スベリヒユ科 Portulacaceae(エングラー分類体系)-2

ハゼラン科 Talinaceae(APGⅢ分類体系)

 世界に2属、16種が知られ、日本には帰化種のハゼランが生育する。
 エングラー分類体系ではスベリヒユ科に配置される。

ハゼラン Talinum fruticosum (L.) Juss.
- Talinum paniculatum (Jacq.) Gaertn.
- Talinum crassifolium (Jacq.) Willd.
- Talinum triangulare (Jacq.) Willd.
(これらの種について、別種とする意見、同じとする意見もあってよく解らない)
熱帯アメリカ原産、関東地方以西の本州、四国、九州、南西諸島の亜熱帯・暖温帯に逸出、自生する一年草。
広島県;沿岸部から報告されている。
呉市植物誌 p.87;呉市目録 p.135;広島外来 p.10.











サイトのトップ頁へ    スベリヒユ科-1へ