向けた文章にしなければならない。この観点にかなっているのは、p.102のエヒメアヤメだけであった。

ミチノクフクジュソウとシコクフクジュソウ

本編の見直しで、フクジュソウ属オウレン属を詳しく見直したが、分類は難しい。

ミチノクフクジュソウ (Nishikawa & Ito, 1989)は、花を側面から撮影した写真でなんとか識別可能だろう。
シコクフクジュソウ (Nishikawa & Ito, 2001)はちょっと難しいが、自生地は限られている。
「日本の野生植物 草本Ⅱ」のPL.74-1はミチノクフクジュソウとのこと、この場所は私が写真を撮った場所と同じかもしれない。国道に面した田んぼの畦斜面に、一面に咲いていた。農業のための草刈を普通に行っているだけ。希少植物とか絶滅危惧といって騒がなければ普通に持続するように思われる。

ミチノクフクジュソウ

水田わきの斜面に群生するミチノクフクジュソウ

シコクフクジュソウのタイプ産地の大豊町南大王は、勤務地が高知市であった頃、たびたび訪れた場所である。2003年2月15日の写真は福寿草祭の期間に出かけたもの。

この期間はにぎあう。大都市近郊ではないので、客は多くはないが、受け入れ側は総出のようす。
男衆は道案内と駐車場の整理、
女衆は神社境内の集会所で接待。
寒い時期だから、熱いうどんが有り難い。
訪問者があまり多くない(当時)からのんびりして、実にいい。地元の人との会話も充分にできる。
ここには、日本では珍しい発酵茶の碁石茶を作る伝統があり、それをいただいた。当時、売るほどはできないとのことであったが、最近では特産物として商品化され、近くの道の駅で販売されているほか、通販で求めることができるようだ。

シコクフクジュソウ

南大王のシコクフクジュソウ

棚田の周辺に自生していたフクジュソウを皆で増やした。他所から持ってきて植えたものではない。現在は5万株に達しているそうであるから、野草マニアのランクは下がっているだろう。普通に接していれば絶滅のおそれはないと思う。

植物ノート本編の見直しは、キンポウゲ科までおこなった。いくつかの間違いを直すと共に、あいまいだった点を整理した。PC側のキャッシュデータを消さないと、更新したデータが読めない。インターネットエクスプローラでは、「ツール」メニューから「閲覧の履歴の削除」を選んで、「インターネット一時ファイル」にのみチェックを入れ、「削除」ボタンを押す。その後の読み直しでは、更新したデーが表示されるようになる。

ササユリの報道記事、マンサク科を追加

このサイトの看板にササユリの花を使っているように、ササユリは私が最も好きな植物の一つである。先日、島根県境の天狗石山で行われた植物観察会でも期待していたのだが、1株も見当たらなかった。北広島町には各地に生育しているし、登山案内に書かれている程の植物なので、当然咲いていると思ったのだが。

最近、地元の新聞に「ササユリ盗掘」の記事が目立つので、Googleで調べてみた。
ササユリに関する、各地の新聞報道(本年度)
(1) 開花を伝える記事:静岡、長野、岐阜、石川、和歌山、奈良、兵庫、鳥取、島根、広島、高知の各県
(2) 保護・育成を伝える記事:静岡、長野、愛知、京都、滋賀、兵庫、広島、岡山、徳島
(3) 盗掘被害を伝える記事:愛知、三重、広島
保護育成に汗を流している方々の記事の方が多いのは幸い。その中で、「おおの自然観察の森」と「せら夢公園」の2個所の盗掘記事は目立つ。

あまりにも犯罪報道が多いと、模倣犯が増える可能性があるのではないか。手口を詳細に描くのは考え物である。

極めつけは、「市は、管理規則で動植物の捕獲と採取を禁じ、園の入り口などに立てた看板で注意している。ただ、違反した場合の罰則規定はない。」という記事。もし、あなたがササユリの球根を掘っている現場を見つけ、注意したら、「罰則はないと新聞に書いてありましたよ!」と言われかねない。

また、昨年には島根県の船通山での盗掘報道から、県が看板とロープの設置を速やかに行った。という事例がある。ここで、県民からの提案に「自然公園法で盗採採取が禁止されているササユリ」という表現があった。

上記のような表現は不適切ではないか。わが国の法律には窃盗罪というものがあり、罰則がある。そして、植物の所有権は土地の所有者に帰属している。したがって、市が所有する土地に生育しているササユリを無断で持ち去れば、窃盗罪が成立し、公務員である市職員は告発する義務がある。

畑に植えてある農産物はともかく、山地に「勝手に生えている植物は皆のもの」という考えもある。スカンジナビア諸国などの「自然享受権」を認める法律の下ではそうだ。この場合は「モラル」に訴える必要がある。しかし、日本は世界の多くの国々と同じく、土地の所有権が優先している。

野生植物の場合、刑法の窃盗罪より罪がやや軽い「森林窃盗罪」が適用されるはず。これは、所有権が明確でない場合を考慮しているらしい。看板等で、明確に表示してあれば問題ない。だから、マツタケ山などでは表示がある。

森林法 197条 森林においてその産物(人工を加えたものを含む。)を窃取した者は、森林窃盗とし、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
同 198条 森林窃盗が保安林の区域内において犯したものであるときは、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

国立公園や国定公園内では自然公園法の適用を受ける。この罰則は森林法より軽くなっている。これは、自然公園法による制限が土地の所有者や管理者にも適用されるから。つまり、ササユリを掘り取った者が、その土地の所有者であっても罰せられるということであって、罰則が軽くなっている。所有権のない者が掘り取れば、当然、窃盗罪を適用すべき。

新聞報道は、記事を読んだものが、「自分はしないぞ」とか、「やめておこう」と思うように書かなければならないのではないだろうか? 「盗っても罪にならない」という書きぶりはとんでもない。

現地で植物を増殖する場合には、その地域の植物の種子や株を用いるのが大前提、でないと、遺伝子汚染という「取り返しのつかない自然破壊」になる。
例えば、島根県内のササユリは、葉身長と葉身幅の比の値が大きな奈良、和歌山、静岡県のものとは大きな遺伝的差異が認められたそうだ(春木・他.1998. 園芸学会雑誌 67:785-791)。

本編にマンサク科を追加した。
アテツマンサクをマンサクの変種として区別する根拠が良く分からない。地理的な住み分けがある(亜種の条件)けど、わずかな違い(品種)なので、中間の変種に落ち着くのか?