カキノキ科 Ebenaceae

 世界に3属、760種以上が知られ、日本には1属、6種が自生する。

リュウキュウマメガキ Diospyros japonica Siebold & Zucc.
関東地方南部以西の本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、中国の暖温帯に分布する落葉高木。
広島県:島嶼部から高原面の渓谷斜面に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.325、p.327(図);植物図選Ⅳ-76;東城町植物誌 p.193;呉市植物誌 口絵ⅷ,p.159;呉市目録 p.139; 広島県の植物図鑑へ

リュウキュウマメガキ
リュウキュウマメガキの葉の裏面は灰白色を帯びる

カキノキ Diospyros kaki Thunb.
- Diospyros kaki Thunb. var. sylvestris Makino (ヤマガキ)
関東地方以西の本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、朝鮮(済州島)、中国の暖温帯に分布する落葉高木。
広島県:島嶼部から山間地の林内に生育し、5~6月に咲く。品種改良されたものが各地で栽培される。
広島県植物誌 p.326;広島外来 p.12;東城町植物誌 p.193;呉市植物誌 p.159,160;呉市目録 p.140;北広島町 p.223; 広島県の植物図鑑へ

広島県指定天然記念物
 佐々部のカキノキ    安芸高田市高宮町
 大屋のサイジョウガキ  庄原市西城町
 森山のサイジョウガキ  三次市作木町

市町村指定天然記念物
 五箇野田のサイジョウガキ  庄原市総領町五箇    平成21年3月指定
 辻ノ河原のサイジョウガキ  安芸太田町大字加計92番地1
 西条柿           安芸高田市吉田町

カキノキ
カキノキの雌花(中央)と雄花(左下)

マメガキ Diospyros lotus L.
中国原産(君迁子, jun qian zi)の落葉高木。
広島県:沿岸地に植栽され、5~6月に咲く。ときに逸出する。
広島県植物誌 p.326;広島外来 p.12;東城町植物誌 p.193;呉市目録 p.140; 広島県の植物図鑑へ

マメガキ
マメガキの若い果実(左下)

トキワガキ Diospyros morrisiana Hance
伊豆半島以西の本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、中国、熱帯アジアの亜熱帯・暖温帯に分布する落葉高木。
広島県:島嶼部、沿岸地の常緑樹林内に生育し、6月頃に咲く。
広島県植物誌 p.326;植物図選Ⅳ-75;宮島植物 p.59; 広島県の植物図鑑へ

トキワガキ
トキワガキの葉は厚く、柔らかい


サイトのトップ頁へ     サカキ科へ     サクラソウ科へ