栽培植物、帰化植物を追加

前回に続き、本編に栽培植物などを追加した。
 以下順不同

シュユ、イヌゴシュユ Tetradium daniellii (Benn.) T.G.Hartley ミカン科

ギンバイカ Myrtus communis L. フトモモ科

セイヨウニンジンボク Vitex agnus-castus L. シソ科

モッコウバラ Rosa banksiae R.Br. バラ科

ハマナス Rosa rugosa Thunb. バラ科

ヨレスギ Cryptomeria japonica (L.f.) D.Don ‘Spiralis’ ヒノキ科

トキワマンサク Loropetalum chinense (R.Br.) Oliv. マンサク科

クロバナロウバイ、アメリカロウバイ Calycanthus floridus L. var. glaucus (Willd.) Torr. & A.Gray ロウバイ科

サツキ、サツキツツジ Rhododendron indicum (L.) Sweet ツツジ科

サラサウツギ Deutzia crenata Siebold et Zucc. f. plena (Maxim.) C.K.Schneid. アジサイ科

ジンジャー Hedychium coronarium J.König ショウガ科

スノードロップ Galanthus nivalis L. ヒガンバナ科

ブドウムスカリ、ムスカリ Muscari armeniacum Leichtlin ex Baker キジカクシ科科

アスパラガス、オランダキジカクシ Asparagus officinalis L. キジカクシ科

ユリオプスデージー Euryops pectinatus (L.) Cass. キク科

ノースポール Leucanthemum paludosum (Poir.) Bonnet & Barratte ‘North Pole’  キク科

コスモス Cosmos bipinnatus Cav. キク科

キバナコスモス Cosmos sulphureus Cav. キク科

ラベンダー Lavandula angustifolia Mill. シソ科

クロタネソウ Nigella damascena L. キンポウゲ科

帰化植物の追加

フヨウカタバミ Oxalis purpurea L. カタバミ科

キレハマメグンバイナズナ Lepidium bonariense L. アブラナ科

トキワナズナ Iberis sempervirens L. アブラナ科

ムラサキカッコウアザミ Ageratum houstonianum Mill. キク科

既掲載種に写真を追加したもの

ウンヌケモドキ イネ科

ヒトモトススキ イネ科

既掲載種の花の写真を追加

シコクスミレ スミレ科

ポポーノキ バンレイシ科

ペチュニア ナス科

オシロイバナ オシロイバナ科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください