スイレン目からクスノキ目の見直し

APGⅢ スイレン目からクスノキ目の見直しを行った。
変更箇所は以下の通り:

ジュンサイ科 分類体系の違いを表にした。

スイレン科 分類体系の違いを表にした。
サイジョウコウホネを雑種とする学名表現を採用。

マツブサ科 分類体系の違いを表にした。
ウラジロマツブサを品種とする学名表現を採用。

モクレン科 天然記念物の、市原の大こぶし、莇原のオガタマノキのリンクを更新。
クスノキ科 天然記念物のリンク更新(県・市のサイト更新による)
       ヒメクロモジを独立種とする学名表現を採用。
その他  全体として、県内に変種、品種がある基本種名のみ オートニムを付けることにした。
ただし、学名のABC順索引ではオートニムを付けない。

裸子植物の写真追加と学名の見直し

改訂新版 日本の野生植物の刊行により、新たな見直しを行っている。

裸子植物については、一部の学名訂正と写真の追加を行った。

  1. ソテツ ソテツの全形写真を追加、自生地状態の撮影地は宮崎県であったので説明を訂正した。大隅半島で撮影したものと混同していたのが原因。
  2. イチョウ 全形写真として、黄葉したイチョウ(広島県県指定天然記念物:迦具神社の大イチョウ)を追加した。
  3. モミ 葉の写真を更新、樹形(遠景)を追加した。
  4. ツガ 特徴的な枝ぶりの写真を追加した。
  5. ハイビャクシン 独立種とする見解(The Plant Listなど)から、ビャクシンの変種とする意見(Flora of Japan 1)に戻した。
  6. ナギ ナギは独立属のNageiaとする意見と、Podocarpus に含める意見(Flora of Japan 1)の二通りがあった。最近では、独立属とする意見が支持されている。科の説明では、そのようになっていたが、ナギの記述が前のままであったので、Nageia 属に訂正した。
  7. イヌマキとラカンマキの関係について、ラカンマキが自生する独立種(Podocarpus chinensis Wall. ex J.Forbes)との最近の見解(The Plant List)に従っていたが、やはり、イヌマキの変種と見る方が素直であろう。そして、イヌマキのタイプ標本がラカンマキの方であったという発見()に従い、原品種名をラカンマキ、イヌマキをその品種とする新名に訂正した。

 

ノグルミの果実?

月例の植物観察会で瀬戸内海の小島を歩いた。島とはいっても橋で繋がっているのでで自宅から2時間足らず。

集合場所の真上にクルミ科ノグルミの大木があり、枝先に特徴のある果実が、青い空に目立っている。たまたま、林道の下に生えていて目の前に枝を伸ばしていたので、近くで、写真を撮ることができた。

ノグルミの球果

ノグルミの果穂(球果)は松かさに似ている

ノグルミの果実全体は松かさに似ている。鱗片状の苞はザラザラしており、髪の毛や毛糸にくっ付く。サルノクシ、キツネノクシなどの地方名は野生動物の頭にこの果実が付いていたからだろう。

正確にいうと、ノグルミの「果実」は鱗片の内側にある。種子のように見えるが、子房と付属物が種子をおおっているから、果実にあたる。学名のうち、属名のPlatycarya(平たい堅果)はこれが由来、種小名の strobilaceaは「球果の」という意味である。

「果実のような全体」は、果序(原色木本Ⅱ、野生木本Ⅰ)、果穂(日本植物誌)と呼ばなければならない。新牧野図鑑では、「全体は球果状」と表現している。学術用語集では、conestrobile (strobilus, strobiii)の両方を「球果」としているが、cone は針葉樹の球花・球果だけ、strobile は針葉樹と広葉樹の両方で用いられている。そこで、前者を「錐」、後者を「ストロビル」と訳して区別することがある。

花序と果序、花穂と果穂は、花と果のどちらも、カジョ、カスイと読むから、聞いただけでは分からない。しかし、いつまでが花で、いつから果になるのか、明確に区切ることはできないので、同じ発音の方が良いだろう。

クルミ科のサワグルミカバノキ科シデ属では果序が長く伸びて、球果状というより尾状である。そこで、球果状と尾状の両方をひっくるめて呼ぶときには「花穂・果穂」とするのが解かり易いと思う。

 

科名の学名綴りに間違い

APGⅢ分類体系への対応と、花期を付け加える作業をハイノキ科まで行った。何とか、今年中にキク科まで終えたいと思っている。

登載済みの科の中に、学名の綴りが間違ったものが少なからずあることを指摘された。調べてみると、その通り。rをlで誤記したもの、Berberidaceaeに母音を付け加えてBeriberidaceaeとしたものなど、間違いに全く気づかなかった。

本編を構成するファイルの名は、科の学名の語幹(aceaeを除いたもの)を使用しているので、科名見出しに加えて、リンク先まで書き換えるはめになった。

綴りを修正したのは、フサザクラ科、メギ科、カタバミ科、ジンチョウゲ科、イソマツ科、ナデシコ科、オシロイバナ科、モッコク科の8科。

まだあるかもしれないので、今後は注意したい。

ご指摘を感謝する次第である。

ヒヨドリバナの分類

本編にキク科-12 を登載するにあたり、ヒヨドリバナの取扱いが図鑑によって異なっていたので、以下のように整理した。

日本のヒヨドリバナと中国の多须公(duo xu gong, Eupatorium chinense L.)とは連続的な変異の中にあり種として区別できないとする考えがある(野生植物Ⅲ、Flora of Chinaなど)。

T.Kawahara & Yahara (1995, Flora of Japan 3b) は両者が別の種であり、中間形は雑種であるとした。
中国の多须公と区別するときのヒヨドリバナの最も古い有効な名は、キクバヒヨドリに充てられた変種名の、Eupatorium japonicum Thunb. ex Murray var. dissectum Makinoである。

キクバヒヨドリの学名を種の階級に移すと、Eupatorium dissectum となるのだが、この組み合わせは使えない。以下の先行名が存在しているためである。

  • Eupatorium dissectum (Hook. & Arn.) Benth(1845年:合法名、Hofmeisteria dissecta (Hook. & Arn.) R.M.King & H.Rob.のシノニム)
  • Eupatorium dissectum A.Gray(1883年:非合法名、Conoclinium dissectum A.Grayのシノニム)

T.Kawahara & Yahara(1995)は、このような場合の慣例に従い、元の名の著者である Makino の名を生かし

Eupatorium makinoi T.Kawahara & Yahara という新名を作った。
しがって、Eupatorium makinoiEupatorium japonicum var. dissectum は完全に同一である。

倍数体については、最も古い名である
Eupatorium sachalinense (F.Schmidt) Makino var. oppositifolia  Koidz. を元にしたEupatorium chinense L. var. oppositifolium (Koidz.) Murata & H.Koyama となる。