かしわもち(柏餅)の葉 2014年追記

5月になった。例年通り、検索による当サイト訪問は「かしわもちの葉」がらみが目立つ。
Counterize II というプラグインが解析してくれた Most searched keywords today(20) によると、
柏餅の作り方、柏餅の葉、かしわ餅 葉、柏もちの葉、柏餅の葉っぱは何、サルトリイバラ 柏餅、柏餅の葉の作り方、柏餅 葉 種類、柏餅に使う葉の名前 などのキーワードが並んでいる。

新しい情報を、いくつか紹介する。

まず、本年の端午の節句は現代の暦の5月5日ではなく、6月2日(月曜)となるはず(新暦・旧暦変換サイトによる)。サルトリイバラカシワホオノキの葉が使えるのはその頃であって、今は、まだ早い。

2012年にカシワの葉の新たな輸入元として登場したベトナムが2013年の輸入統計から消え、中国だけに戻ってしまった。(輸入に頼る)カシワの葉を使った「かしわもち」は和菓子ではなくもはや中華菓子なのか?ここは、元祖のサルトリイバラに回帰して欲しいところ。更新したグラフを以下に示す。

カシワの葉の国別輸入量

2013年までのカシワの葉の国別輸入量(財務省貿易統計)

サルトリイバラの葉の国別輸入量

2013年までのサルトリイバラの葉の国別輸入量(財務省貿易統計)

2013年1月から12月までの「かしわの葉」の総輸入量は720トン(乾重)、3億9千万円、同じく「さるとりいばらの葉」は102トン、7千250万円である。なお、北朝鮮を原産地又は船積地域とする全ての貨物の輸入禁止措置は継続中である。

柏葉市図」と「端午市井図」の公開
昨年、東京都公園協会発行の「緑と水のひろば」71号14-15頁に書いた記事が、ウェブサイトでも見られるようになった。編集部のご尽力により、鮮明なカラー写真を元にしているため、PDFファイルの拡大からでも、かなり詳細な部分が読み取れる。
カシワが分布していない関東平野で何故?という疑問が残っていたが、斉藤慎一氏の著作によって納得できたので、そのことも書いている。タンニン採取のためにカシワを植栽していたということだ。江戸時代の木材利用でカシワが他樹種より優れているのはこの点だけである。タンニン用に樹皮を採取すれば、葉が余る、その葉を竹皮やサルトリイバラの葉の代用としたようだ。廃物利用という発想は長命寺の桜餅と同じだが、古書によればかしわもちの方が先にできていたらしい。

⇒ 特集-Ⅳ かしわ餅のまとめ

 

ほお葉むすび

ホオノキの大きな葉は炊し葉(かしわ)として、様々な使い方がある。中部地方から中国山地で見られる「ほうば飯」は、ホウノキの若葉を葉柄を中心に放射状に編み、暖かいご飯を載せて、周りから葉を折り返して包んだもの。田植え時の昼食として畦に持ち込んだ。芸北の山間地で実物を見たのは1960年代で、それ以降は、広島を離れていたこともあり、見ていない。

休憩中に、立ったまま、ほう葉むすびを食べる早乙女

花田植えの休憩中に、立ったまま「ほう葉むすび」を食べる早乙女(そうとめ)

北広島町大朝で毎年行われる「新庄のはやし田」は、規模こそ小さいが、田の神を招くところから始まり、花田植えの行事すべてを一ヶ所で見ることができる。ここでは、田植えが半分済んだところで、おむすびを1枚のホオノキの葉でくるんだものが早乙女にふるまわれる。

hooba-musubi-2

ホオノキの葉で包んだむすび、むすび飯の中に煮豆が入っている

ホオノキの葉で包むのは、泥がついた手で食べるため。かしわもちのように蒸していないので保存効果は無いだろうが、甘い煮豆と塩味の飯にホオノキの移り香が加わって、実に旨い。なによりも、米が良いからだろう。

こちらでは、田の神を「サンバイさん」と呼ぶ。ところが、早乙女の列の後ろに並んで、太鼓とささらで調子をとる楽団(?)の男衆もサンバイと呼ばれる。ホオノキの葉を編んで丸いおひつ状にした「ほお葉飯」サンバイ、「ほお葉飯」を囲んで皆で食事をする行事もサンバイと、田の神にまつわるものは何でもサンバイ。

