本編にスミレ科を追加、ハシバミの写真を更新

ようやく、スミレ科を追加することができた。スミレ属は種類が多く、大きさや、葉の形の変異が大きいので分類が難しい。同じ個体を開花期から果実が熟すまで継続して観察することが必要だろう。だからといって、私が良く判らないことの言い訳にはならない。全体の検索表は、まだ、作る力が無い。

地下茎や根の形と色が分類の手がかりとなる種類が多い。ただ、本ノートは絶滅危惧種の分布を記録するため、「非破壊調査」を旨としているので、そのような形質は使わないように心がけている。花の細部の作りについても、標本があれば花を煮戻して観察することができるが、野外で撮影した写真では無理だ。それでも、側弁の内側の毛に関しては、正面からの接写で識別可能である。ストロボを使用すれば、花を摘まず、手持ちで撮影できる。しかし、雌しべ(花柱)の毛までは難しい。

昨日は、月例の植物観察会で大朝の寒曳山を案内した。ゆっくり歩いたつもりであったが、花や果実の少ない端境期で、予定時間をかなり下回ってしまった。12時前に昼食となった例は無いはずだ。それでも、ハシバミのまともな果実を久しぶりに見た。本編に掲載していた写真は30年前のスライドから起こしたものだったから、これを取り替えた(カバノキ科)。ついでに、ヤマナラシの葉も加えた(ヤナギ科)。これまで、枝に手が届かなくて困っていたところ、山頂部に小さな個体が数本あったから。

イシモチソウ、キケマン

本編にモウセンゴケ科ケシ科を追加した。

広島県には、モウセンゴケが普通にある。花崗岩の山では、林道の明るい法面などで、岩の表面が濡れているような場所に見られる。根生葉は小さく、細い花茎が他の植物の間に伸びているので、写真に撮りづらい。そこで、別々の場所で撮影した葉と花の写真を組み合わせた。

残念ながら、イシモチソウの写真は手もとになかった。昔、賀茂台地の扇状地上のアカマツ林の林床に一面に生えていたのを見たことがある。そのような場所はほとんど無くなったようであるが、今でも、イシモチソウは珍しくないそうだ。私が当たらないのは、暑い時期に、日当たりの良い里山を避けているせいだろう。

広島県のキケマン類は、たいていフウロケマンで、キケマンは少ないようだ。図鑑(原色図鑑中、野生植物Ⅱ)のフウロケマンは花数が少なく、印象が違う。広島県のものはミヤマキケマンの形が多い。これらは、新しい見解では同じとされている。

「広島県の山野草-春・初夏-」の67頁にあるキケマンの写真を見ても、葉が三出複葉か羽状複葉か良く分からない。「野生植物Ⅱ」のPL.121-3も同様。こういう点でも、標本の有り難さが分かる。同書のまえがきにも、「撮影した植物はあとの確証のために標本にして持ち帰り、…」と書いてある。専門家であっても、写真だけでは、同定が困難ということだ。

また、自宅の近くの水田の石垣に生育しているものを観察していると、4月に開花したものが結実して枯れ、5月の半ばになって、再び葉と花茎を伸ばしたものは全く異なる印象だった。つまり、はじめはミヤマキケマンの形、後でフウロケマンの形になった。来春、詳しく確かめる必要がある。

本編にツバキ科、オトギリソウ科を追加

本編にツバキ科オトギリソウ科を追加した。

昨秋、熊本・鹿児島県境の低山に入ったところ、サザンカの花が目立った。もともと、南九州常緑広葉樹林内には多いのだが、花は葉より上にあるので、落ちている花弁で開花に気づいたものだ。ところが、シカの食害で、低木や草本がなくなり、1~2mの高さの花がよく見えた。8年間の九州勤務でも経験したことがないほど多い。やはり、異常な雰囲気である。

オトギリソウ科の写真を検索して、ヒメオトギリとコケオトギリの区別に自信がなくなった。おしべの数が10本以上写ったものは見当たらない、苞葉の形も写真では分かりづらい、「原色図鑑中」の図と「野生植物Ⅱ」の写真では、逆のようにも見える。「新牧野図鑑」で図を探すと、「もともとは品種として認識」されていたらしい。そこで、「原色野草」を見る。さすがに、長田先生の精密な図は良く分かる。記述も明快だ。しかし、手元の写真のいくつかは、花がコケオトギリのようで、葉がヒメオトギリに見える。

「Flora of Japan 2a」では、なんと、両者の区別は困難とされ、「品種」レベルでもなく、「Variant」という「形」にされている。それにしては、「形」毎の記述は詳しい。オトギリソウ科の執筆者はN.K.B.Robson。オトギリソウでは品種を細かく分けているから、大まかに分類する主義ではなさそう。やはり、別種として区分するのは無理なのだろう。この見解に従うことにした。ところが、同書にはにはトモエソウが見当たらない。索引にも無い。Robsonは基準標本が明示されていないトモエソウについて、Lectotypeを選定した当人であるから、執筆漏れ(?)は腑に落ちない。

イカリソウ属

本編に、メギ科アケビ科を追加した。

イカリソウ属の分類は、図鑑類や植物誌の説明を読んでも、違いが良く分からない。あまり違わないから、種の区別ではなく、変種や品種とされている。しかも、種間の交雑があり、雑種同士の交雑もあるから、訳が分からなくなっている。文字通り、「分からない」。
落葉性のイカリソウの写真を探したら、長野県の野辺山で撮影した写真があった。葉身基部の心形が浅く、新潟県のトキワイカリソウの深い(裂け目が重なるほど)心形とはかなり違う。

狭義のイカリソウ (長野県)

広島県内では雑種が住み分けているようなのだが、形質が遺伝的に固定しているとは限らない。地域の個体群の間でランダムな交雑が常に行われていると、各々の遺伝子が一定の割合に落ち着く。そのために、地域的にまとまったグループがあるように見える。このためには、個体間の交雑を生じにくくする「障壁」がなければならない。何だろうか?

やはり、きちんと分類して、分布域を示すためには標本が必要である。写真で代替するためには、倍率を一定に(花の大きさ)、小葉の分かれ方が見えるように、葉縁と両面の毛が見えるように撮影しなければならない。スケッチを付け加えるのが良い。

ヤナギ科などの標本作り

1月29日にニレ科を追加、ヤナギ科の初稿を掲載していた。本日、ヤナギ科の書き直しを行い、クワ科の12種を追加した。

広島県植物誌のジャヤナギの項(p.87)に書いてあるように、花が無い標本で正確な同定はできない。かといって、花の標本では葉が展開していない。これを解決するためには、以下のような標本作りを行う。

1.花の時期に採取した枝を押し葉にする。このとき、枝を採取した樹木個体に番号札を着けておく。

2.果が熟して、飛散寸前の状態、または、葉が十分に展開した時期の枝を採取して押し葉にする。

3.両時期の押し葉が揃ったら、個体番号に注意しながら、同一個体から採取した2つの枝を、1枚の台紙に貼り付ける。

4.ラベルには、同じ個体から採取した枝であることを明記し、それぞれの枝の採取日時を書き込む。

5.ラベルには、樹木の大きさ、枝の採取位置、葯の色、香りなど、標本にすると分からなくなる状況を書いておく。

このような標本は、野外に生育している個体では難しいので、樹木園などに植栽されたものから作ると良い。ヤナギ科のように、花が小さく、多数あるものでは押し葉標本から花を摘み出して湯に浸せば細部の観察は容易である。