植生データベースで用いる各種ファイル



データ・ファイル (*.fvi & *.fvd)

 インデックス・ファイルの構造

インデックスファイルの1レコードの内容
項 目 長 さ 内 容
データ作成日 8バイト PCの日付から自動入力 (20010629)
データ修正日 8バイト PCの日付から自動入力 (20010629)
測定番号 8バイト 任意の文字列
調査地名 8バイト 任意の文字列
調査年月日 8バイト 西暦年月日の数字列  (19870821)
緯度 8バイト WかTの文字+北緯の度分秒(ddmmss.s)の数字列
経度 8バイト 東経の度分秒(dddmmss.s)の数字列
地理区画 8バイト 第三次地理区画の8桁の数字 (JIS Grid Code)
標 高 4バイト 任意の数字(m)
傾斜方位 4バイト 方位と2桁の偏角  (N30W)
傾斜角度 4バイト 0-90の数字(24)
地形位置 4バイト 任意の文字列
微地形 4バイト 任意の文字列
表層地質 4バイト 任意の文字列
土壌型 4バイト 任意の文字列
調査区面積 4バイト 任意の数字列(㎡)
高木層高さ 4バイト 任意の数字列(m)
亜高木層高さ 4バイト 任意の数字列(m)
低木層1高さ 4バイト 任意の数字列(m)
低木層2高さ 4バイト 任意の数字列(m)
草本層1高さ 4バイト 任意の数字列(m)
草本層2高さ 4バイト 任意の数字列(m)
コケ層高さ 4バイト 任意の数字列(m)
T1層植被率 4バイト 任意の数字列(%)
T2層植被率 4バイト 任意の数字列(%)
S1層植被率 4バイト 任意の数字列(%)
S2層植被率 4バイト 任意の数字列(%)
H1層植被率 4バイト 任意の数字列(%)
H2層植被率 4バイト 任意の数字列(%)
M層植被率 4バイト 任意の数字列(%)
出現種数 4バイト 任意の数字列 累計156バイト
階層区分数 1バイト 7, 5, 3, 2, 1 のいずれか
優占度・群度 1バイト 2, 1 のいずれか
調査者 10バイト 任意の文字列
備考 80バイト 任意の文字列
植物データのレコード位置* 6バイト 6桁の数値文字列
CR/LF 2バイト #13と#10  累計256バイト
* レコード位置が0のときは削除されたデータ、
 1 以上のときは植物データファイルの最初のレコード位置を示す。


 植物データ・ファイルの構造

  ・レコード長=512バイト、ファイル名拡張子 fvd

植物データファイルの1レコードの内容
項 目
長 さ
内 容
植物データ 1 42バイト
植物名と階層別優占度
植物データ 2 42バイト 植物名と階層別優占度
植物データ 3 42バイト 植物名と階層別優占度
植物データ 4 42バイト 植物名と階層別優占度
植物データ 5 42バイト 植物名と階層別優占度
植物データ 6 42バイト 植物名と階層別優占度
植物データ 7 42バイト 植物名と階層別優占度
植物データ 8 42バイト 植物名と階層別優占度
植物データ 9 42バイト 植物名と階層別優占度
植物データ10 42バイト 植物名と階層別優占度
植物データ11 42バイト 植物名と階層別優占度
植物データ12 42バイト 植物名と階層別優占度
続きのレコード番号* 6バイト
6桁の数字文 字列
CR/LF 2バイト
累計512バイト
* 続きのレコード・インデックスで示されたレコードを連結して、
1組の植生データを構成する。
  ・インデックスが1の場合は最終レコード。
  ・ファイルの最初のブロック(番号=0)には、
   各項目の名称と使用の有無が書き込まれる。
  ・本来のデータは次のブロック(番号=1)から始まる。

1組の植物データの内容
項 目
長 さ
内 容
植物名 28バイト
全角カナ文字 で14字
階層1の優占度・群度 2バイト
数字・記号*
階層2の優占度・群度 2バイト 数字・記号*
階層3の優占度・群度 2バイト 数字・記号*
階層4の優占度・群度 2バイト 数字・記号*
階層5の優占度・群度 2バイト 数字・記号*
階層6の優占度・群度 2バイト 数字・記号*
階層7の優占度・群度 2バイト 数字・記号* 累計42バイト
* 例: 5.4 は 54、+ は 、群度 が無い場合は 50等とする


