ウコギ科 Araliaceae-1

 APGⅢ分類体系のウコギ科は、エングラー分類体系のウコギ科とセリ科の一部(チドメグサ属)を包含する。
 世界に46属、約1,500種が知られ、日本には12属、27種が自生する。

 Aralia       ウド、タラノキ、メダラ
 Chengiopanax    コシアブラ
 Dendropanax    カクレミノ
 Eleutherococcus  ケヤマウコギ、ヒメウコギ、ヤマウコギ、オカウコギ
 Fatsia       ヤツデ
 Gamblea      タカノツメ
 Hedera       カナリーキヅタ、セイヨウキヅタ、キヅタ
 Kalopanax     ハリギリ
 Panax       トチバニンジン、ホソバチクセツニンジン
 Tetrapanax     カミヤツデ
 Hydrocotyle    オオバチドメ、ノチドメ、オオチドメ、チドメグサ、ヒメチドメ(セリ科)


ウド Aralia cordata Thunb.
北海道、本州、四国、九州、および朝鮮、中国、サハリンの暖温帯・冷温帯に分布する多年草。
広島県: 島嶼部、沿岸地から山間地の疎林、林縁などに生育し、畑でも栽培される。8~9月に咲く。
広島県植物誌 p.295;野の草 t.89;広島野草2 p.97;東城町植物誌 p.182;呉市植物誌 p.150;呉市目録 p.192;山野草夏 p.121;北広島町 p.217; 広島県の植物図鑑へ

ウド
ウドの花と果実

タラノキ Aralia elata (Miq.) Seem.
南千島、北海道、本州、四国、九州、および朝鮮、中国、極東ロシアの暖温帯・冷温帯に分布する落葉低木。
広島県: 島嶼部、沿岸地から山間地の二次林中に生育し、8月頃に咲く。
広島県植物誌 p.296;東城町植物誌 p.182;呉市植物誌 p.150;呉市目録 p.192;北広島町 p.217; 広島県の植物図鑑へ

タラノキ
タラノキ

メダラ Aralia elata (Miq.) Seem. f. subinermis (Ohwi) Jôtani
= Aralia canescens Siebold & Zucc.
= Aralia elata (Miq.) Seem. f. canescens (Siebold & Zucc.) T.Yamaz.
広島県: 基本種のタラノキと同じ。
広島県植物誌 p.296;呉市植物誌 p.150;呉市目録 p.193;北広島町 p.217; 広島県の植物図鑑へ
トゲがほとんどないもの。同じ株からトゲがある茎とない茎の両方が出ているのを見たことがある、区別する必要はないだろう。



コシアブラ Chengiopanax sciadophylloides (Franch. & Sav.) C.B.Shang & J.Y.Huang
= Acanthopanax sciadophylloides Franch. & Sav.
= Eleutherococcus sciadophylloides (Franch. & Sav.) H.Ohashi
北海道、本州、四国、九州の暖温帯・冷温帯に分布する落葉低木、日本固有種。
広島県: 沿岸部、高原面から山間地の二次林中に生育し、8~9月に咲く。
広島県植物誌 p.295;東城町植物誌 p.182;呉市植物誌 p.150;呉市目録 p.192;北広島町 p.217; 広島県の植物図鑑へ

コシアブラ
コシアブラの花(左)、若葉(右)
コシアブラの若葉は山菜として人気がある。中国山地では、「ばかの芽」の名で販売されている。
本種をバカノキと呼ぶのは、材が柔らかくて木炭に向かなかったため。名前で損をしている。
コシアブラの名は都会でも知られてきたから、正しく名をつければ3倍の値段がつくだろう。



カクレミノ Dendropanax trifidus (Thunb.) Makino ex H.Hara
関東地方以西の本州、四国、九州、南西諸島、および台湾、朝鮮の暖温帯に分布する常緑小高木。
広島県: 島嶼部、沿岸地の二次林、常緑樹林中に生育し、8月頃に咲く。
広島県植物誌 p.296;野の花 p.53;呉市植物誌 p.150;呉市目録 p.192; 広島県の植物図鑑へ

カクレミノ
カクレミノの果実


サイトのトップ頁へ    ウコギ科-2へ    ミズキ科へ    セリ科へ