外来種のメリケントキンソウを追加

キク科の外来種、メリケントキンソウを追加した。数年前に、広島市中区基町の中央公園に注意喚起の看板が出ているのを見て、本編を確認したところ、完全に欠落していた。「 広島外来」、「植物誌補遺」の記述を見落としていたようだ。このとき、「刺の有る果実」が見つからなかったので、そのままになっていた。

注意看板_メリケントキンソウ

中央公園の注意看板、植物名は書かれていない。

 

メリケントキンソウ

10月末のメリケントキンソウ、夏を越して発芽したらしく、花・果実は無い。

今月になって、安芸高田市の「のどごえ公園」に多量に生育しているのを見つけたので、あらためて撮影し、果実が分かる様に、本編に掲載した。肉眼で刺は見えにくいが、刺さると大変痛い。センダングサ類の刺を細く、鋭くしたような形で、靴底に刺さって、種子散布するらしい。幼児を裸足で遊ばせたり、草の上を転がると大変危険、対策が必要である。

ショウブ目からイネ目の見直しを行い、タチドコロ、クモラン、タシロランミズトンボ、ヒメヒオウギズイセン、ニワゼキショウの異型、ヒメガマの写真を追加、ギンランの写真を変更、ガマ属の検索表を修正、いくつかの学名を変更した。

鉢巻山のアオモジ

今月の定例植物観察会で呉市の二河峡から鉢巻山へ登った。帰郷以来初めてであるから、50数年ぶりということになる。道路の傍などに大きくなったアオモジが目立つ、来年の花のつぼみもしっかりと着いていた。

アオモジ

来春の花芽をつけたアオモジ

 アオモジについては以前にも書いたことがある。広島県植物誌にはアオモジの記載がなく、2010年の植物誌補遺に記述されている(p.9)。1985年2月の観察会(Hikobia 9:273-282. 1985)でも、この道を歩いているが、アオモジの記述が無い。久保らの詳細な調査報告(Hikobia 15: 217-224. 2008)にあるように、切り枝(花)用に栽培されたものからの逸出であろう。

国内の他地域からの帰化植物は余り問題にされていない様だが、アオモジの侵入・定着によって、本来の自生種のどれかが住処を奪われているはずだ。幸い、雌雄異株なので、実を着ける雌木を伐倒するだけでよい。こういうことに森林環境税が使えないものか。

ややこしい和名

本編に、ゴマノハグサ科-6同-7を追加し、この科を終えた。

ゴマノハグサ科には特異な和名を持ったものが少なくない。ママコナについては、先に述べたとおり、由来の解釈に異論がある。

フラサバソウという和名を見て、その意味を推定するのはほとんど不可能である。フランシェとサバティエ、二人のフランス人の名の一部を取り出して連結しているからだ。

Melampyrum roseum Maxim. var. japonicum Franch. & Sav. (ママコナ)のように、Franch. & Sav. が命名者となっている学名は少なくない。徳川幕府に招かれて来日したフランス人医師のポール・サバティエ(Paul Amedée Ludovic Savatier , 1830-1891)が採集した日本の植物標本をパリ自然史博物館のアドリアン・フランシェ(Adrien René Franchet, 1834-1900)が研究し、二人の連名で著した「日本植物目録」(Enumeratio Plantarum in Japonia Sponte Crescentium…, 1873-1879; 略称: Enum. Pl. Jap. )は、日本の植物分類研究史上、不朽の名著とされている。

「大場秀章(編).1996.日本植物研究の歴史、小石川植物園300年の歩み」の「黎明期の日本植物研究」に詳しい。(http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1996Koishikawa300/05/0500.htmlで読める)

日本植物目録、第1巻350頁の1274番として、(Veronicaの) Hederaefolia L.  sp.19.-Miq. Prol., p.364. が挙げられ、九州の長崎周辺で3-4月に花が咲き、和名無し、とされている。この植物については、長らく不明であったが、奥山春季(1937, 植研 13:930,931)が標本を発見し、両氏の名をとって、フラサバソウと命名した(長田:原色帰化, p.113)。2つの名の一部を取って組み合わせたという事情を知らないと、全く解らないであろう。

モウズイカのモウは毛、ズイとは雄蕊・雌蕊のであろうというのは、何とか推定できる。ところが、元々の中国名を見ると、毛蕊花というのは Verbascum thapsus (和名:ビロードモウズイカ)のことであって、Verbascum blattaria(和名:モウズイカ)は毛瓣毛蕊花である。恐らく、鑑賞用に導入されたのは「毛瓣毛蕊花」が先であって、それを単にモウズイカと訳したところ、後になって本来の「毛蕊花」が入ってきたから、葉や茎に毛が多いことを捉えて、ビロードモウズイカと呼ぶようになったのであろう。

つまり、モウズイカ=毛瓣毛蕊花、ビロードモウズイカ=毛蕊花である。知ったかぶりをして、漢字で書かないようにして欲しい。

牧野富太郎が「自分の国での立派な名がありながら、他人の国の字でそれを呼ぶとはまことに見下げはてた見識で、また独立心の欠けている話し、これはまるで自己の良心を冒涜し、自分で自分を辱かしめているといわれてもなんとも弁解の言葉はあるまい。」と書いたのは1953年のことである(随筆 植物一日一題、東洋書館)。半世紀以上を過ぎても、独立できていないのだろうか。

本編にフジウツギ科とゴマノハグサ科-1を追加

本編にフジウツギ科ゴマノハグサ科-1を追加をした。どちらの科も、普段なじみが無いので良い写真が無かった。

フジウツギ科では、人家の周辺に見かけるフサフジウツギの写真が無く、手許にあったのはトウフジウツギであった。こちらの方が花は美しい。日本の自生種であるフジウツギは長野県の河原で撮影したものがある。花色は鮮やかであるが、背が高く、庭木には向かないようだ。

ゴマノハグサ科は大きな科で、1つの属の種数も多めである。水田やその周辺に生育する史前帰化植物や、都市周辺の外来・帰化植物が多く、注意して見ていなかった。

主に北日本の海浜に生育するウンランの写真は、3月の津波を受けた岩手県の高田の松原で撮影したものである。広島県の沿岸部でも生育していたそうだが、私は見ていない。

マツバウンランは自宅の庭でもはびこって困っている。花は可愛らしいのだが、発生数が多すぎる。広島県植物誌では、ウンランと同じ Linaria属としているが、最近は、 Nuttallanthus属とするため次々回のページに載せる、。

花の形がよく似たツタバウンランは、マツバウンランほどはびこっていない。庭に植えられたものが外へ出て、少しずつ広がっている。帰化というより、逸出という段階だろう。確かに、ツタの葉を持ったウンランである、覚え易い。