改正新版 日本の野生植物3

本来は4月下旬に刊行されているはずだった第3巻が、午前中に届いた。バラ目の残りバラ科、ブナ目からムクロジ目まで。APGⅣ分類体系をも考慮したということであるが、実質的な変更はほとんどない。

APGⅢへの対応で変えざるを得なかった科の和名について、ペンタフィラクス科としていたPentaphylacaceae をサカキ科、ガリア科としていたGarryaceae をアオキ科としたことが明記されている。今後は、本サイトもそのようにする。第2巻までの対応が一段落したばかりだったので、良いタイミングであった。

%e6%96%b0%e7%89%883今後は、改正新版を基に、本編の手直しを行う。普通に栽培されている種、定着した外来植物も含めて記述されているため、より実用的な図鑑になっている。

幾つか気になる点を挙げると、ブナ科の果実が「堅果」とされていた。第1巻の感想で述べたとおり、巻頭の用語図解に合わせたのであろうが、現行の学術用語集とは異なっている。90頁の「堅果」はacornであり、nutではない。

オトギリソウ科のコケオトギリについて、「Flora of Japan 2a」(N.K.B.Robson, 2006)で、ヒメオトギリと同種で「Variant」とされたものが、旧版と同様に別種とされ、Robsonの見解については全く言及されていない。The Plant List では Flora of Japan 2a の見解が採用されているので、説明が欲しいところである。

フウロソウ科のヒメフウロについて、産地に広島県が加えられた他、「北海道と本州の各地で栽培品が逸出・帰化している」と明記された。

日本の野生植物の改訂新版

現在の日本の標準的な図鑑となっている平凡社の「日本の野生植物」が新シリーズとして改訂され、第1巻が昨年の12月に刊行された。順調にいけば、本年中に全5が刊行されるとのこと。

改訂新版では、樹木編と草本編の区別がなくなり、APGⅢ分類体系で配列されている。という訳で、第1巻はソテツ科からカヤツリグサ科まで。旧版と異なる点は、南西諸島(旧版は沖縄が不十分だった)と小笠原諸島の植物を入れて、日本の種子植物相の全体をまとめた初めての植物誌となったことである。APGⅢ分類体系の配列としたことで、エングラー体系育ちの旧世代には目的の頁を探すのにひと手間かかる。単に、慣れの問題だから仕方ない。「いろは順」から「50音順」に変わった時も同じだったであろう。とにかく、APGⅢ分類体系への移行は一気に進むはずだ。

図版の配置が巻末にまとめられた。旧版では、本文の近くに少しずつ配置されていて、見易い時もあったが、妙にずれることあった。私には新版の方が見易いようだ。

学名のシノニムはほとんど省略され、分類上の異論がある場合のみ、イタリック体で示されている。図鑑としての性格上、仕方がないことだろうが、保育社の原色日本植物図鑑シリーズや牧野植物図鑑との異同を明確にするためには必要である。 写真では良く解らない部分を図で見ることも多いので、原色図鑑や牧野図鑑の参照も欠かすことはできない。幸い、米倉博士のYLIist で参照できる。広島の植物ノートでも、両図鑑に用いられた学名は、なるべく載せるよう心掛けている。

本来は、専門家向けの植物誌である Flora of Japan シリーズのⅣ巻(単子葉離)がとっくに出版されているはずだったが、予告アナウンスのみ改訂されている。こちらが、完成しないまま、一般向けの図鑑が先になってしまった。これは残念である。

旧版の木本Ⅰに添えられていた「植物用語の図解」が新版1の最初に載せられている。5頁から8頁になったのは、個々の図を大きくしたためのようだ。
残念なのは、用語が旧版そのままで、1990年に増訂となった「学術用語集 植物学編」に準じていない。15頁の果実の図で、シラカシが「堅果」となっているが、「殻斗果」または「どんぐり状果」とされるべきである、学術用語集の旧版ではacorn とnut を区別せず堅果と訳していたが、現行の用語集ではnut とacorn を区別して、それぞれ、堅果と殻斗果と定義している。

広島の植物ノートも、新シリーズの見解を取り入れて、順次見直しを行う。科の配列については、広島県植物誌にあわせてエングラー分類体系を基本としているが、科の索引はAPGⅢ、50音順も使える。最近の見直しで、ページの下に、現在の科の隣りの科へ進むボタンを付けた。ここをAPGⅢの順序にしなかったのは旧世代への配慮である。

 

ノグルミの果実?

