天然記念物の指定解除

本日の中国新聞紙上に、「世羅のウラジロガシ」と「原田のエノキ」が枯死、県指定天然記念物指定解除となったとの記事があったので、本編の該当部分を訂正した。

原田のエノキは2011年と2012年に写真を撮影し、昨年6月には枯死しているのを確認していた。
新聞記事では、2004年9月の台風で枝が折れたのが衰弱の原因のように書かれている。しかし、これは原因と結果の取り違えではないか。材に腐れが入っていたから、台風で折れたのだろう。 生育場所は平坦地で地下水位が高い。根系が酸素不足で枯死し、腐朽菌が侵入していたと思われる。エノキは踏みつけ耐性はあるが、過湿には強くない。里程木のように、盛土に植えられていればもう少し長生きしたかもしれない。ただ、市教委による推定樹齢400年というのは、多くの樹木にとって、ひとつの限界年齢である。

原田のエノキ(2012年7月)

ありし日の原田のエノキ(2012年7月) 主幹が失われ、枝が支えられている

ニホンジカとカモシカ

10月には三回ほど、つくば市か東京に行く用件があり、帰途を利用して滋賀県のコケ調査を行ってきた。近畿地方はシカによる食害のため、山地の草本植生が著しく貧弱になっている。下の写真はウラジロガシ林の領域でアカシデが優占する自然林であるが、林床に草本がほとんど見られない。路傍にはシカが嫌う植物だけが生えている状態。

ニホンジカによる食害

ニホンジカによる食害で林床植生が失われた広葉樹林

 次の日には、やや北部の山に入った。林道の脇にカモシカが立って、こちらを見ているのに出会った。あいにく、広角専用のコンパクトカメラしか用意してなかったので、不鮮明な写真しか撮れない。私がカモシカに出会うのはいつも林道で、険しい場所で会ったことが無い。この山の林床には低木や草本があり、食害がひどくないようす。ニホンジカは自然植生を食いつくし、バランスを保つことができないが、カモシカは共存できるということを聞いていたが、納得できる。

林道に現れたカモシカ

林道に現れたカモシカ、このあたりの植生は豊かである

 8月末から日本植物分類学会の野外研修会が広島県で行われたのだが、南九州や近畿から参加された方々が、広島県の植物が豊富であると、異句同音に述べられた。広島県でも地域によってはシカの密度が高いが、芸北地方は雪が多いために繁殖が制限されている。何とか、この程度の頭数に収まって欲しいものだ。

三保の松原

昨日、富士山が世界遺産に登録決定、静岡県の三保の松原も含まれることとなった。本日のニュースでは、逆転劇を生んだ日本のロビー活動が紹介されている。地域のつながりを広く捉えるという考え方が各国に理解され、賛同意見を得たということが嬉しい。

三保の松原は、マツ林の保護活動でも良い手本となっている。地元の住民のマツを守るという意識が極めて高く、マツ枯れ対策のための薬剤防除を、有害と知りつつ受け入れているからだ。下の写真は、1991年10月に訪れた際に撮影した。数百年を超えるような大樹は多くないが、若い後継樹が多数見られる。林床に過剰に貯まった落葉を取り除き、土壌を貧栄養の状態に維持すれば、後継となるマツはいくらでも生えてくる。もちろん、広葉樹林に誘導するためには落葉を貯める方が良いのだが、潮風を常に受ける砂丘海岸に広葉樹の防風林は成立しない。

三保の松原の内部

後継樹が多いマツ林の内部

 ここでは、2005年までマツノマダラカミキリ防除のための薬剤がヘリコプターで散布されていた(空中散布)。薬剤散布は病原体の媒介をするマツノマダラカミキリを抑えるのには有効であるが、人間を含む他の生物にとっても有害である。この事実を行政と住民の双方が認識し、被害を最小限に、効果を最大限にする協力をしていた。その内容は、実に単純、明快。マツ枯れ防止の講演会などでは度々紹介させていただいた。

 最近の様子を調べると、静岡市の「名勝三保松原保全育成事業の現況」があった。これによると、空中散布を止めてから急激に枯れが進行したものの、2007年をピークに抑え込んでいる。枯れ木・枯れ枝の除去と消毒(殺虫)を徹底し、予防薬剤の樹幹注入対象を増やしたそうだ。樹幹注入剤は樹体内に侵入した病原体のマツノザイセンチュウが増殖するのを抑制するもので、外界への影響はほとんど無い代わり、マツそのものに負担がかかる。

 三保の松原といえば「羽衣の松」。「なるほど、あの枝に羽衣を掛けたのか!」と言わしめるほど立派な枝ぶりであったが、その枝が枯れていた。ただし、腐朽菌によるもので、材線虫病ではないと診断された。市(当時は清水市)の観光課の話では、「羽衣の松の樹齢が伝説の年代に合わない」という「無粋な苦情」が年に数件あるとのこと。「羽衣の松」の伝統は、ある秘策によって永久に守られる。ただ、秘策は公開できないから秘策。

と思っていたら、既に公開されていた(平成22年10月)「三保「羽衣の松」が世代交代しました! ‐ 静岡市」と。紹介ビデオ「三保羽衣の松 世代交代」にあるように、姿かたちの良い多数の候補から、厳しく選抜された結果、決して世襲ではない。

天然記念物のエノキ

本日(2月26日)の中国新聞(17版)社会面に、「エノキ実はムクノキだった」という大きな見出しがあった。尾道市指定の天然記念物のエノキが同定間違いで、ムクノキであったという記事である。

本編の再見直しにあたって、天然記念物については、市町村指定も含めるようにしていたので、エノキの記述を点検したところ、新聞記事にある樹のことは何も書いてなかった。尾道市のウェブサイトの文化財リストには説明文がなく、201号として、エノキ 1株 とあるだけ。地名も、固有名称もないので、当サイトには記載しなかった。同じ表の212号は、椋浦艮神社のムク 1株」 と、固有名称があるので記載している。

地元で、このムクノキをエノキと呼んでいたとしたら、何の問題もない。ムクノキを「むくえのき」または単に「えのき」と呼ぶ地方は少なくないからだ。「八坂書房:日本植物方言集成」には、茨城県と石川県があげられている。ただし、渡辺泰邦(2001)「広島県の植物方言と民俗」では、ムク、モクの2つの呼び方が採録されているが、「えのき」は無い。

多くの天然記念物指定は、現地での呼び方を固有名称として登録し、説明文に標準的な和名を載せている。このエノキの場合は、固有名称を「平のエノキ」、説明文にニレ科のムクノキと書くべきであった。広島県植物誌では、エノキの項(p.105)に『御調町天「平のエノキ」』の記述があるので、これは間違いとなる。

新聞に掲載された写真の説明看板を見ると、「ツバキ科の常緑高木」の文字が読める。この間違いには気づいて欲しかった。専門家云々の話ではない。落葉樹だということは誰でも分かる。

ということで、現地検証の大切さを再認識させられた。個別の天然記念物調査報告を引用する必要もある。こちらは、本編の記述が一巡してから取り掛かりたい。この記事を書く過程で、本編の記事中に別の間違いも見つかった。こちらは、密かに修正しておく。

本編の再見直しは、ケシ科まで行った。