クスノキ科 Lauraceae -4 カゴノキ属


 Cinnamomum  クスノキ、ニッケイ、ヤブニッケイ
 Laurus    ゲッケイジュ
 Lindera    カナクギノキ、ヤマコウバシ、ダンコウバイ、アブラチャン、シロモジ
        ケクロモジ、ウスゲクロモジ、ヒメクロモジ、クロモジ、オオバクロモジ
 Litsea    カゴノキ、アオモジ
 Machilus   アオガシ、タブノキ
 Neolitsea   イヌガシ、シロダモ、キミノシロダモ


カゴノキ Litsea coreana H.Lév.
- Actinodaphne lancifolia (Siebold & Zucc.) Meisn.
福井県、関東以西の本州、四国、九州、および朝鮮南部の暖温帯に分布する雌雄異株の常緑高木。
広島県:島嶼部・沿岸地から高原面の暖温帯林、斜面下部の湿潤な土壌に生育し、9月頃に咲く。 広島県植物誌 p.141;東城町植物誌 p.97;呉市植物誌 p.94;呉市目録 p.26; 広島県の植物図鑑へ

市町村指定天然記念物
  広島市佐伯区五日市町大字上小深川字宮ヶ原  野登呂のカゴノキ
  福山市駅家町                高山のカゴノキ

カゴノキ
カゴノキの葉

カゴノキの樹皮
カゴノキの樹皮
の樹皮の「鹿の子まだら模様」特徴であるが、葉だけでも識別はできる。

アオモジ Litsea cubeba (Lour.) Pers.
- Lindera citriodora (Siebold & Zucc.) Hemsl.
本州(山口県)、九州(西側)、南西諸島、およびヒマラヤ東部、インドシナ、中国、台湾の暖温帯・亜熱帯に分布する雌雄異株の落葉低木。
広島県:西部沿岸地の県立広島緑化植物公園などに植栽され、葉の展開に先立って、3から4月に咲く。 呉市の鉢巻山に自生状態のものがあるが、植栽由来。
広島外来 p.10;呉市植物誌 p.95;呉市目録 p.26;植物誌補遺;p.9; 広島県の植物図鑑へ

 ⇒  別冊記事:サツマイナモリとアオモジの花

アオモジの雄花
アオモジの雄花

アオモジの果実(佐賀県)
アオモジの果実


サイトのトップ頁へ    クスノキ科-3へ    クスノキ科-5へ     ロウバイ科へ     ショウブ科へ