山菜アドバイザー

山菜天ぷら「山菜アドバイザー研修」の本年度の受講案内が発表されました。この研修は、「山菜アドバイザー」の養成と資格認定を行うもので、林野庁の補助事業として始まったのですが、予算削減により日本特用林産振興会の単独事業として2年毎に行われ、本年は第6回となります。毎年でないのは、「きのこアドバイザー」と交互に行われるためです。
山菜教室 山菜を採って食べることは自然を楽しむ優れたレクリェーションの一つです。同時に、山菜は山村にとって貴重な資源にもなっています。山菜利用を促進することは需要の拡大、地域おこしのために必要です。ところが、ルールを守らない一部の入山者によるトラブル、知識不足による食中毒の発生などの問題も発生しています。

山菜看板 このため、山菜採りを楽しむ一般消費者、山菜によって収入を得ている人々の双方に、必要なルール・マナー、山菜等全般についての知識や利用方法等を指導・助言できる専門家としての「山菜アドバイザー」を育成することがこの研修の目的です。

研修の内容は以下のとおり:
山菜文化の継承、山菜のルールとマナー、山菜アドバイザーとして
山菜の分類・同定、山菜の生理生態、山菜の栽培と優良品種の選抜、
山菜と健康とのかかわり、山菜の新しい料理法、
実地研修(観察等)

この研修は、ある程度の基礎知識を有している人を対象にしているので、
関係組織長からの「推薦状」と「山菜に関する所感文」の提出が必要となっています。
関係組織とは、農林業の事業体・組合等の他、山菜同好会や植物観察会などを含みます。

詳しい内容は、日本特用林産振興会の募集案内を見てください。

くさぎ菜

ムラサキ科に続いて、クマツヅラ科を追加した。これらの科の草本類については知識が少ないの。特に帰化植物については、良く分からないというのが正直なところである。

クマツヅラ科のクサギは全体的ににおいがある、たいていの人には「臭い」、だからクサギの名が付いた。ところが、クサギの若葉は山菜として古くから食べられている。多くの山菜と異なり、東北地方ではなく、富山県、三重県以西の本州、四国、九州(奄美まで)で利用されている。分布の中心が暖温帯にあるからだろう。

広島県内では、旧比婆郡・神石郡の直売所で、クサギの葉を茹でて乾燥させた「くさぎ菜」が販売されている。ポリ袋に詰められた黒っぽい乾燥葉で、100~200円位。調理法はおろか名前さえ書いてないものがある。分かる人には分かる、というのだろうが、もったいない。生葉を室内で茹でると、においがひどいので、乾燥した「くさぎな」を買ってきて、煮もどすのが無難だからだろう。

kusagina

クサギの葉を茹でて乾燥させた「くさぎ菜」

隣接する岡山県の吉備中央町では、郷土料理の「くさぎなかけめし」が食べられる。きびプラザ2階の「郷土料理まきば」では名物となっている。道の駅「かもがわ円城」では、一度無くなっていたが、復活したそうだ。

くさぎなのかけめし

「くさぎなかけめし」 左の褐色部がクサギの葉

私の好みから言えば、くさぎ菜はダシを含むように煮たり、炒める方がおいしい。天ぷらは生葉のままで良い。どちらも、苦味が残る。
参照: 山の特産と文化 (38) クサギ. 特産情報 28(12): 34-35 (ISSN 0910-5735)

七草がゆの材料

野菜売り場に「七草」のパックが並んでいる。我が家の近くのスーパーでは県内産と他県産が一つずつであった。昨年は、県内産2ヶ所だったと記憶している。パック詰めで残念なのは、特定の種類だけが多くて、形だけのものが混じっていることだ。おおむね、ハコベが多く、約半分を占めている。ビニールハウス内にいくらでも生えるからだろう。ハハコグサ、コオニタビラコ(ほとけのざ)はごく少量、ダイコン(すずしろ)、カブ(すずな)も案外少ない。

コオニタビラコ

ななくさの「ほとけのざ」はコオニタビラコ、3月下旬にならないと見つけ難い。

実際に、昔の人は7種類の「七草」を用いていたのだろうか。以前に調べたことがあるので、一部を紹介する (山の特産と文化 (22) 春の七くさ. 特産情報 27(6): 28-29, 2006) (「特産情報」という雑誌は林業・林産関係、シイタケ関係の組織や団体にあります)