月例の植物観察会で瀬戸内海の小島を歩いた。島とはいっても橋で繋がっているのでで自宅から2時間足らず。

集合場所の真上にクルミ科ノグルミの大木があり、枝先に特徴のある果実が、青い空に目立っている。たまたま、林道の下に生えていて目の前に枝を伸ばしていたので、近くで、写真を撮ることができた。

ノグルミの球果

ノグルミの果穂(球果)は松かさに似ている

ノグルミの果実全体は松かさに似ている。鱗片状の苞はザラザラしており、髪の毛や毛糸にくっ付く。サルノクシ、キツネノクシなどの地方名は野生動物の頭にこの果実が付いていたからだろう。

正確にいうと、ノグルミの「果実」は鱗片の内側にある。種子のように見えるが、子房と付属物が種子をおおっているから、果実にあたる。学名のうち、属名のPlatycarya(平たい堅果)はこれが由来、種小名の strobilaceaは「球果の」という意味である。

「果実のような全体」は、果序(原色木本Ⅱ、野生木本Ⅰ)、果穂(日本植物誌)と呼ばなければならない。新牧野図鑑では、「全体は球果状」と表現している。学術用語集では、conestrobile (strobilus, strobiii)の両方を「球果」としているが、cone は針葉樹の球花・球果だけ、strobile は針葉樹と広葉樹の両方で用いられている。そこで、前者を「錐」、後者を「ストロビル」と訳して区別することがある。

花序と果序、花穂と果穂は、花と果のどちらも、カジョ、カスイと読むから、聞いただけでは分からない。しかし、いつまでが花で、いつから果になるのか、明確に区切ることはできないので、同じ発音の方が良いだろう。

クルミ科のサワグルミカバノキ科シデ属では果序が長く伸びて、球果状というより尾状である。そこで、球果状と尾状の両方をひっくるめて呼ぶときには「花穂・果穂」とするのが解かり易いと思う。

 

つるの巻き方向、再び追加

つる植物の右巻きと左巻き(特集-1)更新し、終りにしようと思っていたところ、自分自身の混乱で右左を書き間違っていた箇所があったので訂正。さらに、最も新しくて、最も権威がある「Flora of Japan」が引用もれであったことに気づいた。この書は英文だから日本語は併記されていないものの、「日本の野生植物・木本Ⅰ」と同じ大橋広好氏の執筆。両書を合わせると、ヤマフジが右巻き・sinistrorse となって、何と、牧野富太郎の用語集とは日本語、学術用語の双方が逆になっている。

「日本の野生植物・木本Ⅰ」の表現が、検索表では「つるは右から左へ巻く」、本文では「右巻き」となっていたので、疑問に思っていたのだが「Flora of Japan」の記述で納得、右から左へ伸びるのはsinistrorse。しかし、sinistrorseを右巻きと訳せば、明治時代の牧野の用語集と同じ。しかし、方向の使用例は逆。同じだけど、反対。

これはもう、お手上げ。

つる植物の右巻きと左巻き(付録-1)を更新

つる植物の右巻きと左巻き(付録-1)を更新

英語表現、分類学の教科書での表現を追加して、全体を再構成した。牧野富太郎がdextrorseを左纏とした理由は分からないまま。貝原益軒の大和本草に根源があるかと思ったが、そうでもなさそう。貝原益軒は植物によって巻き方向が違うことに気づいていなかったらしい。太陽の動きは共通と思っていたところ、逆回りの認識がある。これは新たな発見。もっとも、太陽と月を見るときは南を向いているが、星の動きは、南を向く場合と、北を向く場合があるので、回転方向は二通りあることになる。

Wisteria_sppヤマフジはアサガオと同じ右巻き、ノダフジとナツフジは左巻きです。

本編の再更新はブナ科まで行った。この科はAPGIIIでも変わらないので、インデントで形を整えること、写真を更新することが主、初期に作成したものは写真の幅が480pxであったので、一部を除いて、600pxに合わせる。花期を入れることにしていたが、忘れているものがある。