スミレ科まで、再見直し

「大橋広好・他(編)2016. 改訂新版 日本の野生植物 第3巻」に従って、記述や分布域の見直しを進め、スミレ科を終えた。
「Iwatsuki,K. & al.(eds.) 1995-2001. Flora of Japan, I-IIIb, Kodansha」では、分類単位が大きく捉えられていたのの対し、「野生植物3」は、より細かく分ける傾向にあるようだ。

記述の形式も少しずつ変わっている。和名については、標準的なものだけを先頭に置き、異名は行を変えることにした。名前が長くなる点と、文字列をコピーしたときに余計なものが含まれない様にするため。以後は、修正時に整える予定。

本編のバラ科を更新

改正新版の日本の野生植物(新野生3)に準拠して、バラ科を更新した。旧版やFlora of Japan と異なる見解についても従っているが、そうできなかったものもある。

旧版のナシ亜科とサクラ亜科はシモツケ亜科に含めるのであるが、亜科名としてのSpiraeoideae には Amygdaloideae という先行名があるので、こちらを採用しモモ亜科とした。(命名規約 2012,メルボルン・コード 19条5項、例.5)

旧版はPrunus(サクラ属)を大きく捉えていたが、新版では4属に分け、Amygdalus, Armeniaca, Microcerasus はPrunusに含めているので、そのようにした。

その他、開花季節の記述を加え、いくつかの種に写真を加えた。分布の記述をTDWGの区分に合わせると共に、訂正を行った。日本の固有種についての間違いも正した。

改正新版 日本の野生植物3

本来は4月下旬に刊行されているはずだった第3巻が、午前中に届いた。バラ目の残りバラ科、ブナ目からムクロジ目まで。APGⅣ分類体系をも考慮したということであるが、実質的な変更はほとんどない。

APGⅢへの対応で変えざるを得なかった科の和名について、ペンタフィラクス科としていたPentaphylacaceae をサカキ科、ガリア科としていたGarryaceae をアオキ科としたことが明記されている。今後は、本サイトもそのようにする。第2巻までの対応が一段落したばかりだったので、良いタイミングであった。

%e6%96%b0%e7%89%883今後は、改正新版を基に、本編の手直しを行う。普通に栽培されている種、定着した外来植物も含めて記述されているため、より実用的な図鑑になっている。

幾つか気になる点を挙げると、ブナ科の果実が「堅果」とされていた。第1巻の感想で述べたとおり、巻頭の用語図解に合わせたのであろうが、現行の学術用語集とは異なっている。90頁の「堅果」はacornであり、nutではない。

オトギリソウ科のコケオトギリについて、「Flora of Japan 2a」(N.K.B.Robson, 2006)で、ヒメオトギリと同種で「Variant」とされたものが、旧版と同様に別種とされ、Robsonの見解については全く言及されていない。The Plant List では Flora of Japan 2a の見解が採用されているので、説明が欲しいところである。

フウロソウ科のヒメフウロについて、産地に広島県が加えられた他、「北海道と本州の各地で栽培品が逸出・帰化している」と明記された。

APGⅢの分類体系への書き換え、イラクサ科まで

改訂新版 日本の野生植物の刊行を受けて、4月より見直しを行っていた。

一応、イラクサ科までの見出しと配列、リンクの順序をAPGⅢ分類体系を主に、エングラー体系を従として書き直した。合わせて、学名・和名の変更、分布域の修正を行った。新版第2巻では、バラ目のイラクサ科まで、バラ科以降は刊行が遅れている。入手次第、見直しを進める予定。

第3巻が4月、第5巻と総索引が夏には刊行されるとのことであったが、心配していたとおりになった。全巻予約で代金は支払い済み、生きているうちに刊行され、当サイトの見直しも完了としたい。もちろん、微修正や、写真の追加等は随時行う。

ヒメフウロは逸出したものか

オランダフウロとして掲載していた写真がヒメフウロではないかとの指摘を受け、見直したところ、確かにそうであった。外来のフウロソウ科という先入観で、写真にオランダフウロと名付けていた。よく見れは、葉の形が全く異なる。

本編の記述にあるように、ヒメフウロは「広島県植物誌」に記述が無く、2010年の「植物誌補遺」 のp.16に再発見されたことが書かれている。また、2007年の、「広島外来」には逸出の記号を付して登載されている。

ヒメフウロについて、最新の図鑑等を見ると、2001年のFlora of Japan 2b では、国内分布が本州(岐阜県、三重県、滋賀県)と四国(剣山)の森林と草地とされ、北半球の温帯に広く分布していることが記述され、2003年の「帰化植物」には記述が無い。

本編で、ヒメフウロとして載せていた写真は四国の剣山の林下で撮影したものであった。庭先に生育しているものに比べ、柔らかくて、紅葉していない。そこで、もう1ヶ所の自生地である伊吹山に行き、新たに撮影してきた。ここは、草原の路傍(石灰岩の陰)であり、葉がやや硬く、紅葉している。つまり、市街地に生育しているものとほぼ同じである。花の拡大では、雄しべが見えないものと目立つものがある。伊吹山には、イブキノエンドウのように、ヨーロッパ原産の植物が導入され、定着したものがあるの。ヒメフウロも同じ状態かも知れない。

伊吹_ヒメフウロ

伊吹山のヒメフウロ

ヒメフウロ花

伊吹山のヒメフウロ、雄しべが見えないものと目立つものがある

市街地の土壌はアルカリ化するのが普通だから、石灰岩地と共通する植物が生育してもおかしくない。広島県のヒメフウロは本来の自生でなく、外来植物と見なしてよさそうである。