改正新版 日本の野生植物3

本来は4月下旬に刊行されているはずだった第3巻が、午前中に届いた。バラ目の残りバラ科、ブナ目からムクロジ目まで。APGⅣ分類体系をも考慮したということであるが、実質的な変更はほとんどない。

APGⅢへの対応で変えざるを得なかった科の和名について、ペンタフィラクス科としていたPentaphylacaceae をサカキ科、ガリア科としていたGarryaceae をアオキ科としたことが明記されている。今後は、本サイトもそのようにする。第2巻までの対応が一段落したばかりだったので、良いタイミングであった。

%e6%96%b0%e7%89%883今後は、改正新版を基に、本編の手直しを行う。普通に栽培されている種、定着した外来植物も含めて記述されているため、より実用的な図鑑になっている。

幾つか気になる点を挙げると、ブナ科の果実が「堅果」とされていた。第1巻の感想で述べたとおり、巻頭の用語図解に合わせたのであろうが、現行の学術用語集とは異なっている。90頁の「堅果」はacornであり、nutではない。

オトギリソウ科のコケオトギリについて、「Flora of Japan 2a」(N.K.B.Robson, 2006)で、ヒメオトギリと同種で「Variant」とされたものが、旧版と同様に別種とされ、Robsonの見解については全く言及されていない。The Plant List では Flora of Japan 2a の見解が採用されているので、説明が欲しいところである。

フウロソウ科のヒメフウロについて、産地に広島県が加えられた他、「北海道と本州の各地で栽培品が逸出・帰化している」と明記された。

改訂新版 日本の野生植物2

学名の索引が出来上がったところに、改訂新版 日本の野生植物の第2巻が届いた。2か月毎の予定通りに進んでいるようだ。

Flora of Japan の残り(単子葉類)が遅れに遅れているから、こちらを参考に単子葉類を見直さなければならない。第1巻の帯には「30年ぶりの改訂」とあることに気付いた。そんなに経っているいるとは思わなかった。執筆者が総入れ替えになっているわけだ。

2巻の頁をめくっていると、いくつかの分類単位で、Flora of Japan の見解と大きく違うものがあるようだ。今後は、改訂新版の順序で、再見直しを行う。

配列順はAPGを主に、エングラーを従とする時期になったのだろう。自分が探しやすいからエングラーを主にしていたのだが、APG順を覚える方が今後のため、と気付いた。広島県植物誌の改訂版もそうなるはずだ。

日本の野生植物の改訂新版

現在の日本の標準的な図鑑となっている平凡社の「日本の野生植物」が新シリーズとして改訂され、第1巻が昨年の12月に刊行された。順調にいけば、本年中に全5が刊行されるとのこと。

改訂新版では、樹木編と草本編の区別がなくなり、APGⅢ分類体系で配列されている。という訳で、第1巻はソテツ科からカヤツリグサ科まで。旧版と異なる点は、南西諸島(旧版は沖縄が不十分だった)と小笠原諸島の植物を入れて、日本の種子植物相の全体をまとめた初めての植物誌となったことである。APGⅢ分類体系の配列としたことで、エングラー体系育ちの旧世代には目的の頁を探すのにひと手間かかる。単に、慣れの問題だから仕方ない。「いろは順」から「50音順」に変わった時も同じだったであろう。とにかく、APGⅢ分類体系への移行は一気に進むはずだ。

図版の配置が巻末にまとめられた。旧版では、本文の近くに少しずつ配置されていて、見易い時もあったが、妙にずれることあった。私には新版の方が見易いようだ。

学名のシノニムはほとんど省略され、分類上の異論がある場合のみ、イタリック体で示されている。図鑑としての性格上、仕方がないことだろうが、保育社の原色日本植物図鑑シリーズや牧野植物図鑑との異同を明確にするためには必要である。 写真では良く解らない部分を図で見ることも多いので、原色図鑑や牧野図鑑の参照も欠かすことはできない。幸い、米倉博士のYLIist で参照できる。広島の植物ノートでも、両図鑑に用いられた学名は、なるべく載せるよう心掛けている。

本来は、専門家向けの植物誌である Flora of Japan シリーズのⅣ巻(単子葉離)がとっくに出版されているはずだったが、予告アナウンスのみ改訂されている。こちらが、完成しないまま、一般向けの図鑑が先になってしまった。これは残念である。

旧版の木本Ⅰに添えられていた「植物用語の図解」が新版1の最初に載せられている。5頁から8頁になったのは、個々の図を大きくしたためのようだ。
残念なのは、用語が旧版そのままで、1990年に増訂となった「学術用語集 植物学編」に準じていない。15頁の果実の図で、シラカシが「堅果」となっているが、「殻斗果」または「どんぐり状果」とされるべきである、学術用語集の旧版ではacorn とnut を区別せず堅果と訳していたが、現行の用語集ではnut とacorn を区別して、それぞれ、堅果と殻斗果と定義している。

