亥の子祭り、トンボソウの修正など

気が付いたら、今年の「亥の子祭り」が終わっていた。イノコヅチの語源と結びつける写真が調達できない。下の写真は3年前に旧市内で撮影してもらったもの。以前の記事「イノコヅチと胴突、亥の子」と見比べて欲しい。

亥の子石

亥の子石を持ち上げ、落として、「亥の子もち」を搗いている様子

再見直しは、アオギリ科まで進んだ。記事の修正、写真の追加・差し替えの他、1頁の種数を少なくして、科名索引の長さを超えないようにしている。検索表の追加は、ごく一部でしか実現できていない。

読者からのご指摘を「郵便受け」にいただき、コバノトンボソウの写真を削除、トンボソウの写真を替えた。言われてみればその通り、当方の間違いであった。こういう指摘はありがたい。

 

センダンと栴檀、白檀

5月始めの「かしわもち」が一段落して、季節の花である「センダン」をキーワードとする訪問が多くなった。

センダンの花

センダンの花

和名のセンダンと栴檀とは関係がないことは以前に述べた。しかし、栴檀が白檀の別名であるとの間違った記述が氾濫しているので、補足してみたい。

混乱の原因は漢名と漢字名、中国名の混同にある。昔の書物には「漢名」が見出しになっていて、その後に「和名」が書いてある。和名表現について古代代には漢字を使用した「万葉仮名」であったが、1700年代になるとカナ書きが普通になり、現代まで続いている。

センダン(漢名:楝)を例にすると、深根輔仁の本草和名(918)では「亜布知」、源順の和名類聚抄(935)では「阿布智」、貝原益軒の大和本草(1709)や新井白石の東雅(1719)では「アフチ、「俗にセンダン」と書かれている。

漢名を最初に書くのは、それが学術的な標準名(正名)であったためである。当時の本草学(植物学)は中国を手本としていたので当然である。ただし、日本の植物はすべて中国にもあって正しい分類が行われている、との大前提の上に成り立っている。しかも、間違いを正す仕組みがなかった。

リンネによって、現在の学名である、ラテン語の二名法が認められたのが1753年、命名規約が合意されたのが1905年である。命名規約によって、新しい植物を発見したとき、すでに別の名前がついていたとき、間違いが見つかったときなどに訂正する手順が出来上がったので、安心して使えるようになった。

ヨーロッパの人々にとってのラテン語は日本人にとっての漢語(漢文)と同様に「知識人の共通言語」であった。多くの日本人にはラテン語名より漢名の方が解り易いが、間違いを訂正する仕組みがないので、自然科学の分野ではラテン語の学名を使うしかない。

飯沼,慾斎の草木図説(1856)では、カナ書きの和名に加えて、ラテン語名(カナ書き)が書かれているので、この頃から正名としての漢名の役割が終わり、単に外国名の一つ(中国名)になったはずである。にもかかわらず、「漢名」と「和名の漢字表現」、「中国名」をごっちゃにするから訳が分からなくなる。日本で栴檀=白檀としているが、中国名の栴檀と白檀は別のものである(少なくとも現代の中国名では)。

sendan表に示すように香木のビャクダンの中国名は檀香か栴檀である。元々、ベンガル語の chandan を漢字で栴檀としただけである。「白檀」と書くとハイノキ科のカラサワフタギになる。

よって、「栴檀は二葉よりにほひ、梅花はつぼめるに香あり」という撰集抄の文章にあらわれた栴檀は、Santalum album なので、そのままでよい。ただし、「せんだん」と読むのではなく、「チャンタン」と読むのだから、「いろはかるた」では、「せ」でなく、「ち」の札となる。

結論:栴檀はセンダンではなく、チャンタンと読む、白檀は全く別の植物。漢名と中国名は別物、国際化時代に「漢名」や「和名の漢字表記」を使うのは止め、動植物名表記の基準であるカナ書きを徹底しなければならない。

シナノキ属を更新

広島市のデルタを東西に横切る百米道路は平和大通りと名付けられ、公園のような存在になっている。各地・国から寄贈された樹木も大きくなったものが多い。

植栽のいきさつが明確でない外国産樹木がいくつかあって、名ははっきりしないものがある。セイヨウボダイジュと名札のついたものが、どうも日本のシナノキと変わらないように見える。日本の図鑑類では外国産樹種との比較ができないので、栽培の可能性のある種を含めた検索表を作成した。こういうときに頼りになるのは、やはり、Rehder’s Manual、新しい情報については、RHS Dictionary、園芸植物大事典、Webサイトや各国の図鑑で形質を確かめた。

検索表を作ったので、シナノキ科(エングラー)を更新した。APGⅢ体系のアオイ科から進むと古い頁になってしまう点は未修正のまま。属以下の頁は、エングラー、APGⅢの両体系で、一つだけになるよう工夫する予定である。
別冊記事の内、本編の補足記事となるものは、同じ場所において、オフラインでも読めるようにしたい。第一号として、「ボダイジュという名」の記事を別冊から抜き出し、加筆して、参照できるようにした。

イネ科のうち、タケ類の頁を登録した。ササ類については、検索表を作る自信がないので、後回しになる予定。

「ヤマノイモ」と「やまのいも」

本編にヤマノイモ科を搭載した。広島県内で報告されている種は多く、分類が分かり難いので検索表を作成した。その後、改めて写真を見直すと、特徴が見えず、使えない写真が多かった。つるに目印を付けて、同じ個体で花と果実を比べる必要があるようだ。