タグ付きテキストファイルの構造

タグ付きテキストファイルの例
#T
CR:作成年月日
ED:更新年月日
RN:測定番号
LC:調査地名
DT:調査月日
LA:地点緯度
LO:地点経度
GR:地理区画
EL:標高(m)
DR:傾斜方位
IC:傾斜角度
PO:地形位置
MT:微地形
GE:表層地質
SO:土壌型
AR:調査面積
H1:高木層高さ(m)
H2:亜高木層高さ(m)
H3:低木層高さ(m)
H4:低木層2高さ(m)
H5:草本層高さ(m)
H6:草本層2高さ(m)
H7:コケ層高さ(m)
C1:高木層植被率
C2:亜高木層植被率
C3:低木層植被率
C4:低木層2植被率
C5:草本層植被率
C6:草本層2植被率
C7:コケ層植被率
NS:出現種数
ST:階層数
DM:優占度
EX:調査者
RM:備考
#P
ショクブツメイ,階:優占度
#E

#S
CR:19910226
ED:19920502
RN:Tao-F330
LC:宮崎一葉
DT:19830902
LA:315615
LO:1312815
GR:47317327
EL:5
DR:-
IC:0
PO:低地
MT:平坦
GE:砂土
SO:-
AR:100
H1:12
H2:5
H3:2
H5:0.2
H7:0.01
C1:90
C2:40
C3:60
C5:95
C7:20
NS:26
ST:5
DM:2
EX:垰田宏
RM:宮崎県宮崎市、一つ葉海岸、約100年生クロマツ植林
#P
クロマツ,H:+
ハクサンボク,T1:12
ヤマハゼ,T1:11
ヌルデ,T1:12
ネズミモチ,T1:32
クチナシ,T1:11
スイカズラ,T1:+
スイカズラ,H:+
アキグミ,T1:11
ナナメノキ,T1:12
ヒサカキ,T1:+
シャシャンポ,T1:+
ジャノヒゲ,H:32
ハイチゴザサ,H:44
ササクサ,H:22
ススキ,H:12
ヘクソカズラ,H:11
ヤマニガナ,H:+
ヤマノイモ,T1:+
カラスウリ,T1:+
ケカモノハシ,H:+
チガヤ,H:11
カエデドコロ,T1:+
シュンラン,H:+
ヒヨドリバナ,H:+
#E

#S




タグ無しテキストファイルの構造

タグ無しテキストファイルの例
#N       データの始めを示す (最初の1レコードに項目名を記述)
作成年月日
更新年月日
測定番号
調査地名
調査月日
地点緯度
地点経度
地理区画
標 高(m)
傾斜方位
傾斜角度
地形位置
微 地 形
表層地質
土 壌 型     
調査面積
高 木 層高さ(m)   階層数にかかわらず、7階層分を記述
亜高木層高さ(m)   
低 木 層高さ(m)   
低木層2高さ(m)   
草 本 層高さ(m)   
草本層2高さ(m)   
コ ケ 層高さ(m)   
高 木 層植被率(%)  
亜高木層植被率(%)  
低 木 層植被率(%)  
低木層2植被率(%)  
草 本 層植被率(%)  
草本層2植被率(%)  
コ ケ 層植被率(%)  
出現種数     数値
調査者      10バイトまで
備 考      80バイトまで
K=5       K=階層数 7,5,3,2,1のどれか
D=2       D=優占度桁数 2,1のどれか
#P        植物データの始まりを示す
ショクブツメイ,T1,T2,S1,S2,H1,H2,M 階層数にかかわらずこの順序で記述
#E        植物データの終わりを示す

#S        レコード1のデータの始めを示す
19910226
19920502
Tao-F254
宮崎一葉
19810917
W315712
1312821
47317347
05
-
1
低地
平坦
砂土
-
64

