植物ノート本編、全科の登録を終える

最後となっていたカヤツリグサ科の登録を終えた。これで、下書きができた状態になったので、随時、写真の追加と記事の更新を続けていきたい。

作り始めが、2009年1月であったから、6年以上かかってしまった。ただ、主要な文献の記述をまとめて、写真を加えただけだが、頭が老化している分、なかなか進まなかった。途中かAPGⅢの分類体系を併用したり、開花季節を示すなどの、方針変更があった。エングラー体系とAPGⅢ体系で、別の頁(ファイル)になっていたものは、一つにまとめ、修正に齟齬をきたさない様にする予定。

元々、自分の学習用に作ったので、野外で重宝している。検索表を増やして、より便利なものにした。直接図鑑類にあたるよりは速いのは、自分なりに納得できる見解を取り入れたためである。

Web上から、http://forests.world.coocan.jp/flora/ の内容をダウンロードすれば、ネットが使えない場所でも閲覧できる。内部の参照に、相対アドレスを使用しているからだ。私は、AndroidタブレットのNexus7に落として使っている。ネット環境でないと、グーグルによる植物名の検索が使えないので、和名と学名の属の50音、アルファベット・リストを実装したい。

ファイルにプロテクトはかけてないので、誰でも落とせるはずだが、自分の環境では、自分自身がシステム管理者なので、誰でも可能かどうか確かめられない。ダウンロードを試みた方は首尾を知らせて欲しい。
もちろん、携帯電話でアクセスするのならば何の問題もない。山の中では電波が届きにくいだけ。

一通りの見直しが終わったら、ユーティリティを作る予定。
ちなみに、現状のファイル数は、2,428個、ディスク上のサイズは 86.2 MBとかなり小さい。画像を強く圧縮しているためである。

 

今日が端午の節句

本日6月20日は旧暦の5月5日、本来の端午の節句です。
これまで、かしわ餅のことを何度も書いてきました。少しづつですが、ウェブ上でも本当のことが知られるようになって来たようです。ただ、不思議なことに、自分が調べたかのように断定される方が多く、文章まで似ているまるはそっくりなのが多いようです。ひとこと、引用元を書いておくのがそんなに難しいことでしょうか。
それはさておき、「かしわ餅」の定義、全国的なサルトリイバラと江戸発祥のカシワの葉の違いなどを、特集-Ⅳとしてまとめました。

特集-Ⅳ かしわ餅のまとめ へ

この季節に、かしわ餅の葉はどうなっているか?

まず、サルトリイバラの葉、2週間前の6月6日、内陸の山麓部、十分に育っています。

サルトリイバラの葉

6月6日のサルトリイバラの葉

カシワの葉、さらに2日前の6月4日、中国山地の1,100辺りの風衝地、硬すぎず、頃合いです。

カシワの葉

6月6日のカシワの葉

 

 

アオウキクサとレムナ・テスト

本編に、ヤシ科、 サトイモ科、 ウキクサ科を追加した。

高度経済成長の弊害が顕著となった1970年代には、公益を害する「公害」が社会問題となった。大気汚染と水質汚濁はその代表である。この頃、生物を用いて環境悪化の現状を評価する試みが盛んに行われた。全国の小中学校で行われた、アサガオによる光化学オキダントの検出はその代表的な例である。

水面に浮かんで生育するアオウキクサは、水中の養分だけでなく、重金属などの成長阻害物質の影響を受け易いことが知られている。しかも、栽培が容易であり、実験のための設備が簡単である。
工場排水などでは: 有害化学物質、重金属汚染、富栄養化の検出
雨水を用いると:   大気汚染に由来する生物毒性の検出

OECD(経済協力開発機構)のガイドラインにもアオウキクサによる試験方法が「アオウキクサ属植物による成長阻害試験(Lemna sp. Growth Inhibition Test)」が2006年に公開されている。
OECD GUIDELINES FOR THE TESTING OF CHEMICALS, REVISED PROPOSAL FOR A NEW GUIDELINE 221

日本語の解説書には新しいものが見つからなかったので、佐藤治雄:レムナ・テスト、松中昭一(編):図説 環境汚染と指標植物、22-23 pp.、朝倉書店(1979)

Lemna Test をキーワードにして Googleで画像検索をすると、多数の実験画像が表示される。

 