植物ノート本編の再見直しをモクレン科まで行った。APGⅢ分類体系でも科の範囲は変らないので、目次の見出しは同じものを使っている。

高尾山頂のカシワ大樹

これがミシュランガイドの効果というものか。20年ぶり位に登った東京の高尾山の混雑には驚いた。一時期は、私にとっての「ホームグラウンド」でもあった場所、薬王院の表参道となっている尾根道はともかく、吊り橋のある4号路、渓畔の6号路はすれ違う人も少なく、植物観察にはもってこいの場所であった。

東京の人にとって、「山に登ったことがある」というのは高尾山のこと、高尾山の次は八ヶ岳あたりで、ギャップは大きい。ともあれ、これだけの人数が「自然に親しむ」のは良いことに違いない。舗装道路の傍らで、腐朽の目立つ「蛸スギ」の根、表土の侵食が著しい遊歩道、という問題に目をつぶれば。

kasiwa-tree

高尾山山頂広場の傍にあるカシワの大樹、大正時代に植林されたもの

今回、確かめたかったことの一つは山頂部に植林されたカシワ林の現況である。度々記事にしているように、「かしわもち」に用いるカシワは、西日本には多いが、東京周辺にはほとんど自生していない。首都圏に住む人にとって、国産のカシワの葉を手に取ってみるには高尾山が一番手っ取り早いだろう。ここはかつての御料林(帝室林野局が管理した皇室財産で、戦後は内務省所管の国有林と合併して現在の国有林となった)であって、大正時代には、ケヤキやカツラなど、広葉樹の植林が広く行われた(高尾山の北斜面に残っている)。

以前は、本数が多く、カシワ林と呼ぶのにふさわしい姿であったが、現在は3本の大樹が残るだけである。しかも、山頂からの展望を確保するためか、ミズナラなどの大木の樹幹、枝がばっさりと切られている。カシワは広場の緑陰樹として残されたようだ。

本編の再見直しは、ニレ科クワ科について行い。APGⅢ体系も示した。

⇒ 特集-Ⅳ かしわ餅のまとめ

かしわ餅の葉、2012年の輸入量、新しい輸入国が出現

昨年のかしわ餅の葉の輸入量を調べていたら、見慣れない国番号の110があることに気づいた。これはベトナムである。「かしわの葉」だけで「さるとりいばらの葉」にはなかった。ベトナムからの、2012年の輸入量は14,880 kg (47万1千円)で、中国の 883,712 kg には遠く及ばないが、北朝鮮からの輸入が途絶えた1997年以降、はじめて、競争相手が出現したことになる。

種としてのカシワの分布は中国以東であって、ベトナムにはないから、別の種であろう。手元の資料でベトナムの Quercus を探すと、常緑のアカガシ亜属の種は多いが、落葉のコナラ亜属でカシワと同じ亜節のMesobalanusに含まれる種は見当たらない。カシワを植栽しているのかもしれない。

kasiwa-2012

カシワの葉、2012年までの輸入量 (財務省貿易統計による)
2012年のベトナムからの輸入量は約15トンであって、グラフ上では分からない

カシワの葉は、2002年を最高に、輸入量は減少する一方であったが、2012年はやや持ち直した。年間総輸入量は 898,592 kg、金額にして 3億667万円とのこと。

sarutori-2012

サルトリイバラの葉、2012年までの輸入量 (財務省貿易統計による)

サルトリイバラの葉は、2012年の年間総輸入量は100トンを下回り、 90,413 kg、金額にして 5千416万円。

zeikan-2012

かしわ餅の葉、2012年の税関別輸入量 (財務省貿易統計による)

2012年分には、通関した税関別の数値があったのでグラフにした。サルトリイバラは東京、横浜税関では扱われていない。堺、名古屋、門司の各税関の通関量は、それぞれ、1,400、2,159、2,220 kg と少ないので、グラフでは見えない。

tukibetu

かしわ餅の葉の月別輸入量 (財務省貿易統計による)

