シナノキ属を更新

広島市のデルタを東西に横切る百米道路は平和大通りと名付けられ、公園のような存在になっている。各地・国から寄贈された樹木も大きくなったものが多い。

植栽のいきさつが明確でない外国産樹木がいくつかあって、名ははっきりしないものがある。セイヨウボダイジュと名札のついたものが、どうも日本のシナノキと変わらないように見える。日本の図鑑類では外国産樹種との比較ができないので、栽培の可能性のある種を含めた検索表を作成した。こういうときに頼りになるのは、やはり、Rehder’s Manual、新しい情報については、RHS Dictionary、園芸植物大事典、Webサイトや各国の図鑑で形質を確かめた。

検索表を作ったので、シナノキ科(エングラー)を更新した。APGⅢ体系のアオイ科から進むと古い頁になってしまう点は未修正のまま。属以下の頁は、エングラー、APGⅢの両体系で、一つだけになるよう工夫する予定である。
別冊記事の内、本編の補足記事となるものは、同じ場所において、オフラインでも読めるようにしたい。第一号として、「ボダイジュという名」の記事を別冊から抜き出し、加筆して、参照できるようにした。

イネ科のうち、タケ類の頁を登録した。ササ類については、検索表を作る自信がないので、後回しになる予定。

サルスベリという名

ミソハギ科の記事を見直し、ミズマツバの写真を追加した。

サルスベリは中国から渡来した小高木で、庭木や公園樹として普通に植栽されている。ミソハギ科では唯一の木本、しかも自生ではないので、同じ頁に並べると奇異な感じがある。

サルスベリという名は「猿滑り」であって、つるつるの樹皮が由来である。「大和本草」には、「この木、皮なし、故に和名サルスベリと云」と簡潔に表現されている。形成層の外側にできる樹皮の細胞がバラバラになって落ち、留まることがないためである。身近な動物としてサルを慈しんでいた古人だからこそ、「これではサルも登れまい」と考えたのだろう。「さるなかせ」という地方名もある。

サルスベリ

安芸高田市指定天然記念物・専念寺のサルスベリ

サルスベリの名は純粋な和名で、中国名は「紫薇」。别名の百日红(ヒャクジツコウ)の方が日本ではよく知られている。花期が長く、3ヶ月以上続くからだ。すぐれた庭園樹で、緑陰を作り、紅色の花でいっぱいになることから、「入惊儿树(入驚兒樹)」、「满堂红(満堂紅)」の名も得ている。しかし、これらの名は日本にはなじまなかったようだ。

もうひとつの系列の地方名に、くすぐりのき、こそぐりのき、こちょごちょのき、ちょこちょこ、わらいぎ、わらいのき、などというのがある(日本植物方言集成)。これは、大和本草に「樹の本を久しくかけば、枝皆うごく、故に本草の異名を怕痒樹(はくようじゅ)と云」と書かれているとおり、「幹の下の方をくすぐり続けると枝をゆすってかゆがる」ということ。この話は中国名の「痒痒树」の由来が伝わったものであろう(何故か、痒痒が怕痒となっている)。

白花のサルスベリ

サルスベリには白花の園芸品種がある(上の写真)。これを白百日紅と書くのは納まりが悪いので「百日白」とする向きがある。正しい表現ではない。ところが、原産地の中国では花が紫紅色の標準品を「紫薇」とするのに対して、火紅色のものを「赤薇」、藍紫色のものを「翠薇」、白色のものを「银薇(銀薇)」と呼ぶ。白花品を「百日白」としてもよいのではないか。

和名の「さるすべり」には困った点がある。樹皮がつるつるした樹木は他にもあり、やはり「さるすべり」と呼ばれている。代表的なものはツバキ科のヒメシャラとナツツバキ、次いでリョウブ科のリョウブ、クスノキ科のカゴノキなどもある。ヒメシャラは中央構造線の南側に分布するため広島県には自生していないが、サルが住んでいそうな落葉樹林中に赤褐色の樹皮がよく目立つ。

日本のサルスベリといえばヒメシャラ

ヒメシャラの地方名にサルスベリがある、というのはよく知られているのだが、ヒメシャラとヒャクジツコウが混同されることは少ない。少ないけれど、あった。四国の某国道沿いに「ヒメシャラ休憩所」と名づけられたパーキングエリアがあって、そこの説明版には名の由来となったヒメシャラのことが書かれている。ところが、植栽されているのはすべてヒャクジツコウであって、ヒメシャラは1本も無い(10年余り前に、私自身が、隅から隅まで探したから断言できる)。