  1. 昔の呼び方
    そもそも、「ななくさ」とは、「七草」ではなくて「七種」のはず。室町時代末期に書かれた「世諺問答」によると、
    質問: 正月七日にあつ物を食べるのはなぜか
    回答: 正月は小陽の月であり、七日も小陽の数である。そこで、朝廷から個人の家まで宴会をする。その日にあつもの(汁物)を食べるのが病気にならない方法との説があり、中国の荊楚記にもそう書かれている。延喜十一年の正月七日に七種の若菜が宮中に供せられたという記録がある。七種の若菜とは、ナズナ、ハコベ、セリ、ゴギョウ、スズシロ、ホトケノザ、など。北野天神でも和菜の汁物が作られていたので、昔からのことであろう。(意訳)
    七種の植物は、「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これや七くさ」という古歌に基づく。ゴギョウとはハハコグサ、仏の座とはキク科のコオニタビラコという牧野富太郎の解釈が定説となっている。しかし、「仏の座」と「田びらこ」が併記されたり、タビラコの代わりにミミナグサが入った古文書もあるようだ。
  2. 実際の材料  (全国)
    昭和初期の食生活の聞き書き(農文協・日本の食生活全集)を調べたところ。全国の三百十八地域中、七草の記述があったのは北海道から鹿児島県奄美大島までの百六十七地域。多くの地域では、七種であれば種類を問わないか、あるだけの青菜を使っていた。下に、結果のグラフを示す。
    これによると、古歌の七種に含まれる野生植物では、ハコベが14位、ハハコグサが17位、タビラコはやっと29位に過ぎない。
  3. 広島県では?
    上述の「聞き書き」から、広島県内と隣接地域を抜き出してみると、以下のとおり:

    1. 瀬戸内沿岸・島しょ、中部台地、広島湾沿岸の3地域には記述が見つからない。
    2. 東部高原(神石郡油木町)  七日は七か日といって、朝、もちを入れたおじやを食べる。
    3. 備北山地(双三郡君田村)  七日は「七日正月」といい、七日ぞうすいを食べる。ほんとうの七草は手に入らず、雪の下に芽を出したものがあれば使うが、見つからないと、漬物のかぶの青い葉を使う。
    4. 芸北山間(山県郡芸北町)  七日の七草には、七草がゆを炊く。まだ雪が深く七草はそろわない。すずな、すずしろの二草だけのこともあれば、それにせり、なずななどを加えて四草にすることもある。
    5. 中国山地(岡山県真庭郡中和村)  雪の深い時期なので、七草全部はとれないため、ごぼう、にんじん、大根などのありあわせの野菜を入れることが多いが、せりだけは、わずかな量でも必ず入れる。
    6. 吉備高原(岡山県久米郡久米南町)  一月六日は摘みぞめ。せり、なずなだけあったら七草のかわりをするといって、この二種類は必ず摘み、残り五種類はあれば摘む。
    7. 山代(山口県玖珂郡錦町)七草は決まっていないが、せり、なずな、大根、ねぎ、豆腐など七種類入れて、醤油で薄味をつける。

○ 要するに、何でも良いのだ!ダイコン、セリ、地域の青菜、ナズナ、ニンジン、ゴボウ、カブ が日本全体の標準。ナズナだけは野外で採ってきて、あとは、広島菜(漬物でもよい)、ネギ、大根の葉、ゴボウ、ニンジン、サトイモなどの根菜を入れるのが「伝統的」で、「栄養学的」に正しいのではないだろうか?

データを集めた「農文協:日本の食生活全集」は非常に良い資料で、主要な図書館にはあります。各県別になっていて広島県のものは「聞き書 広島の食事」(ISBN:978-4-540-87066-8、2900円)

ななくさの実態

ニセアカシヤという名のアカシア

アカシア、というより「アカシヤ」と発音される植物はたいていハリエンジュのことであり、フサアカシアやモリシマアカシアなどの Acacia 属はミモザの方がとおりが良い。学名の Robinia pseudoacacia は、「アカシアに似たロビニア」であって、Robinia (ドイツ語などでは Robinie )が名詞、pseudoacacia は形容詞のはず。

日本には、ウイーン万国博覧会(1873)から種子を持ち帰ったとされている。このとき、農業雑誌に「明石屋樹」と紹介されたから、アカシヤとなってしまった。日本語は”akasia”と母音が続くと発音し難いので、”akasiya”となったのであろう。北原白秋作詩の童謡「この道」は、「この道はいつか来た道/ああ そうだよ/あかしやの花が咲いてる」となっている。

学名を翻訳したニセアカシアでは、アカシアの一種のようにも聞こえるので、松村任三博士がハリエンジュと名づけたとのことである。にもかかわらず、ニセアカシア、それ以上に、アカシアの名が普及しているのは困ったことである。とりわけ、ハリエンジュを主な蜜源とした蜂蜜がアカシア蜂蜜と称して販売されているのは如何なものか。中には、ラベルに”ACACIA”の文字まで記されたものがある。原材料名の不当表示になるだろう。

