フウ科 Altingiaceae(APGⅢ分類体系)
マンサク科 Hamamelidaceae-3(エングラー分類体系)

世界に3属、19種が知られ、日本には 1属、2種が栽培されている。

フウ、タイワンフウ Liquidambar formosana Hance
台湾(楓樹, feng shu)、中国(枫香树, feng xiang shu)、東南アジアに分布し、関東地方以西、四国、九州、南西諸島の暖温帯に植栽される落葉高木。
広島県:街路樹、公園樹として植栽される。
呉市目録 p.74;

フウ
フウの和名は中国名「楓」の音読みであるが、現在の中国では槭と枫(楓)が混用されている。
元々は槭樹であったカエデを枫樹とし、フウを枫香樹とするのは、日本式誤用の逆輸入か。

モミジバフウ Liquidambar styraciflua L.
北米原産(American sweetgum)、本州の南東北から四国、九州の暖温帯に植栽される落葉高木。
広島県:街路樹、公園樹として植栽され、前種よりも多く見られる。
呉市目録 p.74;

モミジバフウ
モミジバフウ


サイトのトップ頁へ     ボタン科科     マンサク科へ