本編のバラ科を更新

改正新版の日本の野生植物(新野生3)に準拠して、バラ科を更新した。旧版やFlora of Japan と異なる見解についても従っているが、そうできなかったものもある。

旧版のナシ亜科とサクラ亜科はシモツケ亜科に含めるのであるが、亜科名としてのSpiraeoideae には Amygdaloideae という先行名があるので、こちらを採用しモモ亜科とした。(命名規約 2012,メルボルン・コード 19条5項、例.5)

旧版はPrunus(サクラ属)を大きく捉えていたが、新版では4属に分け、Amygdalus, Armeniaca, Microcerasus はPrunusに含めているので、そのようにした。

その他、開花季節の記述を加え、いくつかの種に写真を加えた。分布の記述をTDWGの区分に合わせると共に、訂正を行った。日本の固有種についての間違いも正した。

スイレン目からクスノキ目の見直し

APGⅢ スイレン目からクスノキ目の見直しを行った。
変更箇所は以下の通り:

ジュンサイ科 分類体系の違いを表にした。

スイレン科 分類体系の違いを表にした。
サイジョウコウホネを雑種とする学名表現を採用。

マツブサ科 分類体系の違いを表にした。
ウラジロマツブサを品種とする学名表現を採用。

モクレン科 天然記念物の、市原の大こぶし、莇原のオガタマノキのリンクを更新。
クスノキ科 天然記念物のリンク更新(県・市のサイト更新による)
       ヒメクロモジを独立種とする学名表現を採用。
その他  全体として、県内に変種、品種がある基本種名のみ オートニムを付けることにした。
ただし、学名のABC順索引ではオートニムを付けない。

裸子植物の写真追加と学名の見直し

改訂新版 日本の野生植物の刊行により、新たな見直しを行っている。

裸子植物については、一部の学名訂正と写真の追加を行った。

  1. ソテツ ソテツの全形写真を追加、自生地状態の撮影地は宮崎県であったので説明を訂正した。大隅半島で撮影したものと混同していたのが原因。
  2. イチョウ 全形写真として、黄葉したイチョウ(広島県県指定天然記念物:迦具神社の大イチョウ)を追加した。
  3. モミ 葉の写真を更新、樹形(遠景)を追加した。
  4. ツガ 特徴的な枝ぶりの写真を追加した。
  5. ハイビャクシン 独立種とする見解(The Plant Listなど)から、ビャクシンの変種とする意見(Flora of Japan 1)に戻した。
  6. ナギ ナギは独立属のNageiaとする意見と、Podocarpus に含める意見(Flora of Japan 1)の二通りがあった。最近では、独立属とする意見が支持されている。科の説明では、そのようになっていたが、ナギの記述が前のままであったので、Nageia 属に訂正した。
  7. イヌマキとラカンマキの関係について、ラカンマキが自生する独立種(Podocarpus chinensis Wall. ex J.Forbes)との最近の見解(The Plant List)に従っていたが、やはり、イヌマキの変種と見る方が素直であろう。そして、イヌマキのタイプ標本がラカンマキの方であったという発見()に従い、原品種名をラカンマキ、イヌマキをその品種とする新名に訂正した。

 

ヤブラン属とジャノヒゲ属

本編にヤブラン属ジャノヒゲ属を登録した。両属とも、エングラー分類体系ではユリ科、APGⅢ分類体系ではキジカクシ科に属する。受精後に、子房の壁が伸びないため、種子が子房壁を破って裸出したまま大きくなる点は共通である。つまり、果実のように見えるものは種子そのもの、紫黒色に熟すのがヤブラン属、鮮やかな瑠璃色になるのがジャノヒゲ属。

ジャノヒゲの種内分類については良く分からない。カブダチジャノヒゲはナガバジャノヒゲの別名と思っていたら、そうではないらしい。しかし、変種に区分できないという意見はあっても、カブダチジャノヒゲとナガバジャノヒゲを別々に認める、あるいは同じ変種とするという意見は見当たらなかった。分からないものについては、Flora of Japan に従うつもりだが、単子葉類の巻Ⅳa、Ⅳb が未だに刊行されない。Ⅳbは本年3月という予告であったが、確かめると、9月に伸びている。「野生植物 Ⅰ」が1982年刊行であるから、30年超えてしまった。Flora of Japan刊行後に、本編の総見直しをしなければならない。

葉の長いもの(ナガバジャノヒゲ)が暗い林床に生育するのではなく、暗い場所だから長くなって、日なたでは短くなる(ジャノヒゲ)のかもしれない、しかし、走出枝(stolon, runner)の有無は、固定した形質のように思える。

ノシランは沿岸地に多い大型の植物で、花茎が強くのされているから解かり易い。島根県、山口県の沿岸部には普通に見られるが、広島県ではごく少ない。周防大島が冬季の湿潤な季節風の障壁となっているのではないか。

APGⅢ体系の導入

双子葉植物の登載が終わったところで、ページの形式を改めた。植物ノートを7インチのタブレット(Nexus7)に収めて野外に持ち出しているのだが、ブラウザによっては索引と本文の独立スクロールがうまくできない。frameにきちんと対応していないらしい。html5では非推奨の形式だとか。

将来に備えて、html 4から5へ、shift-jis から utf-8、frameからiframeに書き換えた。ページの幅が固定できるので、見栄えを良くすることができる。ただし、ほとんどのページでは字下げ部分が未改善である。

かねてからの計画であった、APGⅢ分類体系の導入、科名見出しを替えることで対応した。ついでに50音順科名見出しも作った。自分自身で便利になったと思う。慣れ親しんだエングラー氏の分類体系からAPGⅢ分類体系への変更は、思っていたより簡単そうである。水平線で属別に分けていたのはこのため。

いくつかの仕分けをしてみると、APGⅢの分け方に納得できる。大きく変った分類群は、元々所属があいまいだったもの。エングラーの時代(1900年頃)に組み立てた分類体系の大半が今でも通用することの方が驚きではないか。APGⅢでは未だに所属位置が確定できていない分類群がある。エングラーはすべてを体系に当てはめたのだから、間違いがあるのは当然だろう。

APGⅢで最新の体系を、50音順で引き易さを追求するので、エングラー方式は、細かな改正を止め、「広島県植物誌」と全く同じものにする。ただし、種の配列を学名のABC順にするので、学名が変れば順序も変る。