モッコク科 Pentaphylacaceae(APGⅢ)、ツバキ科-2(エングラー体系)-2

APGⅢ分類体系のモッコク科*は世界に12属、400種以上が知られ、日本には4属、12種が自生する。

属名
エングラー
APGⅢ
種名
Camellia
ツバキ科 ツバキ科 ヤブツバキ、サザンカ、タチカンツバキ、チャノキ
Stewartia ナツツバキ
Cleyer モッコク科 サカキ
Eurya
ハマヒサカキ、ヒサカキ
Ternstroemia モッコク

*科名 Pentaphylacaceae の和名として、日本植物分類学会が定めていた名はペンタフィラクス科である。制定当時この科に日本の植物は所属していなかったが、エングラー分類体系でツバキ科モッコク亜科とされていた分類群が含まれることとなったので、和名はモッコク科とするのが適切と考えられる。しかし、サカキを代表種としてサカキ科とする意見もある。

サカキ Cleyera japonica Thunb.
福島県以南の本州、四国、九州、南西諸島および朝鮮南部、中国の暖温帯・亜熱帯に分布する常緑小高木。
広島県: 島嶼部・沿岸地から高原面の常緑広葉樹林内に普通に生育し、4~7月に咲く。
広島県植物誌 p.168;野の花 p.95;東城町植物誌 p.115;呉市植物誌 p.102;宮島植物 p.28;北広島町 p.189; 広島県の植物図鑑へ

サカキ
サカキの花



ハマヒサカキ Eurya emarginata (Thunb.) Makino
千葉県以西の本州、四国、九州、南西諸島、および朝鮮、中国の暖温帯・亜熱帯に分布する雌雄異株の常緑低木。
広島県: 島嶼部・沿岸地の公園や道路沿いに植栽され、12~3月に咲く。
広島外来 p.10;

ハマヒサカキ
ハマヒサカキの花

ヒサカキ Eurya japonica Thunb.
岩手県・秋田県以南の本州、四国、九州、南西諸島、および朝鮮南部の暖温帯・亜熱帯に分布する雌雄異株の常緑低木または小高木。
広島県:島嶼部・沿岸部から山間地まで、ごく普通に生育し、2~4月に咲く。 雌雄異株であるが、株の栄養条件によって性転換する。
広島県植物誌 p.170;東城町植物誌 p.115;呉市植物誌 p.102;宮島植物 p.28;北広島町 p.189; 広島県の植物図鑑へ

ヒサカキ
ヒサカキの果実、左の円内は雌花、右の円内は雄花



モッコク Ternstroemia gymnanthera (Wight & Arn.) Bedd.
関東以西の本州、四国、九州、南西諸島、およびアジアの暖温帯・亜熱帯に分布する常緑高木。
広島県: 島嶼部・沿岸地に多く、庭木、公園樹として植栽される。4~6月に咲く
広島県植物誌 p.171;広島外来 p.10;呉市植物誌 p.102;北広島町 p.189; 広島県の植物図鑑へ

国指定天然記念物
 忠海八幡神社社叢  竹原市忠海町 境内に総数約60本のモッコクが群生
(県指定天然記念物)
 東野のモッコク   枯死のため指定解除 (2013年1月11日付)

モッコク
モッコクの果実と花(左下円内)


サイトのトップ頁へ     ツバキ科(E)-1へ     マタタビ科へ     オトギリソウ科へ