4
2

0.5

0.01

60
20

10

10
10
垰田宏
宮崎県宮崎市 一つ葉海岸、12年生クロマツ植林
K=5
D=2
#P          植物データの始まりを示す
クロマツ,,44,,,,,   植物名,T1,T2,S1,S2,H1,H2,M (常に7つ分)
ニセアカシア,,,11,,,,
ススキ,,,,,12,,
チガヤ,,,,,12,,
ナキリスゲ,,,,,+2,,
ナワシログミ,,,,,+,,
ハイゴケ,,,,,,,13
ホソバオキナゴケ,,,,,,,+2
ササクサ,,,,,+,,
ヤマハゼ,,,,,+2,,
#E        レコードの終わりを示す
         空白行
#S        次のレコードの始まりを示す
19910226
19920502
Tao-F255
 :
 :

注)Version 4.08 以前の標準互換テキスト形式は階層数によって優占度データの数が異なっていた。 データの最初に #T があるときは旧データの書式であると認識して読み込むが、書き出しは新形式だけ。


入力用表形式ファイル(CSV)の構造

 植生データベースファイルへ読み込む形式は以下の形式で表を作る。
  1. MS Excel や OpenOffice.org Calc に「植生入力ひな型.csv」を読み込む。
  2. 新しい表を作り、ひな型の1列目をコピーする。
    入力する表に合わせて見出し語を変更しても良いが、行数と行位置は変えないこと。
  3. 表のデータを入力する(1.2 は12 とする)
  4. 1行目は備考欄の内容、2行目に総行数、測定数、階層数、優占度の桁数を入力
  5. 「ファイル」メニューの「名前をつけて保存」、
    「ファイルの種類」で「CSV(カンマ区切り)」を選んで保存する。
  6. 関連アプリの VegTabToText.exe で、タグ付きテキストに変換後、インポートする。
  7. エクセルによるのCSV出力は、予期しないセルの範囲まで出力されたり、右側の必要な空セルが出力されなかったりすることがあるので、CSVファイルをテキスト・エディタで読んで、内容を確かめておく。
  8. CSVファイルをエクセルで書き出し、再び読み込むと 「+」 が「0」になるなど、予期しない変化が生じることがある。
例: 入力には「植生表入力ひな型」を使用すると容易。
  表をVegTabToText.exeで、タグ付きテキストに変換した後で、修正を行うことができる。

スプレッドシートに入力している状態

A B C D E
1 鈴木時夫(1976)屋久島の植生 Tab.3- 



2 備考追加
1 2 3
3 階層数
5 5 5
4 優占度桁数
2 2 2
5 番号
YD1 YD2 YD3
6 調査地名
尾之間 尾之間 尾之間
7 調査年月日
1967 1967 1967
8 緯度
301343 301343 301343
9 経度
1303300 1303300 1303300
10 メッシュコード
45302474 45302474 45302474
11 標高
100 100 200
12 傾斜方位
SW SE SE
13 傾斜角度
20 12 15
14 地形位置
中腹 中腹 中腹
15 微地形
斜面 平坦 斜面
16 表層地質
花崗 花崗 花崗
17 土壌型
赤色 赤色 赤色
18 調査面積
100 100 100
19 高木高さ
12 10 15
20 亜高木高さ
8 6 11
21 低木1高さ
1 0.8 1.2
22 低木2高さ



23 草本1高さ
0.2 0.2 0.3
24 草本2高さ



25 コケ層高さ



26 高木植被率
80 70 90
27 亜高木植被率
10 20 5
28 低木1植被率
5 10 +
29 低木2植被率



30 草本1植被率
+ 2 +
31 草本2植被率



32 コケ層植被率



33 出現種数
27 29 22
34 調査者
鈴木時夫 鈴木時夫 鈴木時夫
35 クロマツ S1
11 44
36 ススキ H
44 13
37 イトアオスゲ H