街路樹としての利用は北国で多く、西日本では海岸や河川沿いの防災林として広く植栽されてきた。山菜としての利用もあって、花の房を丸ごと天ぷらにして食べる。北海道ではごく普通、長野県小諸では郷土料理と言われ、関東地方でもよく食べられている。

戦後の荒廃期には治山目的で崩壊地や、海岸砂丘、河畔、煙害跡地に植栽されてきたが、現在では駆除対象になっている。土壌改良の効果が出てきたにもかかわらず、自然植生への移行が進まないからである。

ササユリの報道記事、マンサク科を追加

このサイトの看板にササユリの花を使っているように、ササユリは私が最も好きな植物の一つである。先日、島根県境の天狗石山で行われた植物観察会でも期待していたのだが、1株も見当たらなかった。北広島町には各地に生育しているし、登山案内に書かれている程の植物なので、当然咲いていると思ったのだが。

最近、地元の新聞に「ササユリ盗掘」の記事が目立つので、Googleで調べてみた。
ササユリに関する、各地の新聞報道(本年度)
(1) 開花を伝える記事:静岡、長野、岐阜、石川、和歌山、奈良、兵庫、鳥取、島根、広島、高知の各県
(2) 保護・育成を伝える記事:静岡、長野、愛知、京都、滋賀、兵庫、広島、岡山、徳島
(3) 盗掘被害を伝える記事:愛知、三重、広島
保護育成に汗を流している方々の記事の方が多いのは幸い。その中で、「おおの自然観察の森」と「せら夢公園」の2個所の盗掘記事は目立つ。

あまりにも犯罪報道が多いと、模倣犯が増える可能性があるのではないか。手口を詳細に描くのは考え物である。

極めつけは、「市は、管理規則で動植物の捕獲と採取を禁じ、園の入り口などに立てた看板で注意している。ただ、違反した場合の罰則規定はない。」という記事。もし、あなたがササユリの球根を掘っている現場を見つけ、注意したら、「罰則はないと新聞に書いてありましたよ!」と言われかねない。

また、昨年には島根県の船通山での盗掘報道から、県が看板とロープの設置を速やかに行った。という事例がある。ここで、県民からの提案に「自然公園法で盗採採取が禁止されているササユリ」という表現があった。

上記のような表現は不適切ではないか。わが国の法律には窃盗罪というものがあり、罰則がある。そして、植物の所有権は土地の所有者に帰属している。したがって、市が所有する土地に生育しているササユリを無断で持ち去れば、窃盗罪が成立し、公務員である市職員は告発する義務がある。

畑に植えてある農産物はともかく、山地に「勝手に生えている植物は皆のもの」という考えもある。スカンジナビア諸国などの「自然享受権」を認める法律の下ではそうだ。この場合は「モラル」に訴える必要がある。しかし、日本は世界の多くの国々と同じく、土地の所有権が優先している。

野生植物の場合、刑法の窃盗罪より罪がやや軽い「森林窃盗罪」が適用されるはず。これは、所有権が明確でない場合を考慮しているらしい。看板等で、明確に表示してあれば問題ない。だから、マツタケ山などでは表示がある。

森林法 197条 森林においてその産物(人工を加えたものを含む。)を窃取した者は、森林窃盗とし、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
同 198条 森林窃盗が保安林の区域内において犯したものであるときは、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

国立公園や国定公園内では自然公園法の適用を受ける。この罰則は森林法より軽くなっている。これは、自然公園法による制限が土地の所有者や管理者にも適用されるから。つまり、ササユリを掘り取った者が、その土地の所有者であっても罰せられるということであって、罰則が軽くなっている。所有権のない者が掘り取れば、当然、窃盗罪を適用すべき。

新聞報道は、記事を読んだものが、「自分はしないぞ」とか、「やめておこう」と思うように書かなければならないのではないだろうか? 「盗っても罪にならない」という書きぶりはとんでもない。

現地で植物を増殖する場合には、その地域の植物の種子や株を用いるのが大前提、でないと、遺伝子汚染という「取り返しのつかない自然破壊」になる。
例えば、島根県内のササユリは、葉身長と葉身幅の比の値が大きな奈良、和歌山、静岡県のものとは大きな遺伝的差異が認められたそうだ(春木・他.1998. 園芸学会雑誌 67:785-791)。

本編にマンサク科を追加した。
アテツマンサクをマンサクの変種として区別する根拠が良く分からない。地理的な住み分けがある(亜種の条件)けど、わずかな違い(品種)なので、中間の変種に落ち着くのか?