ヤマゴボウ科 Phytolaccaceae

世界に14属、54種があり、日本には2属、4種が自生、または帰化している。

ヨウシュヤマゴボウ、アメリカヤマゴボウ Phytolacca americana L.
19世紀後半から野生化した北米原産の外来植物、多年生草本。
広島県;低地から山間地の草原まで各地に生育し、6月~11月に咲く。
広島県植物誌 p.126;広島外来 p.10;呉市植物誌 p.86;呉市目録 p.136;山野草夏 p.23;北広島町 p.181; 広島県の植物図鑑へ

ヨウシュヤマゴボウの花
ヨウシュヤマゴボウの花
ヨウシュヤマゴボウの果実
ヨウシュヤマゴボウの果実

ヤマゴボウ Phytolacca acinosa Roxb.
-Phytolacca esculenta Van Houtte
北海道南部、本州、四国、九州および台湾、朝鮮、中国、インド、ヒマラヤの冷温帯・暖温帯に分布する多年生草本。
広島県;高原面から山地の伐採跡地などにに生育し、6月~9月に咲く。
広島県植物誌 p.127;東城町植物誌 p.91;広島外来 p.10; 広島県の植物図鑑へ

マルミノヤマゴボウ Phytolacca japonica Makino
関東以西の本州、四国、九州および台湾、中国の暖温帯・亜熱帯に分布する多年生草本。
広島県;高原面から山地の林内に生育し、6月~9月に咲く。
広島県植物誌 p.127;東城町植物誌 p.91;山野草夏 p.22; 広島県の植物図鑑へ


サイトのトップ頁へ      タデ科へ     オシロイバナ科へ