広島の植物ノートも、新シリーズの見解を取り入れて、順次見直しを行う。科の配列については、広島県植物誌にあわせてエングラー分類体系を基本としているが、科の索引はAPGⅢ、50音順も使える。最近の見直しで、ページの下に、現在の科の隣りの科へ進むボタンを付けた。ここをAPGⅢの順序にしなかったのは旧世代への配慮である。

 

つる植物の右巻きと左巻き(付録-1)を更新

つる植物の右巻きと左巻き(付録-1)を更新

英語表現、分類学の教科書での表現を追加して、全体を再構成した。牧野富太郎がdextrorseを左纏とした理由は分からないまま。貝原益軒の大和本草に根源があるかと思ったが、そうでもなさそう。貝原益軒は植物によって巻き方向が違うことに気づいていなかったらしい。太陽の動きは共通と思っていたところ、逆回りの認識がある。これは新たな発見。もっとも、太陽と月を見るときは南を向いているが、星の動きは、南を向く場合と、北を向く場合があるので、回転方向は二通りあることになる。

Wisteria_sppヤマフジはアサガオと同じ右巻き、ノダフジとナツフジは左巻きです。

本編の再更新はブナ科まで行った。この科はAPGIIIでも変わらないので、インデントで形を整えること、写真を更新することが主、初期に作成したものは写真の幅が480pxであったので、一部を除いて、600pxに合わせる。花期を入れることにしていたが、忘れているものがある。

クスドイゲの学名

グミ科イイギリ科の再見直しを行った。

クスドイゲの写真では葉と刺の様子が解り難かったので、新たな写真を追加した。ハリネズミの刺に比喩されることがうなづける。堅く鋭い刺であるが、それでも、宮島のシカは食べている。

クスドイゲの学名は Xylosma congesta (Lour.) Merr. が正名。

「原色木本Ⅰ」や「野生木本Ⅱ」で使用されていたものに戻った感がある。これは、Xylosma japonica (Thunb.) A.Gray の名が、命名規約上、不正とされたからである。

以下に、その理由をメモとして残しておく。

Xylosma japonica のバシオニム(basionym、組み替えの基になった名 )は1783年の Apactis japonica Thunb.
そして、
Xylosma congesta のバシオニムは 1790年の Croton congestum Lour. であるから、前者の方が古い。したがって、「Flora of Japan 2c」などで正名として採用されていた。ところが、この名は、命名規約に照らして、無効な名(nomen invalidum)であることが指摘されている*。

A.Grayの記載(Mem. Amer. Acad. Arts n.s., 6: 381. 1858)を確かめると、「 Having barely touched upon the southern island, Kiu-siu, Mr. Wright did not meet with the interesting Flacourtiaceous plant Xylosma (Hisingera) Japonicum, the congeners of which are mostly in the South Sea Islands and in Central America, &c.」と書かれて、脚注に「M. Clos, in his recent monograph of the Flacoiirtiaceee (Ann. Sci. Nat. ser. 4, 8. p. 220, 227, &c.), recognizes the general identity of Hisingera with Xylosma, but keeps up the latter genus on account of the more united styles and stigmas, ―a difference only of degree and with no marked limitation. He takes no notice.」とあるだけである。

新組み合わせの要件である バシオニム (Apactis japonica Thunb.) が、直接的にも、間接的にも、引用されていない。よって、Xylosma japonica (Thunb.) A.Gray という名は認められず、無効名である。

Xylosma japonica の組み合わせがきちんと記載されれば、正名となるはずであるが、そうはならない事情がある。現在、クスドイゲは Xylosma 属より、Croton 属とする見解が優勢であって、最初の学名である Croton congestus Lour. が正名とされる傾向にある。

Apactis japonicaCroton 属に移そうとしても、
1782年の Croton japonicus L.f. や、
1784の Croton japonicum Thunb.(L.f. が記載したものと同じで、余分な名)と衝突する。したがって、1973年に記載された Apactis japonica Thunb. の出番は何処にも無い。

Croton japonicus L.f. は現在の Mallotus japonicus (L.f.) Müll.Arg. (アカメガシワ)の名の基になって、生きている。

「原色木本Ⅰ」や「野生木本Ⅱ」では、 Xylosma congestum としている。Xylosma を中性名詞と見なしたためである。しかし、ギリシャ語由来で -ma で終わる語は女性であるとの指摘があり、種小名(形容詞)の語尾は -um でなく -a とするのが正しいとされた。そのため、原著者の意図とは関係なく、Xylosma congesta と書き換えなければならない。

* Zmarzty, S. (2010) Xylosma congesta (Lour.) Merr. (Salicaceae) the correct name for the species otherwise known as X. japonica or X. racemosa. Taxon 59:289-290.
注)Salicaceae(ヤナギ科)となっているのは、APG III の分類体系による。Croton 属であればトウダイグサ科となる。