取り違えの原因はこういうことだろう。ナツツバキと違って、ヒメシャラは造園樹木として使われることがほとんど無い。ヒメシャラの植栽を受注した業者は苗木を調達することができない。図鑑を見ると「別名サルスベリ」とある。「何だ、サルスベリのことか!」と納得してミソハギ科のサルスベリを植栽した。あるいは、発注側の仕様書に「ヒメシャラ(サルスベリ)」と親切な記述がなされていたか、どちらかと思われる。

先に話題となった天然記念物のエノキのように、普通名と地方名の混同による「間違い」は珍しくない。樹種は違っていても、パーキングとしての価値には影響しない。ダム湖畔の静かな環境下にある「ヒメシャラ休憩所」は、素朴な良い施設であり、私は必ずここで休んでいる。

スミレという名

本編のスミレ科の再見直しをおこなった。少し写真を加えて、種の並びを整理している。全体の検索表を作らなければならないが、まだよく分からない。スミレを好む人が多いためか、区別点ばかりが強調されるきらいがある。分類というのは似たもの(類)を集めることであって、形質と生態がどのくらい似ているのかを追求しなければならない。

スミレを「菫」と書く人が少なくないが、漢名(漢代の中国名、日本では学名のように扱われた)も現代中国名も「菫菜 jin cai」である。森林の「森」と同様に、堇は形容詞として使われている。本草和名(918)では、「菫汁」、「菫葵」、「苴」という漢名に、和名「須美禮」とある。「苴」というのは Viola moupinensis (萱)のことであろう。和名類聚抄(935)や東雅(1719) では、菫菜と正しく表現され、「菫」が形容詞であることが認識されている。

芭蕉の句「山路来て なにやらゆかし すみれぐさ」とは、正に「菫菜」の和訳である。

手抜き表示の「菫」となったのは 宜禁本草(1629)、物類稱呼(1775) あたりからのようだ。

和名の「須美禮(礼)」は万葉集・山部赤人の「春野尓 須美礼採尓等 来師吾曽 野乎奈都可之美 一夜宿二来」(春の野にすみれ摘みにと来し我れぞ野をなつかしみ一夜寝にける)を持ち出すまでも無く、由緒正しい名である。

牧野富太郎は語源が大工の使う直線引き道具の「墨入れ」であろうとしている。他に「相撲取り花」の説などあるが、万葉仮名の「須美礼」に敵う表現ではない。どうしても漢字を使いたければ「須美礼」とすべきだ。

「ままこな」の名の由来

前回述べたように、ママコナの名の由来は、花の下唇上にある「2つの白いふくらみ」にあることは疑い様がない。

昔、私が教わった「ままこばなし」のあらすじは、以下の通り。

① 継母の育児放棄で空腹に耐えかねた幼児が、釜に残っていた飯粒を食べた。
② それを見つけた継母が、問い質したが、幼児は必死に口を閉じて答えない。
③ 幼児の口を無理やりこじ開けると、舌の上に飯粒が2つ残っていた。
④ 怒った継母は、釜の中に幼児を閉じ込め、殺してしまう。
⑤ 遺体は山に埋められる。
⑥ その場所に見たことの無い草が生え、花を咲かす。
⑦ 花は舌を伸ばし、その上に飯粒が2つ、くっついていた。
⑧ これを見た継母は腰を抜かし、動けなくなってしまった。

よく似た昔話に、次のものがある、
1.長崎県の 「まま子花」 (山口麻太郎.1973.長崎県壱岐島昔話集,三省堂)
2.奈良県の 「ウツボグサの花」 (高田十郎.1933.大和の伝説,大和史蹟研究会)
どちらも、野村純一・松谷みよ子(監修)2001.いまに語りつぐ日本民話集 第4巻 おしゃべりな植物たち、作品社、東京. で読むことができる。

上記の 「まま子花」の話は、省略され過ぎではないか。継子が植物に変化する理由と、継母に天罰が下る部分は伝えて欲しい。また、子供が「米ば たった二粒、舌ン上エのせただけです」と言い訳をしたというのも腑に落ちない。しゃべる位なら飲み込めば良いはず。幼児の必死の抵抗は沈黙以外に無いだろう。

「ウツボグサの花」は、現在のママコナとウツボグサの2種の植物の違いとするならば、良くできている。しかし、ウツボグサの下唇に米粒模様は見当たらないので、他の植物かもしれない。

渡辺泰邦先生の「広島県の植物方言と民俗」(2011、シンセイアート、庄原)を見ると、ミズキ科の低木であるハナイカダの地方名としてのママコナはあるが、ゴマノハグサ科のママコナはない。全国的に見ても、「ままこばなし」が多く伝承されているのは、ハナイカダの方である。

