マツ科 Pinaceae-1

 世界に11属、252種が知られ、日本には6属、24種が自生する。
 Abies   モミウラジロモミ
 Cedrus  ヒマラヤスギ
 Larix   カラマツ
 Picea   ドイツトウヒ
 Pinus   アカマツタギョウショウクロマツアイグロマツ    (検索表
      ダイオウショウチョウセンゴヨウヒメコマツ、ゴヨウマツ
 Tsuga   ツガ


モミ Abies firma Siebold & Zucc.
秋田・岩手県以南の本州、四国、九州の暖温帯・冷温帯下部に分布する雌雄異花同株の常緑高木、日本固有種。
広島県:沿岸地から山地にかけてモミ・ツガ林を形成、土壌が厚い立地ではモミだけが優占する。社寺・公園などに植栽される。5月頃に咲き、当年の10月頃に熟す。
広島県植物誌 p.77;海山博物 p.258;東城町植物誌 p.71;呉市植物誌 p.69;宮島植物 p.91;呉市目録 p.18;宮島植物 p.91;北広島町 p.170; 広島県の植物図鑑へ

岩峰、岩壁の多い西部山間地の山地に多く、東部山間地には少ない。ツガが岩石地で優占するのに対して、モミは腐食の多い厚い土壌の場所で優占する傾向がある。そのため、低地の崩積地や砂丘地など、水はけが良い土壌ではしばしばモミの純林が形成される。宮島の大元公園のモミ林は神域として保護されたために自然林として残っているが、多くの低地モミ林は耕作地・植林地となっている。

広島県指定天然記念物
 庄原市口和町      湯木のモミ
市町村指定天然記念物
 庄原市高野町新市    上市大山神社のモミ(2本)
 三次市甲奴町小童193   広石のモミ
 三次市甲奴町有田895   法専寺のモミ
 三原市大和町上草井   上草井八幡神社のモミ
 北広島町溝口      溝口のモミ
 安芸高田市高宮町船木  船木のモミ

モミの葉
扁平な針葉が2列に着き、葉先が2裂して、鋭い針状になる。
この特徴(幼形という)は、若木やひこばえの葉で顕著

落葉樹林のモミ
ミズナラ・コナラの黄葉と、混生するモミ(もみのき森林公園)

ウラジロモミ Abies homolepis Siebold & Zucc.
福島県以南紀伊半島までの本州、四国の冷温帯・亜高山帯下部に分布する雌雄異花同株の常緑高木、日本固有種。
広島県:山間地に稀に植栽されている。

ウラジロモミ
ウラジロモミ 若枝に毛が無く、葉の先端が針状になることはない



ヒマラヤスギ Cedrus deodara (Roxb. ex Lamb.) G.Don
温帯アジア・熱帯アジア(アフガニスタン東北部からネパール西部)原産、世界の冷温帯・暖温帯に植栽される雌雄異花同株の常緑高木。
広島県:公園樹、街路樹として島嶼部から山間地に植栽され、10~11月に咲き、翌年の秋に熟す。
呉市目録 p.18;
ヒマラヤシーダーという和名は英語名のHimalayan cedarから(標準的にはdeodar cedar)、シダ類ではない。市街地のアルカリ土壌によく耐え、円錐形の美しい樹形 となることから都市域に植栽される。剪定に耐えるので造形が可能。庄原市東城町の道の駅前の国道には円柱状に選定されたヒマラヤスギの街路樹が並んでいる。

若い雄花をつけたヒマラヤスギ
若い雄花(雄性球花)を着けたヒマラヤスギ



カラマツ Larix kaempferi (Lamb.) Carrière
- Larix leptolepis (Siebolod & Zucc.) Gordon
南東北、中部地方の火山地帯に分布する雌雄異花同株の落葉高木、日本固有種。
広島県:備北山地、芸北山地の一部に植林され、5月頃に咲き、当年の秋に熟す。
広島県植物誌 p.78;東城町植物誌 p.71;呉市目録 p.18;広島外来 p.9;北広島町 p.170; 広島県の植物図鑑へ

スギやヒノキが育ちにくい亜高山帯や冷温帯の一部に植林される。特に、1960~70年代の拡大造林時代には国有林を中心に盛んに植林された。 広島県内に見られるカラマツ林もこの時代のもの。

広島県指定天然記念物
 世羅郡世羅町    今高野山のカラマツ

球果をつけたカラマツ
カラマツの球果と短枝、幹・枝の先端は長枝となり、普通に伸びる



ドイツトウヒ Picea abies (L.) H.Karst.
ヨーロッパ中・北部原産(Norway spruce)、世界の冷温帯に植栽される雌雄異花同株の常緑高木。
明治時代に導入され、北海道、本州、四国、九州の冷温帯・暖温帯に植栽される。
広島県:庭園樹として植栽され、5月頃に咲き、当年の晩秋に熟す。
呉市目録 p.18;

ドイツトウヒ
日本ではドイツトウヒ、オオシュウトウヒと呼ばれるが、英語名は Norway spruce が普通
葉はトウヒのように扁平にならず、横断面は四角形、長さ1~2cm、径1mm
球果は長楕円体状の円柱形で下向きに着く、鱗片は厚い



ツガ Tsuga sieboldii Carrière
福島県以南の本州、四国、九州、及び朝鮮(鬱陵島)の冷温帯・暖温帯に分布する雌雄異花同株の常緑高木。
広島県:モミと同じく、岩峰、岩壁の多い西部山間地に多く、東部では稀である。4~5月に咲き、当年秋に熟す。
広島県植物誌 p.79、図1(分布図);東城町植物誌 p.71;呉市植物誌 p.69;呉市目録 p.19;北広島町 p.171; 広島県の植物図鑑へ

広島県指定天然記念物のツガ
 神石郡神石高原町   亀山八幡神社のツガ
 三原市大和町     下草井八幡神社のツガ
市町村指定天然記念物
 北広島町大暮     大暮のツガ
 安芸高田市美土里町  横田八幡神社のツガ

ツガの球果
若い球果を着けたツガ。葉の先は凹み、2裂したように見えるが、先はとがらない

ツガの枝ぶり
斜め上から見下ろしたツガの枝ぶり


サイトのトップ頁へ    マツ科-2へ    イチョウ科へ    マキ科へ     裸子植物の新しい系統分類へ