モクセイ科 Oleaceae-1

 世界に25属、約690種が知られ、日本には6属、26種が自生する。

Forsythia  ヤマトレンギョウ、レンギョウ、シナレンギョウ、チョウセンレンギョウ
Fraxinus   トネリコ、アオダモ、ヤマトアオダモ、シマトネリコ、マルバアオダモ、シオジ
Ligustrum  サイゴクイボタ、ネズミモチ、トウネズミモチ、オオバイボタ
       イボタノキ、ビロードイボタ、ヤナギイボタ、ミヤマイボタ、ヨウシュイボタ
Olea     オリーブ
Osmanthus  ギンモクセイ、キンモクセイ、ウスギモクセイ、ヒイラギ、ヒイラギモクセイ
Syringa   ハシドイ、ムラサキハシドイ


ヤマトレンギョウ Forsythia japonica Makino
本州(広島県、岡山県)の暖温帯に分布する雌雄異株の落葉低木、日本固有種。
広島県:神石高原の岩地に生育し、4月頃咲く。
広島県植物誌 p.331;植物図選Ⅰ-74;東城町植物誌 p.194;野の花 p.44; 広島県の植物図鑑へ

ヤマトレンギョウ
ヤマトレンギョウ 葉は広卵形、先が急にとがり、基部は円形。

レンギョウ Forsythia suspensa (Thunb.) Vahl
中国原産(连翘, lian qiao)、雌雄異株の落葉低木、枝は長く伸びて垂れる傾向がある。
広島県:庭木、公園樹として植栽され、3~4月に咲く。
呉市目録 p.156;北広島町 p.224;

レンギョウ
レンギョウ 茎・枝の髄は中空になる。ガク片の長さは6mm以上、果柄は7-15mm。
和名は中国名「連翹」の音読み。

シナレンギョウ Forsythia viridissima Lindl.
中国原産(金钟花, jin zhong hua)、雌雄異株の落葉低木、枝は垂れない。
広島県:庭木、公園樹として植栽され、4月頃に咲く。
呉市目録 p.157.

シナレンギョウ
シナレンギョウ ガク片の長さは5mm以下、果柄は3-7mm。
茎・枝の髄は階段状の膜がある。葉は長楕円形で中部が最も幅広い。

チョウセンレンギョウ Forsythia viridissima Lindl. var. koreana Rehder
= Forsythia koreana (Rehder) Nakai
朝鮮原産(한반도 원산)、雌雄異株の落葉低木、枝は長く伸びて垂れる傾向がある。、
広島県:庭木、公園樹として植栽され、4月頃に咲く。
呉市目録 p.157.

チョウセンレンギョウ
チョウセンレンギョウ 葉は長卵形で中部より下が最も幅広い


サイトのトップ頁へ    モクセイ科-2へ     ハイノキ科へ    マチン科へ