平和大通りの樹木 その3 南米からの贈り物

アメリカデイゴ 本編へ

鶴見橋西詰交差点の南西のブロックにアメリカデイゴ(Erythrina crista-galli L.)の大木がある。これは、1953年にアルゼンチンのペロン大統領夫人から贈られた種子に由来するとされているが、現地には何の説明看板も無い。新世紀リニューアル事業の基本方針の一つである「後世に広島の復興を物語る貴重な資産」として、いきさつを記して欲しいところ。

この樹は、葉が狭卵形で先がとがり、普通に見かけるアメリカデイゴとはかなり違って見える。
これは、アメリカデイゴの本来の形であって、南米産の種子から発芽させたものである証拠。他の多くの場所、例えば宇品のみなと公園に植栽されているものは花序が長く、葉が広卵形を示す。これは、変異型を優良品種として無性繁殖したもので、マルバデイゴ Erythrina crista-galli L. ‘Maruba-deigo’ の名で呼ばれている(塚本・村田.1988. 園芸植物大事典 1:365)。

本種はカイコウズと呼ばれることが多い。漢名の音読みに基づく。ところが、中国名の海红豆(hai hong dou)は本種とは別の種で、同じマメ科の落葉高木 Adenanthera microsperma Teijsm. & Binn. (ナンバンアカアズキ)である。
本種が日本に渡来したのは江戸時代後期、中国への渡来もその頃であろう。 当時の日本では、漢字で表わした植物名(漢名)が学名のようなものだったから、漢名は必ず存在しなければならない。 例によって、「それらしい漢名」を探し、「海紅豆」という植物に無理やり当てはめた。そして、その漢名を音読して和名ができた。 一方、中国はこの外来種に「鸡冠刺桐(雞冠刺桐), jī guan ci tong」という新しい名を付けたので、両国の漢字表現に異物同名が生じた。

だから、カイコウズを漢字で海紅豆と書いてはいけない。紛らわしいので、同属のデイコ(沖縄の植物、デイゴと聞こえる)を基にしたアメリカデイゴ、マルバデイゴとすべきである。

「海紅豆」とは何か
学名 Erythrina crista-galli Adenanthera microsperma
和名 カイコウズ*、アメリカデイゴ ナンバンアカアズキ
漢字名 海紅豆* 南蛮赤小豆*
中国名 雞冠刺桐 海紅豆
*不適切な名・表現

アメリカサイカチ (本編へ

アメリカデイゴと同じブロックの西端に1本ある。日本のサイカチと同様に、枝分かれした大きな刺が幹・太枝から出ている。これも、ペロン大統領夫人から贈られた種子に由来するとされている。ただし、本種の原産地はアルゼンチンではなく、アメリカ。

本種は取り立てて花や実が美しいわけでもなく、日本にも近縁の種があるから、何故贈られてきたのか疑問だった。よく調べてみると、アメリカ等で公園樹として普及している理由は、この樹が大気汚染、土壌の乾燥や高いpHに耐えるかららしい。つまり、平和大通りのように平地の都市公園では土壌が緊密化してアルカリ化する傾向にあるので、間違いなく育つ樹種を選んだということらしい。単なる推測なので、寄贈時の文書等があれば公開し、現地に看板を立てて欲しい。

平和大通りの樹木 その2 ツゲとセイヨウボダイジュ

ツゲの種類 (本編のツゲ属を参照

ツゲはわが国に自生する樹木で、古くから造園用に使用されている。保育社の原色日本植物図鑑.木本編Ⅰのp.254に書いてあるように、庭に植えられているものはヒメツゲと呼ばれる型で葉が細くやや薄い。これは、野生のツゲ(アサマツゲ)の変種と見なされているが、シーボルトが最初に見たのが栽培種であったため、ヒメツゲが Buxus microphylla Siebold Zucc.として先に記載され、野生種の方は Buxus japonica Müll.Arg. ex Miq とされた。両種は同じ種の範囲に収まり、変種の関係になるので、先に発表されたヒメツゲを基本変種として、野生のツゲが Buxus microphylla Siebold Zucc. var. japonica (Müll.Arg. ex Miq.) Rehder & E.H.Wilson とされた。この組替えを行ったのはアメリカの樹木学者アルフレッド・レーダーとイギリスの植物研究家 A.H.ウィルソン(屋久スギのウィルソン株で有名)。当時(1914年)には、アメリカやイギリスで造園植物として普及していたと思われる。

近年は葉が広く、秋に黄葉・紅葉する型が多くなっており、平和大通りや平和記念公園にも植栽されている。そして、ボックスウッド、セイヨウツゲ、スドウツゲ、アメリカツゲと呼ばれることがあるが、日本のツゲの栽培変種(園芸品種)である。セイヨウツゲに由来する栽培変種は葉が卵形、つまり最大幅の位置が中央より下(葉柄の側)になることで区別できる。

