ミズキ科 Cornaceae-1

エングラー分類体系のミズキ科にはかなり異質な属が含められていた。
APGⅢ分類体系ではハナイカダ属をハナイカダ科として独立、アオキ属をガリア科に統合、
ミズキ科の残りとウリノキ科で、新しいミズキ科としている。
APGⅢ分類体系のミズキ科は、世界に10属、約115種が知られ、日本に2属、6種が自生する。

属名
エングラー分類体系 APGⅢ分類体系
Alangium  ウリノキ、モミジウリノキ  ウリノキ科  ミズキ科
Cornus   ミズキ、アメリカヤマボウシ、ハナミズキ
      クマノミズキ、サンシュユ
 ミズキ科
Aucuba   アオキ、ヒメアオキ  ガリア科
Helwingia ハナイカダ、コバノハナイカダ  ハナイカダ科


下記の見方は、Cornus(ミズキ属、狭義ではサンシュユ属)を広く捉え、Benthamidia(ヤマボウシ属)をその中に含める。 また、Swida(ミズキ属)を狭義に捉えたものである。

ミズキ Cornus controversa Hemsl. ex Prain
= Swida controversa (Hemsl. ex Prain) Soják
南千島、北海道、本州、四国、九州、および台湾、朝鮮、中国の暖温帯・冷温帯に分布する落葉高木。
広島県: 高原面から山間地の林縁、樹林中に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.293;東城町植物誌 p.181;呉市植物誌 p.150;呉市目録 p.137;芸北自然 p.53;北広島町 p.216; 広島県の植物図鑑へ

ミズキ
ミズキの葉は互生であるが、集中するので分かりにくい

アメリカヤマボウシ、ハナミズキ Cornus florida L.
= Benthamidia florida (L.) Spach
北アメリカ原産、公園樹、街路樹として暖温帯・冷温帯に植栽される落葉高木。アメリカハナミズキという名は誤用。
広島県: 街路樹、公園樹、庭園樹として各地に植栽され、葉が展開する前の4~5月に咲き、当年秋に赤く熟す。
広島県植物誌 p.293;呉市目録 p.137;

アメリカヤマボウシ
アメリカヤマボウシの花は、葉より先か、同時に開く

アメリカヤマボウシ
アメリカヤマボウシの果実は1つの花が1つの果実を作る

ヤマボウシ Cornus kousa Buerger ex Hance subsp. kuosa
- Benthamidia japonica (Siebold & Zucc.) H.Hara
本州、四国、九州、および朝鮮の温帯に分布する落葉高木。
広島県: 沿岸地から山地の林中に生育し、6~7月に咲き、当年秋に赤く熟す。
広島県植物誌 p.293;植物図選Ⅰ-67;東城町植物誌 p.181;呉市植物誌 p.149;呉市目録 p.137;芸北自然 p.53;宮島植物 p.55;北広島町 p.216; 広島県の植物図鑑へ

市町村指定天然記念物
  帝釈始終のヤマボウシ   庄原市東城町帝釈始終 平成21年3月指定

ヤマボウシ
ヤマボウシの花は葉が十分に展開した後に咲く

ヤマボウシの果実
ヤマボウシの果実は集合して1つの球形になる

subsp. kuosa は、南西諸島、中国に分布する ヤエヤマヤマボウシ subsp. chinensis (Osborn) Q.Y.Xiang と区別するときの名

クマノミズキ Cornus macrophylla Wall.
= Swida macrophylla (Wall.) Soják
本州、四国、九州、およびアフガニスタン、ヒマラヤ、台湾、朝鮮、中国の暖温帯・冷温帯に分布する落葉高木。
広島県: 島嶼部から山地の林縁、樹林中に生育し、6~7月に咲く。
広島県植物誌 p.294;東城町植物誌 p.181;呉市植物誌 p.150;呉市目録 p.137;北広島町 p.216; 広島県の植物図鑑へ

クマノミズキ
クマノミズキの葉は対生 開花期はミズキより1ヶ月以上遅い

サンシュユ、ハルコガネバナ Cornus officinalis Siebold & Zucc.
中国(山茱萸, shan zhu yu)・朝鮮原産、庭木として植栽される落葉小高木。
広島県: 庭木として植栽され、ときに逸出する。花は、3~4月、開葉に先立って咲く。
東城町植物誌 p.181;呉市目録 p.137;広島外来 p.12.

サンシュユ
サンシュユ


サイトのトップ頁へ    ミズキ科-2(ガリア科)へ     ウリノキ科へ    ウコギ科へ