エゴノキ科 Styracaceae

 世界に12属、約130種が知られ、日本には2属、5種が自生する。


アサガラ Pterostyrax corymbosa Siebold & Zucc.
近畿地方以西の本州、四国、九州、及び中国の暖温帯上部~冷温帯に分布する落葉小高木。
広島県:高原面から山地の渓谷斜面にに生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.326;植物図選Ⅱ-74;芸北自然 p.58;東城町植物誌 p.194;呉市植物誌 p.160;呉市目録 p.143;北広島町 p.223; 広島県の植物図鑑へ

アサガラ
アサガラの花、果実(左下)は太く、狭い5翼があり、短い毛でざらつく

オオバアサガラ Pterostyrax hispida Siebold & Zucc.
宮城県・山形県以南の本州、四国、九州北部、及び中国の暖温帯~冷温帯に分布する落葉小高木。
広島県:高原面から山地の渓谷斜面にに生育し、6~7月に咲く。
広島県植物誌 p.328;呉市植物誌 p.160;呉市目録 p.143;北広島町 p.223; 広島県の植物図鑑へ

オオバアサガラ
オオバアサガラの花、果実は細く、長い毛が多い



エゴノキ Styrax japonica Siebold & Zucc.
北海道、本州、四国、九州、南西諸島、及び朝鮮、中国、台湾、熱帯アジアの亜熱帯~冷温帯下部に分布する落葉小高木。
広島県:沿岸部から山間地の二次林中に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.328;東城町植物誌 p.194;呉市植物誌 p.160;呉市目録 p.143;北広島町 p.223; 広島県の植物図鑑へ

⇒ 別冊記事:エゴノキの果柄は上を向く

エゴノキ
エゴノキの花、果実(左上)の先は丸い

ハクウンボク Styrax obassia Siebold & Zucc.
 世界に12属、117種が知られ、日本には2属、5種が自生する。
北海道、本州、四国、九州、及び朝鮮、中国の冷温帯に分布する落葉高木。
広島県:中国山地のブナ林中に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.328;植物図選Ⅴ-71;東城町植物誌 p.194;北広島町 p.223; 広島県の植物図鑑へ

ハクウンボク
ハクウンボクの若い花序、花(左上)、果実の先はややとがる(右下)
葉の裏面は星状毛が密生して白く見える

コハクウンボク Styrax shiraiana Makino
関東地方以西の本州、四国、九州、及び朝鮮の暖温帯から冷温帯に分布する落葉中高木。
広島県:西部山間地の花崗岩地帯の渓谷、山地に稀に生育し、6月頃に咲く
広島県植物誌 p.328;植物図選Ⅰ-73; 広島県の植物図鑑へ

コハクウンボク
コハクウンボクの葉の粗い鋸歯は独特の形、裏面は緑白色になる


サイトのトップ頁へ     イワウメ科へ     マタタビ科へ