2016年の計画

新年にふさわしく、ヘッダー写真をミチノクフクジュソウに変更した。

読者からのコメントで、「自己紹介」の場所になされていたものを、「郵便受け」に移し替えた。
また、コメントは新しいものが上部に表示されるよう変更した。前々から気になっていたが、WordPressの仕様と諦めていたところ、「投稿」ではなく「ディスカッション」の設定に投稿の表示設定があり、簡単に変更できた。

植物ノート本編の構成については、混乱があった。今後は、以下のように統一する。

  1. 1頁の表示は6~8分類単位にとどめる(索引の長さを超えない)。
  2. 同じ科であれば複数の属を1頁に納めることもある。
  3. ただし、エングラー分類体系とAPGⅢ分類体系で矛盾しない区分とする。
  4. 最初に表示される科名索引は50音順とするが、各体系だけに通用する索引などでは、その体系の索引を優先的に表示する。
  5. 科の記載(属や種の数、分布域など)はAPGⅢ分類体系の科で記述する。
  6. 頁最下部のリンクは、同じ科内の他の頁、エングラー分類体系で、前・次の科名とする。
  7. ネットに繋がっていない環境下でノートを読むため、以下のようにする。
    • 植物ノート別冊に記述した内容の内、分類群に関する部分は本編の頁とする。
    • Googleのサイト内索引に加えて、自己完結する索引を設ける。
  8. 以上の方針による再編成はキツネノマゴ科まで進んだ、2016年中には全体を終え、さらに内容充実するよう努める。

読者からのご指摘で、気がつかなかった多くの間違いを修正することができた。引き続き、お願いしたい。

本編の科名索引を50音順にする

本編の表示と配列方法については、たびたび変更してきた。
エングラー分類体系とAPGⅢ分類体系の並存は修正もれが生じる可能性があるので、個別ページは一つに限り、両方の分類体系からたどれるようにした。また、ページの充実に備えて、1頁の分類単位数を6~8以内にした。これは、右側の科名索引の長さを超えない長さ。

標準の科名索引は50音順とした。エングラー体系でも位置を忘れ勝ちなのに加えて、APGⅢ分類体系は到底覚えられないからである。分類順索引への切り替えは索引上端で選択する。

ページ下のリンクは同一科内のページの他、前後(エングラー体系)の科へ進めるようにした。これは、自分が便利だから。

タブレットやスマートフォンに落として、ネットの無い環境で使うためには、FTPアプリを使ってダウンロードする。
ホストのアドレスは ftp.world.coocan.jp  初期フォルダは /forests.world.coocan.jp/homepage/flora で flora 以下の全ファイル、サブファイルの中身をダウンすればよい(サイズは画像込みで約90MB)、anonymous でアクセスできるはずだが、私のandroid アプリでは、正しいパスワードが無いとつながらないので、豊作を検討している。
内部ファイルを読めるブラウザを使う。html リーダーは問題ない。手元のフォルダ名(flora を推奨)の中にある.html ファイルのどれかを読めば良い。FireFox は内部ファイルも読めるが、android 版のインターネットエクスプローラでは読めない。

 

 

広島の植物ノートを野外で見る

広島の植物ノートの登載は、一応終わったので、修正と追加を続けて行くことになります。

大きな目標は、タブレットやスマートフォンを使って野外で参照すること。もちろん、電波の届く場所でスマートフォンを使えば、何時でも、見られるわけですが、私はガラケーしか持っていないので、Nexus 7の本体メモリに納めて、野外で重宝しています。

onTablethttp://forests.world.coocan.jp/flora/ のディレクトリ以下を、その機の内部メモリやカードメモリにコピーするだけで良い、フォルダ名はflora でも何でも良い。
データの総量は現在 90MB以下、写真数が倍になっても200MBには届かないでしょう。
サブディレクトリの /fig /fi2 /fi3 は写真、/issue は別冊記事 /huroku は古いごみ。
アクセス権限のない友人に試してもらったところ、問題なくダウンロードできたそうです。

念のために、書いておきますが、
 データや画像を「個人的使用」の範囲でコピーすることは、著作権を侵害しないので、自由です。しかし、これを、自分のウェブサイトやブログ上に載せる(出所を明示しないで)、コピーを他人に渡す、などは明白な著作権侵害となります。私はこの方面にうるさいので、違法行為にはしっかり対応させていただきます。他の人が欲しがったら、ダウンロードの仕方を教えてください。自分のコピーを複製してはいけません。

