フサザクラ科 Eupteleaceae

世界に1属、2種が知られ、日本には1種が自生する。

フサザクラ Euptelea polyandra Siebold & Zucc.
本州、四国、九州の冷温帯から暖温帯に分布する落葉高木、日本固有種。
広島県: 中国山地の渓流沿いや崩壊地に生育し、3~5月に咲く。
広島県植物誌 p.146、p.149(図);植物図選Ⅰ-33;東城町植物誌 p.99; 広島県の植物図鑑へ

フサザクラの花
フサザクラの花には花弁がない

フサザクラの果実
フサザクラの果実(翼果)


サイトのトップ頁へ     マツモ科     ケシ科