科の索引に図鑑の区切りを挿入

「新版 日本の野生植物5」 の刊行を受けて、見直しを進める。最初にヒルガオ科の見直しを行なったが、大きな変更はない。科索引の配列順序が「米倉浩司(2013)維管束植物分類表」と異なっている個所(目内の科の順序)があるので「新野生1~5」に合わせた。

 APG配列は未だ身についていないので、どの巻を引き出すかが分からない。総索引が付属したが、索引を引いて巻を探すのは二重手間。そこで、科の索引に、新版の巻の区切りを入れた。良いアイデアと自画自賛している。

 エングラー配列の方は慣れているはずだが、念のために、こちらにも図鑑の区切りを入れた。ただし、保育社の「原色図鑑」と平凡社の「野生植物」では並び順が逆であるため、上下の矢印適用方向を示した。また、木本編の区切り位置が異なる問題も少しは解消できた。

改正新版 日本の野生植物 5、全巻刊行

本日、「改正新版 日本の野生植物 5」が、突然届いた。2015年12月に第1巻、2か月毎に刊行されるはずで、全巻の代金を先払いしていたので一安心。最終巻は見るからに厚く、本文が428頁、284図版となっている。ちなみに、第4巻は320頁、256図版だから、本文で3割、図版で1割増量というところ。

総索引が付いたのは有り難いが、該当巻に手が伸びるのが一番。APG配列の新版では、それができないのが悔しい。

改正新版 日本の野生植物 第5巻と索引

改正新版 日本の野生植物 第5巻と索引

20名以上の分担執筆で1年遅れというのは良い方だろう。私が関係したもので、最終稿が受理されたのが何年前だったか、思い出せないものがあるくらいだ。

日本の野生植物 新版(左)と旧版。 旧版の方が幅が広い?

日本の野生植物 新版(左)と旧版。 旧版の方が幅が広い?

早速、広島の植物ノート 本編の “包括的な参考文献” に追加した。この頁を見ると “Flora of Japan” シリーズの未刊分(単子葉類)が気になる。

 

改正新版 日本の野生植物3

本来は4月下旬に刊行されているはずだった第3巻が、午前中に届いた。バラ目の残りバラ科、ブナ目からムクロジ目まで。APGⅣ分類体系をも考慮したということであるが、実質的な変更はほとんどない。

APGⅢへの対応で変えざるを得なかった科の和名について、ペンタフィラクス科としていたPentaphylacaceae をサカキ科、ガリア科としていたGarryaceae をアオキ科としたことが明記されている。今後は、本サイトもそのようにする。第2巻までの対応が一段落したばかりだったので、良いタイミングであった。

%e6%96%b0%e7%89%883今後は、改正新版を基に、本編の手直しを行う。普通に栽培されている種、定着した外来植物も含めて記述されているため、より実用的な図鑑になっている。

幾つか気になる点を挙げると、ブナ科の果実が「堅果」とされていた。第1巻の感想で述べたとおり、巻頭の用語図解に合わせたのであろうが、現行の学術用語集とは異なっている。90頁の「堅果」はacornであり、nutではない。

オトギリソウ科のコケオトギリについて、「Flora of Japan 2a」(N.K.B.Robson, 2006)で、ヒメオトギリと同種で「Variant」とされたものが、旧版と同様に別種とされ、Robsonの見解については全く言及されていない。The Plant List では Flora of Japan 2a の見解が採用されているので、説明が欲しいところである。

フウロソウ科のヒメフウロについて、産地に広島県が加えられた他、「北海道と本州の各地で栽培品が逸出・帰化している」と明記された。

改訂新版 日本の野生植物2

学名の索引が出来上がったところに、改訂新版 日本の野生植物の第2巻が届いた。2か月毎の予定通りに進んでいるようだ。

Flora of Japan の残り(単子葉類)が遅れに遅れているから、こちらを参考に単子葉類を見直さなければならない。第1巻の帯には「30年ぶりの改訂」とあることに気付いた。そんなに経っているいるとは思わなかった。執筆者が総入れ替えになっているわけだ。

2巻の頁をめくっていると、いくつかの分類単位で、Flora of Japan の見解と大きく違うものがあるようだ。今後は、改訂新版の順序で、再見直しを行う。

配列順はAPGを主に、エングラーを従とする時期になったのだろう。自分が探しやすいからエングラーを主にしていたのだが、APG順を覚える方が今後のため、と気付いた。広島県植物誌の改訂版もそうなるはずだ。

日本の野生植物の改訂新版

現在の日本の標準的な図鑑となっている平凡社の「日本の野生植物」が新シリーズとして改訂され、第1巻が昨年の12月に刊行された。順調にいけば、本年中に全5が刊行されるとのこと。

改訂新版では、樹木編と草本編の区別がなくなり、APGⅢ分類体系で配列されている。という訳で、第1巻はソテツ科からカヤツリグサ科まで。旧版と異なる点は、南西諸島(旧版は沖縄が不十分だった)と小笠原諸島の植物を入れて、日本の種子植物相の全体をまとめた初めての植物誌となったことである。APGⅢ分類体系の配列としたことで、エングラー体系育ちの旧世代には目的の頁を探すのにひと手間かかる。単に、慣れの問題だから仕方ない。「いろは順」から「50音順」に変わった時も同じだったであろう。とにかく、APGⅢ分類体系への移行は一気に進むはずだ。

図版の配置が巻末にまとめられた。旧版では、本文の近くに少しずつ配置されていて、見易い時もあったが、妙にずれることあった。私には新版の方が見易いようだ。

学名のシノニムはほとんど省略され、分類上の異論がある場合のみ、イタリック体で示されている。図鑑としての性格上、仕方がないことだろうが、保育社の原色日本植物図鑑シリーズや牧野植物図鑑との異同を明確にするためには必要である。 写真では良く解らない部分を図で見ることも多いので、原色図鑑や牧野図鑑の参照も欠かすことはできない。幸い、米倉博士のYLIist で参照できる。広島の植物ノートでも、両図鑑に用いられた学名は、なるべく載せるよう心掛けている。

本来は、専門家向けの植物誌である Flora of Japan シリーズのⅣ巻(単子葉離)がとっくに出版されているはずだったが、予告アナウンスのみ改訂されている。こちらが、完成しないまま、一般向けの図鑑が先になってしまった。これは残念である。

旧版の木本Ⅰに添えられていた「植物用語の図解」が新版1の最初に載せられている。5頁から8頁になったのは、個々の図を大きくしたためのようだ。
残念なのは、用語が旧版そのままで、1990年に増訂となった「学術用語集 植物学編」に準じていない。15頁の果実の図で、シラカシが「堅果」となっているが、「殻斗果」または「どんぐり状果」とされるべきである、学術用語集の旧版ではacorn とnut を区別せず堅果と訳していたが、現行の用語集ではnut とacorn を区別して、それぞれ、堅果と殻斗果と定義している。

広島の植物ノートも、新シリーズの見解を取り入れて、順次見直しを行う。科の配列については、広島県植物誌にあわせてエングラー分類体系を基本としているが、科の索引はAPGⅢ、50音順も使える。最近の見直しで、ページの下に、現在の科の隣りの科へ進むボタンを付けた。ここをAPGⅢの順序にしなかったのは旧世代への配慮である。