都道府県の森林

「山の日」制定協賛第3回は、都道府県別の森林を取り上げる。

前回取り上げた「各国の森林」と同様に、森林面積の割合と1人当たり森林面積を計算した。データは、林野庁:森林資源の現況、総務省統計局:人口推計年報、国土地理院:全国都道府県市区町村別面積調(未確定部分は参考値、湖沼を含む面積)、2012年の値。

森林を資源として見るならば、その内容が問題となる。一つの量的目安として、蓄積(樹種こみ、立方メートル)を付け加えた。

県別森林の姿

都道府県別森林の指標

よく知られているように、森林率の一位は高知県、最少は大阪府。一人当りの面積や現存量ならば北海道が第一位、誰が見ても森林県(道だが)。秋田・青森・岩手・山形の各県も森林バイオマスがたっぷりある。発電と給湯のコージェネレーションに向いているのではないか。高知・宮崎・鹿児島の各県では熱をどのように使うべきか、私にはわからない。

昔、鹿児島県の県森連が作ったコジイ用チップ工場では、廃棄物となる樹皮チップを牛舎の敷料として販売し、工場で使う電力代をまかなっていた。パルプ工場の大規模化が進み、「今後、国産広葉樹を原料とすることはあり得ない」とまで言われていた。最近では中規模の工場も見直されてきたようだから、国産材の有効利用も進むのではないだろうか。

森林資源を語るときに人間活動をベースに置くのは私の案ではなく、FAOの統計資料(Global Forest Resources Assessment)では、基礎データとして人口とGDP、及びそれらの年成長率が最初に示されている。また、地球温暖化が問題となってからは、現存量、炭素蓄積量まで記述されるようになっている。わが国の森林・林業白書では極めて多くの内容が盛り込まれるようになったが、「関連するデータをそのまま示して、考えさせる。」という構造ではない。

かしわもち(柏餅)の葉 2014年追記

5月になった。例年通り、検索による当サイト訪問は「かしわもちの葉」がらみが目立つ。
Counterize II というプラグインが解析してくれた Most searched keywords today(20) によると、
柏餅の作り方、柏餅の葉、かしわ餅 葉、柏もちの葉、柏餅の葉っぱは何、サルトリイバラ 柏餅、柏餅の葉の作り方、柏餅 葉 種類、柏餅に使う葉の名前 などのキーワードが並んでいる。

新しい情報を、いくつか紹介する。

まず、本年の端午の節句は現代の暦の5月5日ではなく、6月2日(月曜)となるはず(新暦・旧暦変換サイトによる)。サルトリイバラカシワホオノキの葉が使えるのはその頃であって、今は、まだ早い。

2012年にカシワの葉の新たな輸入元として登場したベトナムが2013年の輸入統計から消え、中国だけに戻ってしまった。(輸入に頼る)カシワの葉を使った「かしわもち」は和菓子ではなくもはや中華菓子なのか?ここは、元祖のサルトリイバラに回帰して欲しいところ。更新したグラフを以下に示す。

カシワの葉の国別輸入量

2013年までのカシワの葉の国別輸入量(財務省貿易統計)

サルトリイバラの葉の国別輸入量

2013年までのサルトリイバラの葉の国別輸入量(財務省貿易統計)

2013年1月から12月までの「かしわの葉」の総輸入量は720トン(乾重)、3億9千万円、同じく「さるとりいばらの葉」は102トン、7千250万円である。なお、北朝鮮を原産地又は船積地域とする全ての貨物の輸入禁止措置は継続中である。

柏葉市図」と「端午市井図」の公開
昨年、東京都公園協会発行の「緑と水のひろば」71号14-15頁に書いた記事が、ウェブサイトでも見られるようになった。編集部のご尽力により、鮮明なカラー写真を元にしているため、PDFファイルの拡大からでも、かなり詳細な部分が読み取れる。
カシワが分布していない関東平野で何故?という疑問が残っていたが、斉藤慎一氏の著作によって納得できたので、そのことも書いている。タンニン採取のためにカシワを植栽していたということだ。江戸時代の木材利用でカシワが他樹種より優れているのはこの点だけである。タンニン用に樹皮を採取すれば、葉が余る、その葉を竹皮やサルトリイバラの葉の代用としたようだ。廃物利用という発想は長命寺の桜餅と同じだが、古書によればかしわもちの方が先にできていたらしい。

⇒ 特集-Ⅳ かしわ餅のまとめ