サクラソウ科 Primulaceae(エングラー)-1

 世界に69属、2,500種以上が知られ、日本には10属、48種が自生する。
 エングラー分類体系のサクラソウ目全体を包含する。


 属名    種の和名 エングラー分類体系 APG分類体系
Anagallis  アカバナルリハコベ、ルリハコベ  サクラソウ科 サクラソウ科
Lysimachia  ギンレイカ、ミヤマタゴボウ、オカトラノオ
       ヌマトラノオ、コナスビ、サワトラノオ
       ハマボッス、モロコシソウ、クサレダマ
       イヌヌマトラノオ
Primula   クリンソウ、サクラソウ
Ardisia   マンリョウ、キミノマンリョウ
       シロミノマンリョウ
       カラタチバナ、ヤブコウジ、ツルコウジ
 ヤブコウジ科
Maesa    イズセンリョウ
Myrsine   タイミンタチバナ、ツルマンリョウ



アカバナルリハコベ Anagallis arvensis L. f. arvensis
ユーラシア原産(blue-scarlet pimpernel)、北海道、本州、四国、九州、小笠原諸島に帰化している一年草。
広島県:沿岸地に帰化している。主として3~6月に咲く。
広島県植物誌 p.323;広島外来 p.12; 広島県の植物図鑑へ

ルリハコベ Anagallis arvensis L. f. coerulea (Schreb.) Baumg.
本州(伊豆諸島、紀伊半島)、四国、九州、南西諸島、及び世界の熱帯から暖温帯に分布する一年草。
広島県:沿岸地の耕作地周辺に生育し、4~5月に咲く。
広島外来 p.12;呉市目録 p.140;植物誌補遺 p.19; 広島県の植物図鑑へ
基本変種のアカバナルリハコベの花色が緋色であるのに対し、ルリハコベは濃青色という違いだけで、区別しない見解もある。



クリンソウ Primula japonica A.Gray
南千島、北海道、近畿以北の本州、四国の冷温帯に分布する多年草、日本固有種。 
広島県:湿地に生育し、5~6月に咲く、栽培品の逸出であろう。
広島県植物誌 p.325;広島野草1 p.152;東城町植物誌 p.193;広島外来 p.12;山野草春 p.216;北広島町 p.223; 広島県の植物図鑑へ

クリンソウ
クリンソウ

サクラソウ Primula sieboldii E.Morren
北海道中南部、本州、九州、及び朝鮮、中国、シベリアの暖温帯から冷温帯に分布する多年草。
広島県: 世羅台地、神石高原から備北山地、西部山間地の湿地に生育し、4~6月に咲く。
広島県植物誌 p.19(口絵写真)、p.325;植物図選Ⅳ-73;東城町植物誌 p.193;広島野草1 p.153;芸北自然 p.58;山野草春 p.217-219;北広島町 p.157 & 223; 広島県の植物図鑑へ

サクラソウ
サクラソウ



サイトのトップ頁へ     サクラソウ科-2へ     カキノキ科へ     ツバキ科へ