ヒノキ科(広義) Cupressaceae (sensu lat.)

裸子植物の新しい系統分類ではエングラー分類体系のスギ科を包含し、コウヤマキ科を分離して、新しいヒノキ科を定義している。

 世界に32属、166種が知られ、日本には5属、11種が自生する。

 以下、広島県に自生または栽培されている種類を示す。

コウヤマキ科
   Sciadopitys  コウヤマキ
ヒノキ科(広義)
 ヒノキ亜科(エングラー体系のヒノキ科)
   Chamaecyparis ヒノキ、オウゴンクジャクヒバ、スイリュウヒバ、イトヒバ
           チャボヒバ、カマクラヒバ、サワラ、ヒヨクヒバ、ヒムロ
   Juniperus   イブキ、ビャクシン、カイヅカイブキ、ミヤマビャクシン
           ハイビャクシン、ネズミサシ
   Platycladus  コノテガシワ
   Thujopsis   アスナロ
 スギ亜科
   Cryptomeria  スギ、アシュウスギ
   Taxodium    ヌマスギ、ラクウショウ
 コウヨウザン亜科
   Cunninghamia  コウヨウザン
 セコイア亜科
   Metasequoia  メタセコイア、アケボノスギ
   Sequoia    セコイア、セコイアメスギ


裸子植物の新しい系統分類

Christenhuszら(2011)*は、裸子植物についての分子生物学、形態学的系統学の成果をまとめ、新たな分類と配列順序を提案している。これによると、ヒノキ科を大きく捉え、スギ科をその中に含めている。一方、コウヤマキ科は独立させている。被子植物のAPGⅢ体系と並列するときの裸子植物の体系として、以下の表を用いる。

(日本に自生、普通に栽培されているもの)
ソテツ亜綱
 ソテツ目
  ソテツ科 Cycas
イチョウ亜綱
 イチョウ目
  イチョウ科 Ginkgo
マツ亜綱
 マツ目
  マツ科 Cedrus, Pinus, Picea, Pseudotsuga, Larix,
      Tsuga, Keteleeria, Abies
 ナンヨウスギ目
  ナンヨウスギ科 Araucaria
  マキ(イヌマキ)科 Podocarpus (Nageiaを含む)
 ヒノキ目
  コウヤマキ科 Sciadopitys
  ヒノキ科 Cunninghamia, Metasequoia, Sequoia,
       Cryptomeria, Taxodium, Libocedrus, Thujopsis, Thuja,
       Chamaecyparis, Cupressus, Juniperus, Platycladus
  イチイ科 Taxus, Cephalotaxus, Torreya

* Christenhusz, M. & al.(2011) A new classification and linear sequence of extant gymnosperms. Phytotaxa 19: 55–70.


サイトのトップ頁へ    ヒノキ科-1(ヒノキ亜科)へ    ヒノキ科-4(スギ亜科)へ    コウヤマキ科へ