アカネ科 Rubiaceae-2(アカネ亜科-1)



アリドオシ Damnacanthus indicus C.F.Gaertn.
千葉県以西の本州、四国、九州、及び朝鮮、中国の暖温帯に分布する常緑小低木。
広島県:島嶼部、沿岸地の常緑樹林下に生育し、4~5月に咲く。
広島県植物誌 p.342;呉市植物誌 p.165;呉市目録 p.148; 広島県の植物図鑑へ


アリドオシ
アリドオシ 果実

ジュズネノキ Damnacanthus macrophyllus Siebold ex Miq.
= Damnacanthus indicus C. F. Gaertner f. macrophyllus (Siebold ex Miquel) Makino
- Damnacanthus macrophyllus Siebold ex Miq. var. parvispinus (Koidz.) S.Takah.(マルバジュズネノキ)
近畿地方以西の本州、九州、及び中国の暖温帯に分布する常緑小低木。
広島県:島嶼部、沿岸地の常緑樹林下に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.342;呉市植物誌 p.165;呉市目録 p.148;植物図選 Ⅱ-91*;呉市目録 p.148*(*マルバジュズネノキとして); 広島県の植物図鑑へ

ジュズネノキ
ジュズネノキの葉は基部は鈍形から円形

ナガバジュズネノキ Damnacanthus giganteus (Makino) Nakai
= Damnacanthus macrophyllus Siebold ex Miq. f. giganteus (Makino) T.Yamaz.
= Damnacanthus macrophyllus Siebold ex Miq. var. giganteus (Makino) Koidz.
= Damnacanthus indicus Gaertn.f. var. giganteus Makino
近畿地方以西の本州、四国、九州、及び中国の暖温帯に分布する常緑小低木。
広島県:西部沿岸地の常緑樹林下に生育する。
植物誌補遺 p.20.

ナガバジュズネノキ
ナガバジュズネノキの葉は基部が尖る



ルリミノキ Lasianthus japonicus Miq.
静岡県以西の本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、中国、熱帯アジアの暖温帯に分布する常緑低木。
広島県: 西部沿岸地の林床に生育し、5~6月に咲く。
広島県植物誌 p.346;植物図選 Ⅰ-87; 広島県の植物図鑑へ

ルリミノキ
ルリミノキ 果実


サイトのトップ頁へ     アカネ科索引へ     アカネ科-1へ     アカネ科-3へ