ユキノシタ科 Saxifragaceae(エングラー)-5

アジサイ科 Hydrangeaceae(APGⅢ)-1

アジサイ科は世界に16属、205種が知られ、日本には9属、32種が自生する。
エングラー分類体系のユキノシタ科のうち、アジサイ亜科とキレンゲショウマ亜科に相当する。
 Cardiandra   クサアジサイ
 Deinanthe   ギンバイソウ
 Deutzia    ウツギ、コウツギ、ヒメウツギ、マルバウツギ
 Hydrangea   コアジサイ、コガクウツギ、アジサイ、ガクアジサイ
         ノリウツギ、ツルアジサイ、ヤマアジサイ、アマギコアジサイ
 Kirengeshoma  キレンゲショウマ
 Philadelphus  バイカウツギ
 Schizophragma イワガラミ


クサアジサイ Cardiandra alternifolia (Siebold) Siebold & Zucc.
= Hydrangea alternifolia Siebold
新潟県以西・宮城県以南の本州、四国、九州の冷温帯・暖温帯上部に分布する多年草、日本固有種。
広島県:高原面から山地の林内に生育し、7~10月に咲く。
広島県植物誌 p.186;植物図選Ⅴ-43;野の草 t.61;広島野草2 p.53;東城町植物誌 p.125;山野草夏 p.65;北広島町 p.192; 広島県の植物図鑑へ.
草本で、葉が互生となるのでアジサイ属との区別は容易。

クサアジサイ
クサアジサイ



ギンバイソウ Deinanthe bifida Maxim.
関東以西の本州、四国、九州の冷温帯・暖温帯上部に分布する多年草、日本固有種。
広島県:高原面の林内の渓流沿いに生育し、7~8月に咲く。
広島県植物誌 p.187;植物図選Ⅳ-36;広島野草2 p.54;東城町植物誌 p.127;山野草夏 p.66; 広島県の植物図鑑へ.

ギンバイソウ
ギンバイソウのつぼみ、葉形に特徴がある



ウツギ Deutzia crenata Siebold & Zucc.
南北海道、本州、四国、九州、南西諸島および中国の冷温帯・暖温帯に分布する落葉低木。
広島県:島嶼、沿岸部から山地の陽地に普通に生育し、5~7月に咲く。
広島県植物誌 p.187;東城町植物誌 p.128;呉市植物誌 p.110;北広島町 p.193; 広島県の植物図鑑へ.

ウツギ
ウツギの花

コウツギ Deutzia floribunda Nakai
= Deutzia crenata Siebold & Zucc. var. floribunda (Nakai) H.Ohba
- Deutzia crenata Siebold & Zucc. var. nakaiana (Engl.) H.Hara
- Deutzia crenata Siebold & Zucc. var. pubescens (Koidz.) Kitam.
紀伊半島以西の本州、四国、九州の冷温帯に生育する落葉小高木~低木。
広島県: 神石高原、西部山間地の石灰岩・蛇紋岩地に生育し、6~8月に咲く。
植物誌補遺 p.14.

ヒメウツギ Deutzia gracilis Siebold & Zucc.
関東以西の本州、四国、九州の暖温帯・冷温帯に分布する落葉低木、日本固有種。
広島県:高原面から山地の日当たりの良い渓谷などに生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.188;東城町植物誌 p.128;呉市植物誌 p.110;北広島町 p.193; 広島県の植物図鑑へ.

ヒメウツギ
ヒメウツギの花序の枝、若枝、葉には星状毛がほとんどない

マルバウツギ Deutzia scabra Thunb.
関東以西の本州、四国、九州の暖温帯に分布する落葉低木、日本固有種。
広島県:島嶼、沿岸部の日当たりの良い法面、林縁などに生育し、5月頃に咲く。
広島県植物誌 p.188;呉市植物誌 p.110; 広島県の植物図鑑へ.

マルバウツギ
マルバウツギの花序の下に着く葉には柄がない


サイトのトップ頁へ    アジサイ科(APGⅢ)-2    ユキノシタ科(エングラー)索引     トベラ科へ