APG対応の見直しを終える

改訂新版 日本の野生植物 第1巻~5巻に合わせて、配列をAPG対応とし、分類と分布の見直しを行っていたが、ようやく終了した。見直しに3か年を要したので、この間、写真等の追加が不十分であった。今後な内容に充実に努める。

セリ科まで見直し

大橋広好・他(編)2017. 改訂新版 日本の野生植物 第5巻に従った見直しをセリ科まで行った。種の範囲、分布域が変更となったものが少なくない。

日本の野生植物 草本Ⅱ 離弁花類が1982年刊行だから35年たっている。この間、Flora of Japan, Vol. IIa が2006年に刊行されているわけだが、どうも、Flora of Japanの見解が引用されていないように思える。記述量は Flora of Japan の方が圧倒的に多いので、分類に関する見解が良く分かったのだげ、新野生5では分かりづらい。しかし、より新しい成果に従う他はないのだろう。

少し前の見直しから、索引からの飛び先を種単位にしている。従来は大まかな種群に飛んでいたから、より見やすくなったはず。ただ、飛び先のキーと索引の書き直しは手間がかかり、直しを忘れていた科もある。残りの3科のが終わったら、随時見直しを行い、写真の追加・差し替えを行う予定である。

 

以前の記事中の写真を復活

先月中、WordPressのバージョンアップと、古いプラグインとの相性が悪かったのか、表示がおかしくなり、記事の更新ができなくなっていた。WordPressを入れなおして解決したのだが、記事に添付した写真まで消してしまったらしい。

訪問者が多かったイズモコバイモとホソバナコバイモの記事、ミチノクフクジュソウとシコクフクジュソウの記事で写真が表示されないことから、写真の消失に気づいた次第である。バックアップデータから入れ直し、上記の2記事が正常に表示されることを確認した。

2016年の計画

新年にふさわしく、ヘッダー写真をミチノクフクジュソウに変更した。

読者からのコメントで、「自己紹介」の場所になされていたものを、「郵便受け」に移し替えた。
また、コメントは新しいものが上部に表示されるよう変更した。前々から気になっていたが、WordPressの仕様と諦めていたところ、「投稿」ではなく「ディスカッション」の設定に投稿の表示設定があり、簡単に変更できた。

植物ノート本編の構成については、混乱があった。今後は、以下のように統一する。

  1. 1頁の表示は6~8分類単位にとどめる(索引の長さを超えない)。
  2. 同じ科であれば複数の属を1頁に納めることもある。
  3. ただし、エングラー分類体系とAPGⅢ分類体系で矛盾しない区分とする。
  4. 最初に表示される科名索引は50音順とするが、各体系だけに通用する索引などでは、その体系の索引を優先的に表示する。
  5. 科の記載(属や種の数、分布域など)はAPGⅢ分類体系の科で記述する。
  6. 頁最下部のリンクは、同じ科内の他の頁、エングラー分類体系で、前・次の科名とする。
  7. ネットに繋がっていない環境下でノートを読むため、以下のようにする。
    • 植物ノート別冊に記述した内容の内、分類群に関する部分は本編の頁とする。
    • Googleのサイト内索引に加えて、自己完結する索引を設ける。
  8. 以上の方針による再編成はキツネノマゴ科まで進んだ、2016年中には全体を終え、さらに内容充実するよう努める。

読者からのご指摘で、気がつかなかった多くの間違いを修正することができた。引き続き、お願いしたい。

本編の科名索引を50音順にする

本編の表示と配列方法については、たびたび変更してきた。
エングラー分類体系とAPGⅢ分類体系の並存は修正もれが生じる可能性があるので、個別ページは一つに限り、両方の分類体系からたどれるようにした。また、ページの充実に備えて、1頁の分類単位数を6~8以内にした。これは、右側の科名索引の長さを超えない長さ。

標準の科名索引は50音順とした。エングラー体系でも位置を忘れ勝ちなのに加えて、APGⅢ分類体系は到底覚えられないからである。分類順索引への切り替えは索引上端で選択する。

ページ下のリンクは同一科内のページの他、前後(エングラー体系)の科へ進めるようにした。これは、自分が便利だから。

タブレットやスマートフォンに落として、ネットの無い環境で使うためには、FTPアプリを使ってダウンロードする。
ホストのアドレスは ftp.world.coocan.jp  初期フォルダは /forests.world.coocan.jp/homepage/flora で flora 以下の全ファイル、サブファイルの中身をダウンすればよい(サイズは画像込みで約90MB)、anonymous でアクセスできるはずだが、私のandroid アプリでは、正しいパスワードが無いとつながらないので、豊作を検討している。
内部ファイルを読めるブラウザを使う。html リーダーは問題ない。手元のフォルダ名(flora を推奨)の中にある.html ファイルのどれかを読めば良い。FireFox は内部ファイルも読めるが、android 版のインターネットエクスプローラでは読めない。