八坂書房・日本植物方言集成にはハナイカダの方言名として、ママコナがあり(三重、岡山、熊本、宮崎、鹿児島)。さらに、同じ語源と思われるママコギ、ママコデ、ママコノテなどが全国に分布している。

ハナイカダの「ままこ」の由来は、葉の上にできた黒い果実を、意地悪をされた継子の手のひらにできた火傷に見立てたもの。ハナイカダの若葉は食用にされるから「ままこ菜」でよい。

ママコナは食べないので、元々は「ままこばな」だったのだろう。ハナイカダの「ままこな」と混同してママコバナがママコナと呼び習わされるようになったのではないだろうか。

継子、継粉、飯子とは何か

本編にゴマノハグサ科-4 (シオガマギク亜科の1)を追加した。

コゴメグサ属 については、最近の写真が無く、昔のリバーサルフィルムが数枚。デジタル化しても細部が見えないので、ほとんど同定できない。きちんとした写真を集めて、検索表も作りたい。

ママコナ属の2種、4変種については検索表を作成した。普通に見られるものはミヤジマママコナとツシマママコナで、他の2つは稀である。シコクママコナとミヤジマママコナ、ツシマママコナとママコナの違いはごくわずかであり、中間形がある。同じ種の中の違いだから当然といえる。ホソバママコナは独立種とする意見があるほど、違いが明瞭である。

ママコナの名の由来について、「野生植物Ⅲ」には、“名は飯子菜で、花冠の下唇内面にある白斑を飯粒に見立てたとも、若い種子が米粒そっくりなところからともいわれる”とあり、「原色図鑑上」と同じである。前者は牧野富太郎説と言われるが、「新牧野図鑑」は若い種子説だけが書いてある。
この植物を初めて見た人は特異な花の形に惹かれるはずで、花を無視した名前は考えられない。これは、前川文夫博士(1994、植物の名前の話)も述べておられる。

「若い種子が米粒に似ている」説は、学名の Melampyrum (黒い小麦粒)が影響しているのではないか。植物学者ならば分かるが、普通の人が学名の意味を知って、小麦を米に翻訳したとは考えられない。

私が記憶しているのは、花冠下唇の飯粒による「継子菜」である。もちろん、いじめ殺された継子の墓に生えたという話である。誰に教わったか記憶にない。渡辺泰邦先生(翠町中)、堀川芳雄先生(ヒコビア植物採集会)、渡辺増富先生(広島皆実高)のどなたかに違いない。「飯子菜」と書かれたものを初めて見たときには、びっくりした。意味が分からないからだ。

代表的な国語辞書を紐解いてみると、以下のようになっている
岩波書店・広辞苑(第四版): ままこ‐な [継粉菜]…飯粒状の二白点のある..唇形花..
三省堂・大辞林: ままこ な [飯子菜]…若い種子は米粒に似る
小学館・日本国語大辞典: ままこ な [飯子菜]と[継子菜]があり、後者はハナイカダの方言名となっている

「継子」、「継粉」、「飯子」の語を探すと、どの辞書にも「継子」と「継粉」は必ず記述されている。

ところが、「飯子」という見出し語はどの辞書にも存在していない。飯粒(ままつぶ、めしつぶ)のことを「飯子」と呼ぶ(書く)地方があるか、方言辞書を調べたが見つからなかった。幼児語であれば「まま」か「まんま」である。植物名ではイヌタデのことを「あかのまんま」ともいうが「あかのままこ」とな言わない。

地名に「飯子浜」というのがある(宮城県牡鹿郡女川町)。しかし、そこは「いいごはま」であって、「ままこはま」ではない。

つまり、「ままこ=飯子」とする日本語は存在しない。だから、ママコナの由来として、「飯子菜」はあり得ない。

「継粉菜」というのは、納得できるか、小麦粉を水に溶いて、ママコを作ってみた。

mamako

小麦粉の継粉 (ままこ)、最近は「ダマ」とも言う

白いふくらみだが、飯粒状の長楕円形にはなりにくい。底に沈んだ小さいものは細長くなっているので、ママコナの花の白いふくらみに見えなくもない。

「継粉菜」説は、日本語として、つじつまが合う。しかし、これを植物の名前につけるだろうか。どうも、しっくりしない。
念のため、中国名を調べると、山罗花 ( 山羅花, shan luo hua)となっている。「罗」という文字は網や篩をあらわすので、「継粉」と関係が有るのかもしれない。

という訳で、「ままこな=継子菜」説は、次回に考察してみよう。