ヤマモガシ科  Proteaceae

世界に62属、965種が知られ、日本には1属、1種が自生する。


ヤマモガシ Helicia cochinchinensis Lour.
東海以西の本州、四国、九州、南西諸島、及び台湾、中国、熱帯アジアの暖温帯・亜熱帯に分布する常緑高木、両性花をつける。
広島県:島嶼部に生育する。7~8月に咲き、当年秋に熟す。
広島県植物誌 p.2(花の写真)、p.116;植物図選Ⅲ-32;野の花 p.122;宮島植物 p.48; 広島県の植物図鑑へ

果実をつけたヤマモガシの大木
ヤマモガシの果実、長さは約1cm

ヤマモガシの若木の葉には鋸歯が顕著
ヤマモガシの若木の葉には鋸歯が顕著


サイトのトップ頁へ     スズカケノキ科へ     ヤマグルマ科へ