月別の輸入量を上のグラフに示した。カシワの葉は、最も必要な4,5月に備えて、1~3月の輸入が多い。サルトリイバラは5~7月に多くなっている。かしわ餅本来の時期である田植え期と、お盆に出荷が多いことが影響しているのだろう。また、サルトリイバラは国産の葉が多いためもあるかもしれない。

東京都公園協会の広報誌「緑と水のひろば」No.71(2013年春号)に「カシワの葉とかしわ餅」と題する記事を書いた。内容は取りたてて新しくはないが、葉の輸入相手国にベトナムが加わったことを初めて紹介した。

編集部の尽力で、江戸時代の「柏葉市図」と「端午市井図」を原色で載せることができたのは幸いである。掲載された図は小さいが、印刷が良いので細部まで見える。本誌は「東京パークフレンド」の会員に配布されているが、1年ぐらい経つとインターネット上にpdf版が公開されている

 広島の植物ノート 本編は、キク科-16、オグルマ連の半分まで掲載した。

 

 

 

 

かしわもちの葉 2012年追記(5) 季節別・種別の葉

2012年追記の最後として、5種の「かしわ植物」の葉を季節別に並べてみた。

サルトリイバラ かたらの葉、かからの葉、いげの葉、いびつの葉 など

北海道、本州、紫黒、九州、南西諸島の冷温帯・暖温帯に広く分布する。「本家のかしわもち」はこの葉を用いる

sarutori-1

4月下旬の関東地方、開花中で葉をとるには早い

sarutori-2

5月下旬の関東地方、少し早いが、葉は使い頃

sarutori-4

6月下旬の中国地方、果実をつけたものは葉が小さく堅めである

sarutori-5

7月上旬の中国地方、つるは伸び盛り、托葉の巻きひげが目立つ

sarutori-3

11月下旬の伊豆半島、果実が赤くなり、葉は枯れている

カシワ かしゃん葉、もちがしわの葉

南千島、北海道、本州、四国、九州の暖温帯上部から冷温帯に分布する。九州、中国山地、中部地方の火山・火入れ草原の周辺に群生するほか、北海道では海岸風衝林を形成する。江戸時代(前期、あるいはそれ以前)にこの葉を使ったかしわ餅が生み出されたが江戸周辺にはにはほとんど自生していないので、農家に植栽したり、柏葉市を通じて集めるなどされた。現在では、中国からの輸入に頼っている。

kasiwa-1

5月上旬の九州・九重高原のカシワ林、遠方はミズナラ林、葉はまだ若くて使えない

kasiwa-2

7月中旬、北海道海岸林のカシワ風衝林、若葉は使い頃

kasiwa-4

8月下旬の中国山地、かつては火入れで草原が維持されていた

kasiwa-3

9月中旬、九州・九重高原のカシワ林、葉には傷が目立ち、使い難い

kasiwa-5

9月下旬の中国山地、若いドングリ状果があり、葉は堅くなっている

kasiwa-6

3月上旬、関東地方に植栽されたもの、葉は枯れている

ホオノキ ほお葉、ほほがしわの葉

南千島、北海道、本州、四国、九州の暖温帯上部から冷温帯に分布する。ホホガシワとも呼ばれ、古代の「かしわ葉」はこちらのようだ。長野県・岐阜県ではかしわもちの一型である「ほうば巻」に使用される。

hohoba

5月下旬の関東地方、食べ物の容器、包装として使われた

ハリギリ たなばら

南千島、北海道、本州、四国、九州に分布するウコギ科の落葉高木。材を樽の栓にすることからセンノキともいう。三浦半島ではこの葉でかしわ餅を作る。

harigiri

8月上旬の中国山地、これは林内の若木である。

アカメガシワ あかがしわ

本州、四国、九州、南西諸島および台湾、中国の冷温帯下部・暖温帯に分布し、二次林内や路傍に多い。新葉が紅いので、この名がある。古来、食物のを盛るのに使われたというが、現代のかしわ餅に使用される例を知らない。

akamegasiwa

6月下旬の中国地方、開花(雄花)中、若葉は使い頃

⇒ 特集-Ⅳ かしわ餅のまとめ