キツネノマゴ科まで再見直し

新野生5(大橋広好・他(編)2017. 改訂新版 日本の野生植物 第5巻. 474 pp. 平凡社、東京.) に準拠した再見直しを、キツネノマゴ科まで行った。

分類上の変更としては、新たな見解による学名の変更の他に、Flora of Japan シリーズで統合された種以下の分類単位がそれ以前と同様になったグループがある。なるべく、新野生5に合わせたが、Flora of Japan の見解のままにしたものがある。

分布域について、新野生5では新たな発見により分布域が広くなったものが多数あり、そのまま従った。ただ、凡例に記した通りTDWGの区分と表現に準拠しようとすると、新野生5の記述では判断できない場合があるので、外国の文献を参照した。

和名、学名からの索引は、同じ頁内の同属では数種のグループに分けて示していたが、分類単位毎にするように努めた。この方針は随時遡及する予定である。

ハエドクソウ科の記述を追加・修正

ハエドクソウの花が咲いてきたので、本編の記述を見直したところ。表現がおかしいことに気付いたので修正、ハエドクソウの写真を替え、従来の写真をナガバハエドクソウの型とした。
山崎(野生植物Ⅲ、Flora of Japan 3a)の見解は両者を区別せず、北米のものとは変種の関係と見なしている。改訂新版 日本の野生植物の第5巻の見解に従う予定であるが、第4巻の刊行から4ヶ月経っても、まだ届いていない。

エングラー分類体系のゴマノハグサ科とAPGⅢ分類体系との比較表のうち、サギゴケ属の配置が間違っていたので訂正、サギゴケ科として独立させる体系との比較を新たに示した。

バラ属の検索表を作成

ノイバラ、ツクシイバラを見ようとして、和名索引にバラ属が無いことに気付いた。和名索引に組み込むにあたって、分類単位ごとにリンクタグをつけて、該当分類単位に正しく飛ぶようにした(従来は、2~5種でまとめたタグ付け)。
ついでに、バラ属の検索表を作成、掲示した。それぞれの特徴をうまく反映させることは難しく、改良の余地がある。托葉の形態、果柄や若枝、葉の毛や腺の有無を写真で示す必要があるが、まだ良く分からないので当面は従来通り。

本編のバラ科を更新

改正新版の日本の野生植物(新野生3)に準拠して、バラ科を更新した。旧版やFlora of Japan と異なる見解についても従っているが、そうできなかったものもある。

旧版のナシ亜科とサクラ亜科はシモツケ亜科に含めるのであるが、亜科名としてのSpiraeoideae には Amygdaloideae という先行名があるので、こちらを採用しモモ亜科とした。(命名規約 2012,メルボルン・コード 19条5項、例.5)

旧版はPrunus(サクラ属)を大きく捉えていたが、新版では4属に分け、Amygdalus, Armeniaca, Microcerasus はPrunusに含めているので、そのようにした。

その他、開花季節の記述を加え、いくつかの種に写真を加えた。分布の記述をTDWGの区分に合わせると共に、訂正を行った。日本の固有種についての間違いも正した。

スイレン目からクスノキ目の見直し

APGⅢ スイレン目からクスノキ目の見直しを行った。
変更箇所は以下の通り:

ジュンサイ科 分類体系の違いを表にした。

スイレン科 分類体系の違いを表にした。
サイジョウコウホネを雑種とする学名表現を採用。

マツブサ科 分類体系の違いを表にした。
ウラジロマツブサを品種とする学名表現を採用。

モクレン科 天然記念物の、市原の大こぶし、莇原のオガタマノキのリンクを更新。
クスノキ科 天然記念物のリンク更新(県・市のサイト更新による)
       ヒメクロモジを独立種とする学名表現を採用。
その他  全体として、県内に変種、品種がある基本種名のみ オートニムを付けることにした。
ただし、学名のABC順索引ではオートニムを付けない。