アブラナ科 Brassicaceae-4



オオマルバコンロンソウ Cardamine arakiana Koidz.
近畿地方以西の本州に分布する多年草、日本固有種。
広島県:東部沿岸地に見出された。
植物誌補遺;p.12;山野草春 p.111.

ジャニンジン Cardamine impatiens L.
ヨーロッパ原産(narrowleaf bittercress)の冬季一年草。北海道、本州、四国、九州、及びユーラシアの冷温帯から亜熱帯に帰化している。
広島県:低地から高原面の林縁、渓畔、湿った草地に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.177;東城町植物誌 p.121;呉市植物誌 p.105;呉市目録 p.118;山野草春 p.112;北広島町 p.191; 広島県の植物図鑑へ
>
ジャニンジン
ジャニンジン

コンロンソウ Cardamine leucantha (Tausch) O.E.Schulz
南千島、北海道、本州、四国、九州、及び大陸東部の冷温帯に分布する多年草。
広島県:高原面から中国山地の路傍、林縁、渓畔などに生育し、4~6月に咲く。
広島県植物誌 p.178;広島野草1 p.77;東城町植物誌 p.121;山野草春 p.109;北広島町 p.191; 広島県の植物図鑑へ

コンロンソウ
コンロンソウ 葉柄の基部に耳状の付属体は無い。花序に毛がある。

ミズタガラシ Cardamine lyrata Bunge
本州、四国、九州、及び大陸東部の冷温帯、暖温帯に分布する多年草。
広島県:高原面の渓畔、水湿地に生育し、4〜6月に咲く。
広島県植物誌 p.178;東城町植物誌 p.122;北広島町 p.191; 広島県の植物図鑑へ

ミズタガラシ
ミズタガラシ 茎の基部から走行枝を出す、花弁の長さは8mmを超える

マルバコンロンソウ Cardamine tanakae Franch. & Sav. ex Maxim.
本州、四国、九州の暖温帯に分布する冬季一年草。日本固有種。
広島県:高原面から中国山地の林内、林縁に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.178;呉市植物誌 p.106;呉市目録 p.118;山野草春 p.110;北広島町 p.191; 広島県の植物図鑑へ

マルバコンロンソウ
マルバコンロンソウ 花弁の長さは5-7mm、全体に毛があり、小葉の幅が広い


サイトのトップ頁へ    アブラナ科索引へ    アブラナ科-3へ    アブラナ科-5へ