トウダイグサ科ニシキソウ属の見直し

広島県産のニシキソウ属に外来種の2種が追加されているとの”外圧”を受けたので、ハイニシキソウとアレチニシキソウを追加。元々、この仲間は良く分からなかったので、検索表を組み立てた。何となく、解るような気分となったので、手持ちの写真を再検討したが、コニシキソウとオオニシキソウのみで、他の種は見つからなかった。

合わせて、トウダイグサ科の索引頁を独立させた。

スミレ科まで、再見直し

「大橋広好・他(編)2016. 改訂新版 日本の野生植物 第3巻」に従って、記述や分布域の見直しを進め、スミレ科を終えた。
「Iwatsuki,K. & al.(eds.) 1995-2001. Flora of Japan, I-IIIb, Kodansha」では、分類単位が大きく捉えられていたのの対し、「野生植物3」は、より細かく分ける傾向にあるようだ。

記述の形式も少しずつ変わっている。和名については、標準的なものだけを先頭に置き、異名は行を変えることにした。名前が長くなる点と、文字列をコピーしたときに余計なものが含まれない様にするため。以後は、修正時に整える予定。

本編のバラ科を更新

改正新版の日本の野生植物(新野生3)に準拠して、バラ科を更新した。旧版やFlora of Japan と異なる見解についても従っているが、そうできなかったものもある。

旧版のナシ亜科とサクラ亜科はシモツケ亜科に含めるのであるが、亜科名としてのSpiraeoideae には Amygdaloideae という先行名があるので、こちらを採用しモモ亜科とした。(命名規約 2012,メルボルン・コード 19条5項、例.5)

旧版はPrunus(サクラ属)を大きく捉えていたが、新版では4属に分け、Amygdalus, Armeniaca, Microcerasus はPrunusに含めているので、そのようにした。

その他、開花季節の記述を加え、いくつかの種に写真を加えた。分布の記述をTDWGの区分に合わせると共に、訂正を行った。日本の固有種についての間違いも正した。

改正新版 日本の野生植物3

本来は4月下旬に刊行されているはずだった第3巻が、午前中に届いた。バラ目の残りバラ科、ブナ目からムクロジ目まで。APGⅣ分類体系をも考慮したということであるが、実質的な変更はほとんどない。

APGⅢへの対応で変えざるを得なかった科の和名について、ペンタフィラクス科としていたPentaphylacaceae をサカキ科、ガリア科としていたGarryaceae をアオキ科としたことが明記されている。今後は、本サイトもそのようにする。第2巻までの対応が一段落したばかりだったので、良いタイミングであった。

%e6%96%b0%e7%89%883今後は、改正新版を基に、本編の手直しを行う。普通に栽培されている種、定着した外来植物も含めて記述されているため、より実用的な図鑑になっている。

幾つか気になる点を挙げると、ブナ科の果実が「堅果」とされていた。第1巻の感想で述べたとおり、巻頭の用語図解に合わせたのであろうが、現行の学術用語集とは異なっている。90頁の「堅果」はacornであり、nutではない。

オトギリソウ科のコケオトギリについて、「Flora of Japan 2a」(N.K.B.Robson, 2006)で、ヒメオトギリと同種で「Variant」とされたものが、旧版と同様に別種とされ、Robsonの見解については全く言及されていない。The Plant List では Flora of Japan 2a の見解が採用されているので、説明が欲しいところである。

フウロソウ科のヒメフウロについて、産地に広島県が加えられた他、「北海道と本州の各地で栽培品が逸出・帰化している」と明記された。