本体にダウンロードしたデータを見るのは、それぞれのブラウザーやhtml リーダーで、.html の拡張子が付いたファイルを読むだけです。
ブラウザーの中には、インターネット上のファイルは読めても、メモリ内のファイルは読めないものがあります。例えば、Android では、Chrome、Google がだめで、Firefox は読める。iOS は iPad で試み、断念しました。Windows は問題なし、html リーダーならば、どのOSでも読めるはず。
フォントの大きさ設定は標準や中とすることで、写真と文字のバランスがとれます。

今後の改善案として、以下を考えています。

  1. 写真が無い種に写真を付ける。もし、使わせていただける写真があれば、撮影者のクレジットを付ける条件で使わせていただきたい(トリミング、強く圧縮して使いますが、もとの写真はオリジナルに限ります)。
  2. 引用すべき文献があれが、追加する(現在、北広島町の種子植物を追加中)
  3. 種名索引を作る。現行の索引はGoogle が働いているので、ネットに繋がっていないと使えない。科名が思い出せないというボケ対策に必要。。
  4. 属以下の検索表を作る。現在は、私が少し解っているグループだけに有り、
    よくわからないグループと、よく分かっているつもりのグループにはない。
  5. 画面のスクロールで表示するのを6~8種(分類単位)に抑える。
    (科名索引の長さを超えない様にする)
  6. APGⅢ分類体系との並存は科名索引と相違が有る科の最初の頁で行う。
    (一時、体系によりで科名索引を替えていたが、初期表示はエングラーに固定)
  7. タブレットやスマートフォンにデータを落とすための機能(又はアプリ)を付ける。
    (更新されたファイルのみをダウンロードして、同期する仕様)

 

 

 

イネ科の登載を完了

本編への登載がイネ科を終えた。完了とは言い難いが、一応、終わらせた。

最近の見解に従って、アオカモジグサをケカモジグサに、タイシャクカモジをエジカモジグサに含めてあるが、イネ科の属・種の見出しには両方の名を残してある。
当然あると思っていた種の写真が無く、逆に、撮影したことを覚えていない種の写真が見つかることもあった。これは、画像ファイルをファイル名で検索できるから可能になった。十数年前まではリバーサルフィルムに頼っていたから、何か必要がある度に探し回っていたことを思い出す。

あとは、カヤツリグサ科を残すのみ、予定では20頁、イネ科の半分であるが、更に写真が少ないことが予想される。標本があっても同定できないものが多いのだから、写真だけで判断することは困難である。

全体が終わった段階で、持ち出しファイルの提供方法を考えたい。私自身がNexus 7にファイルを入れて、野外で重宝している。さらに、写真の差し替えと追加、検索表の作成を進めていきたい。

本編の再構成

広島の植物ノート(本編)はラン科を終え、イネ科とカヤツリグサ科を残すのみとなった。両科については、Flora of Japan IVの刊行が遅れており、従うべき見解が良く分からない。私自身には各種の見解を取捨選択する知識がないので困っている。

そこで、イネ科とカヤツリグサ科については問題の少ない属だけを進め、その間に、登録済みの種についての記述、写真の更新を優先する。APGⅢ体系の組み込み、分布域の表現等について、途中で変更しながら十分に遡及できていなかったものを直す。

  1. 属内の検索表をできるだけ作る。
  2. 写真を追加・更新する。
  3. 広島県内の文献として、「広島県植物誌」刊行後の主要文献として「北広島町の種子植物(2014)」を加える。
  4. 世界の分布域の表現を、Brummitt, B.K. 2001. World Geographical Scheme for Recording Plant Distributions, Edition 2. の表現に合わせる。
  5. 科の分類と配列について、エングラー分類体系とAPGⅢ分類体系の両方に対応させるが、更新の便宜のため、属・種の記述部分は同一のテキストを用いる。
    そのため、各ページの右側の科名索引はAPGⅢや50音順索引から飛んでも、エングラー体系が最初に表示される。(PHP等を使用せず、html 5 でのみ記述するため)
  6. サイト内の検索はGoogleのシステムを使用しているが、再構成後はサイト内で検索が完結するようにする(8項の対策)。
  7. 別冊記事のうち、種の説明は、本編内で参照できるようにする(8項の対策)。
  8. ノートPC、タブレット、スマートフォンで、インターネットの接続しないまま、図鑑代わりに野外で本編が閲覧できるよう、持ち出し用ファイルを公開する。
    現在、ディスク上のサイズは73.1MB(ファイル数: 2,172)である。完結しても100MB未満で全ページが閲覧できるはず。現在、Windows PC、Sharp Zaurus、Android タブレットのNexus 7で使用している。