モクマオウ科 Casuarinaceae

 世界に4属、91種がある。日本に自生種はないが、植栽され、野生化したものがある。


モクマオウ属の主な種の検索表
種名 樹高 節間長 葉数/節 集合果の形 果の大きさ
カニンガムモクマオウ 20m超え 無毛 6~7mm 8 球形 径12mm
トクサバモクマオウ 20m超え 有毛 3~8mm 6~7 球状楕円体 径12mm、長15mm
モクマオウ* 10m以下 無毛 15mm超え 9~12 球~卵形 径25mm
*モクマオウ、トキワギョリュウという和名は混同されているので注意する


トクサバモクマオウ、トキワギョリュウ Casuarina equisetifolia L.
オーストラリア原産(horsetail tree, beach she-oak、岩石海岸・砂丘海岸に生育)、世界の熱帯地域に広く植栽され、帰化している、雌雄異花同株の常緑高木。
広島県: 島嶼部、沿岸地の砂地、せき悪地のほか、公園樹にも植栽され、一部で野生化状態にある。
広島外来 p.9;呉市目録 p.107.

トキワギョリュウ
トクサバモクマオウ  (右:球果を着けた枝、右下:小枝の拡大)
和名はトキワギョリュウの方が古いが、同属他種との混同があるので、
学名を翻訳したトクサバモクマオウと呼ぶ


カニンガムモクマオウ Casuarina cunninghamiana Miq.
オーストラリア原産(she-oak, river she-oak、熱帯雨林の沖積土に生育)、雌雄異株の常緑高木。

モクマオウ Casuarina verticillata Lam.
= Allocasuarina verticillata (Lam.) L.A.S.Johnson
- Casuarina stricta Aiton (ストリクタモクマオウ)
オーストラリア原産(drooping she-oak)、雌雄異株の常緑高木。


サイトのトップ頁へ     クルミ科へ     カバノキ科へ