「やまのいも」の名で店頭に並んでいる長い根のほとんどは種としてのヤマノイモではなく、中国原産のナガイモである。日本の自生種であるヤマノイモは自然薯(じねんじょ)とか自然生(じねんじょう)と書かれている。畑で栽培されているか、野生であるかは問わない。

食品業界ではナガイモを「やまのいも」と呼ぶのが標準のようで、文部科学省:五訂増補日本食品標準成分表(2005)及び、WEB版の日本食品標準成分表 2010 から抜粋すれば:
食品番号/植物名/部位/学名
02023/ながいも /塊根、生 /Dioscorea batatas
02024/ながいも /塊根、水煮/Dioscorea batatas
02025/やまといも/塊根、生 /Dioscorea batatas
02026/じねんじょ/塊根、生 /Dioscorea japonica
02027/だいじょ /塊根、生 /Dioscorea alata
冊子体の五訂(2000)、五訂増補(2005)には、英語名でやまのいも:Chinese yam、じねんじょ:Japanese yam と書かれているだけだったが、2010年のWEB版では、学名までしっかり表示されている。

ところが、生産者が参考にすべき農業技術書や農林水産省の文書では、牧野図鑑の表現通りに栽培種をナガイモ、自生種をヤマノイモと正しく表現しているで余計に混乱する。例えば、近畿農政局が管内の「やまのいも」を紹介した文章では:
やまのいもと言う呼び方は、人によって使われた方が様々で混乱していますが、ヤマノイモ科ヤマノイモ属で日本で食用にされている山芋(やまいも)、自然薯(じねんじょ)、大薯(だいしょ)の3つをまとめて言う場合が一般的です。山芋(やまいも)の仲間には丸い筒状の長芋(ながいも)、左右対称のバチのような形をした銀杏芋(いちょういも)、直径10センチくらいのボール状の捏芋(つくねいも)があります。関東では銀杏芋が大和いもといわれますが、関西で一般的に作られているのは「つくねいも」です。

上記の文章中では、平仮名の「やまのいも」と片仮名の「ヤマノイモ」が使い分けられている。標準的な和名は片仮名書きとする慣習が定着しているので、「平仮名の名称は標準的な和名や学術的な呼称ではない」、とする暗黙の了解がある。

片仮名表現は厳密な呼称、平仮名表現は一般的な呼称 という書き分けを利用すると、次のような使い分けもできる:

スミレ Viola mandshurica だけを指す
すみれ スミレ属のどれか(Viola sp.)、あるいは複数種(Viola spp.)

のぶき フキ Petasites japonicus の野生品で、栽培ものではない
ノブキ Adenocaulon himalaicum のこと

ただし、平仮名の植物名が地の文にあると、単語として見分けられにくくなるので「 」や ” ”で括る必要がある。

ヒメジョオン、ハルジオン、ヒメシオン

本編にキク科-8を登載した。かつてはErigeron属としてまとめられていたが、現在ではConyzaとErigeronの2つ、あるいは ConyzaErigeronStenactisの3つに分けられる。広島県植物誌は分ける方の見解であるが、一部に混乱も見られる。

ハルジオンは、ヒメジョオンと花が似ているだけでなく、名前が似ているため、ハルジョオンと間違って呼ばれやすい。さらに、ヒメシオンという植物があって、こちらもヒメジョオンと混同される。

ハルジオン

ハルジオンは春に咲くシオンであって、つぼみの時に花柄が垂れる

牧野図鑑には、以下のように混同しないよう注意書きがある。

  • ヒメジョオン(牧野図鑑(1940)p.68)和名ハ姫女菀ノ意ナリ。
  • ヒメシオン(牧野図鑑(1940)p.71)名称ノ相似タルニ因リひめじょおんト誤ルコトアリ、注意スベシ。漢名女菀(誤用)。
  • ハルジオン(新牧野図鑑(1961) p.629)春紫菀の意で、著者の命名だが、ヒメジョオン(姫女菀)との類似からハルジョオンの名が普及している。

元になっている名は中国名の女菀と紫菀であるが、牧野図鑑には「ジョオン」の説明がない。そこで、中国高等植物图鉴(巻4, 1980)、Flora of China(Vol. 20-21)で中国の現代名を確かめてみた。

  • ヒメジョオン 一年蓬 yi nian peng(Erigeron annuus)
    (Erigeron属の名としては飞蓬(飛蓬)が用いられる)
  • ヒメシオン 女菀  nü wan(Turczaninowia fastigiata 、Aster fastigiatusと同じ)
  • ハルジオン 該当する植物は無い
  • シオン   紫菀 zi wan(Aster tataricus)

牧野図鑑は誤用としているが、現代中国名の女菀は和名ヒメシオンと同じである。ちなみに、女菀、紫菀の「菀」という文字は生い茂っている様を示す。

Aster fastigiatus をヒメシオンと名づけたのは妥当であるが、外来植物のErigeron annuus に対して女菀を基にしたヒメジョオンと名づけたことが混乱の原因になった。中国名「一年蓬」のように、全く別の発想による和名を作って、シオンとジョオンを明確に区別する必要があったろう。

まとめ、以下の通り、ハルジョオン、ヒメジオンという名は存在しない

  • ハルジオン  = ハル + シオン Erigeron属にあり、2語連結の濁音
  • ハルジョオン = ハル + ジョオン この名の植物は存在しない
  • ヒメシオン  = ヒメ + シオン  Aster属にある(濁音にならない)
  • ヒメジオン  = ヒメ + シオン   この名の植物は存在しない
  • ヒメジョオン = ヒメ + ジョオン Erigeron(Stenactis)属にある