この栽培品種は、高知県の須藤信喜氏がアメリカより持ち帰り、1970年代に広まったとされている。日本のツバキがヨーロッパで品種改良され、カメリアの名で里帰りしても、決してセイヨウツバキとは呼ばれない。ツバキはツバキである。
アメリカでボックスウッド(boxwood)といえばツゲ属全体を指し、セイヨウツゲは common box、日本のツゲは littleleaf boxwood。

全米ツゲ協会のウェブサイトによると、ボックスウッドは アメリカ型の Buxus sempervirens と イングランド型の Buxus sempervirens ‘Suffruticosa’の2種類であるという都市伝説があったそうだ。そのため、須藤氏自身がアメリカの栽培ツゲを Buxus sempervirens と思い込んでいたのかもしれない。実際には、日本のアサマツゲ Buxus microphylla var. japonica 、ヒメツゲ Buxus microphylla var. microphyllaチョウセンヒメツゲ Buxus microphylla  var. insularis 、中国の匙叶黄杨  Buxus harlandii 、セイヨウツゲ Buxus sempervirens  などに由来する園芸品種が200品種以上登録され、約150種類が流通しているとのこと。平和大通りのツゲがどの栽培変種にあたるのか、識別できる資料を持っていないので不明であるが、種としては日本のツゲと同じであり、セイヨウツゲとは明らかに異なる。


シナノキ、ボダイジュの種類 (本編のシナノキ属を参照

鯉城通りと本安川の間にセイヨウボダイジュと名札のついた樹があるが、日本のシナノキである。今回、果実を見て確かめることができた。セイヨウボダイジュ、セイヨウシナノキは果実に硬い筋(肋)があり、乾燥すると稜になる。この樹の果実には全く肋が存在しない。

上八丁堀の官庁街に、明らかな外国種があると教わり、確かめるとヨーロッパのナツボダイジュ(別名セイヨウボダイジュ)であった。葉の上面、下面の脈上に毛が多く、果実には5本の肋が明瞭。本編にも葉と果実の画像を載せておいた。

果実を着けたナツボダイジュ

果実を着けたナツボダイジュ 果実に稜がある

日本ではヨーロッパのシナノキをドイツ語でリンデンバウム(Lindenbaum)と呼ぶことが多いが、ドイツの図鑑ではリンデ(Linde)となっており、リンデンバウムはリンデの樹という意味になる。英語ではライム(lime)、セイヨウシナノキはコモン・ライム(common lime)と呼ばれる。

 

平和大通りの樹木 その1

平和大通りで植物観察会を催すことになったので、事前調査を行ったところ、いくつかの興味ある樹木を見ることができた。また、樹木名について、誤解されているものがあること気付いた。
広島市の平和大通りは、元々「百米道路」と呼ばれていた。先の戦争で大きな戦災を受けた都市の多くは、防災のために市街地を分断する「百米道路」の設置を計画した。ところが、実際に設置できたのは名古屋市の2本と広島市の1本にとどまった。
もともと、防災のための空間作りであるから、緑地としての整備は進まなかった。東の端の鶴見橋(京橋川)付近は完全な空き地で、サーカスの専用地という記憶しかない。

整備された河岸緑地

整備された河岸緑地

上の写真は鶴見橋から上流を見たところ。左下の川岸が皆実小学校の指定水泳場になっており、夏休みは毎日通った。橋の下流側は竹屋小学校の指定水泳場、。木造の橋は原爆に耐えて残ったため、改修されなかったと記憶している。樹木なぞ何もなっかたはずだ。

百米道路(平和大通り)の緑化の歴史について、市のウェブサイトには出てこない。2002年に、「平和大通り新世紀リニューアル事業の基本方針」というのが定められているが、緑化についての記述は少ない。むしろ、現状認識として「樹木が繁り、一部では雰囲気が暗くなっています」との消極的な記述や、「戦後の供木運動などで集められた樹木が樹林となり、緑の軸線を形成し、貴重な都市のオープンスペースになっています」との記述があり、空き地としか考えられていないように読める。

リニューアルの考え方として示されているのは下記の通り。

平和を象徴する樹木の保全に努めます。

  • 樹木は、後世に広島の復興を物語る貴重な資産として継承していくことを基本とします。
  • 止むを得ず既存樹木に影響を与える場合は、可能な限り移植を検討します。
  • 見通しの悪くなる低木類は必要に応じて整理し、枯損による更新の時には、樹種を整理します。
  • 建物側歩道の樹木については、緑の軸線を形成するにふさわしい樹種を選定し、秩序ある緑地となるよう整備していきます。

意外なことに、具体的な樹種名に関する事項を示したものは見つからなかった。