モチノキ科 Aquifoliaceae-1

世界に3属、400種以上が知られ、日本には1属、23種が自生している。

Ilex モチノキ属         ⇒ 別冊記事: モチノキ科樹木の名
 ウメモドキ亜属(葉は落葉性)
       フウリンウメモドキ、アオハダ、ミヤマウメモドキ、ウメモドキ、イヌウメモドキ
 モチノキ亜属(葉は常緑性)
       シイモチ、ナナミノキ、イヌツゲ、ハイイヌツゲ、モチノキ、タラヨウ
       ヒメモチ、ソヨゴ、クロガネモチ、ツルツゲ、クロソヨゴ


フウリンウメモドキ Ilex geniculata Maxim.
北海道、本州、四国、九州の冷温帯に分布する雌雄異株の落葉大低木、日本固有種。
広島県:山地のブナ林内に生育、6~7月に開花、当年秋に赤く熟す。
広島県植物誌 p.255;植物図選Ⅳ-56;東城町植物誌 p.161;呉市目録 p.170(栽);芸北自然 p.46;北広島町 p.153 & 208; 広島県の植物図鑑へ

フウリンウメモドキ
フウリンウメモドキの果実は江戸風鈴の形に似ている

アオハダ Ilex macropoda Miq.
北海道、本州、四国、九州および朝鮮、中国の暖温帯、冷温帯に分布する雌雄異株の落葉高木。
広島県:島嶼部から山地まで、落葉樹林内に生育、5~6月に開花、当年秋に赤く熟す。
広島県植物誌 p.256;東城町植物誌 p.161;呉市植物誌 p.137;呉市目録 p.170;北広島町 p.208; 広島県の植物図鑑へ

アオハダ
アオハダの花・果実は短枝に束生する

タマミズキ Ilex micrococca Maxim.
静岡県以西の本州、四国、九州および台湾、中国の暖温帯に分布する雌雄異株の常緑高木。
広島県:島嶼部から高原面に生育、5~6月に開花、当年秋に赤く熟す。
広島県植物誌 p.257;呉市植物誌 p.138;呉市目録 p.170;北広島町 p.154 & 209; 広島県の植物図鑑へ

タマミズキ
タマミズキの紅葉

ミヤマウメモドキ Ilex nipponica Makino
本州日本海側の冷温帯に分布する雌雄異株の落葉低木、日本固有種。
広島県: 世羅台地、西部山間地、西部山地の湿原周辺に生育、6月頃に開花、当年秋に赤く熟す。
広島県植物誌 p.257 ;植物図選Ⅳ-54;芸北自然 p.46;植物誌補遺 p.42;北広島町 p.154 & 209; 広島県の植物図鑑へ

ミヤマウメモドキ
ミヤマウメモドキの果柄は3-8㎜で果実の長さと同じくらい

ウメモドキ Ilex serrata Thunb.
本州、四国、九州および中国の暖温帯に分布する雌雄異株の落葉低木。
広島県:高原面から山地に生育、6月頃に開花、当年秋に赤く熟す。
広島県植物誌 p.258;東城町植物誌 p.161;呉市植物誌 p.138;呉市目録 p.170;北広島町 p.209; 広島県の植物図鑑へ

ウメモドキ
ウメモドキ(節)の花序は当年枝の葉腋に着く(左:雌花、右雄花)

ウメモドキ
ウメモドキの果柄は1-3㎜で果実の長さより明らかに短い

イヌウメモドキ Ilex serrata Thunb. f. argutidens (Miq.) Sa.Kurata
= Ilex serrata Thunb. var. argutidens (Miq.) Rehder
全体に毛がない型。
東城町植物誌 p.161;北広島町 p.209;


サイトのトップ頁へ    モチノキ科-2へ    モチノキ科-3へ     ハナイカダ科へ     キキョウ科へ