38 キキョウラン H


39 ウバメガシ T1 55 55 33
40   T2

11
41   S

+
42 タイミンチク T2
+ +

↓ 上の表をCSV形式で保存
入力用表形式ファイルの例
鈴木時夫(1976)屋久島の植生 Tab.3-     1行目は備考(全部に共通の部分
備考追加,,1,2,3      各レコードの備考欄に追加する文字列
階層数,,5,5,5       区分した階層の数(7,5,3,2,1)
優占度桁数,,2,2,2     優占度のみは1、優占度・群度は2
番号,,YD1,YD2,YD3     (各8桁)3行目以降,3カラムからデータ
調査地名,,尾之間,尾之間,尾之間  (各8桁)
調査年月日,,1967,1967, 1967    (各8桁)
緯度,,301343,301343,301343     (各8桁)緯度(北緯)
経度,,1303300, 1303300, 1303300  (各8桁)経度(東経)
メッシュコード,,45302474, 45302474, 45302474(各8桁)
標高,,100,100,200         (各4桁)
傾斜方位,,SW,SE,SE         (各4桁)
傾斜角度,,20,12,15         (各4桁)
地形位置,,中腹,中腹,中腹      (各4桁)
微地形,,斜面,平坦,斜面       (各4桁)
表層地質,,花崗,花崗,花崗      (各4桁)
土壌型,,赤色, 赤色,赤色      (各4桁)
調査面積,,100,100,100       (各4桁)
高木高さ,,12,10,15         (各4桁)
亜高木高さ,,8,6,11         (各4桁)
低木1高さ,,1,0.8,1.2       (各4桁)
低木2高さ,,,,           (各4桁)
草本1高さ,,0.2,0.2,0.3      (各4桁)
草本2高さ,,,,           (各4桁)
コケ層高さ,,,,           (各4桁)
高木植被率,,80,70,90        (各4桁)
亜高木植被率,,10,20,5       (各4桁)
低木1植被率,,5,10,+        (各4桁)
低木2植被率,,,,          (各4桁)
草本1植被率,,+,2,+        (各4桁)
草本2植被率,,,,          (各4桁)
コケ層植被率,,,,          (各4桁)
出現種数,,27,29,22,33       (各4桁)
調査者,,鈴木時夫,鈴木時夫,鈴木時夫 (10桁)
クロマツ,S1,,11,44         植物名(14字),階層,優占度の並び
ススキ,H,,44,13           (以下同じ)
イトアオスゲ,H,,,
キキョウラン,H,,,
ウバメガシ,T1,55,55,33
,T2,,,11
,S,,,+
タイミンチク,T2,,+,+


(注)植物名が空の場合は前と同じ見なす。
  5階層の表示はT1,T2,S,H,M でも良い
  優占度・群度の +,+2,+3 は1,2,3でも良い
  優占度の * は調査区外に存在することを示し,組成表には組み込まれない。


設定ファイルの構造

FVD5設定ファイルの例
FVD5.ini の構造は以下のとおり。
記述の無い項目については規定値が使用され、終了時に書きこまれる。
[DataDir]
Directory=C:\Data\Veg       データベースのあるディレクトリ
[DataFile]
DataFile=C:\Data\Veg\NewFile.fvi 使用中のデータベースファイル
[NameList]
NameFile=WameiList.txt      読み込む植物名リスト
[Table]
FontName=MS 明朝        画面で用いるフォント
FontSize=11            フォントの大きさ
PrintFontName=MS 明朝      印刷時のフォント
PrintFontSize=10
Title=植生データベース      タイトル名
[Item]
C00flg=1             項目の編修を可能 =1 、編修不可 =0
C00str=作成年月日         項目名
C01flg=1
C01str=更新年月日
C02flg=1
C02str=測定番号
C03flg=1
C03str=調査地名
C04flg=1
C04str=調査月日
C05flg=1
C05str=地点緯度
C06flg=1
C06str=地点経度
C07flg=1
C07str=地理区画
C08flg=1
C08str=標 高(m)
C09flg=1
C09str=傾斜方位
C10flg=1
C10str=傾斜角度
C11flg=1
C11str=地形位置
C12flg=1
C12str=微 地 形
C13flg=1
C13str=表層地質
C14flg=1
C14str=土 壌 型
C15flg=1
C15str=調査面積
C16flg=1
C16str=高 木 層高さ(m)
C17flg=1
C17str=亜高木層高さ(m)
C18flg=1
C18str=低 木 層高さ(m)
C19flg=0
C19str=低木層2高さ(m)
C20flg=1
C20str=草 本 層高さ(m)
C21flg=0
C21str=草本層2高さ(m)
C22flg=1
C22str=コ ケ 層高さ(m)
C23flg=1
C23str=高 木 層植被率
C24flg=1
C24str=亜高木層植被率
C25flg=1
C25str=低 木 層植被率(%)
C26flg=0
C26str=低木層2植被率
C27flg=1
C27str=草 本 層植被率(%)
C28flg=0
C28str=草本層2植被率
C29flg=1
C29str=コ ケ 層植被率
C30flg=1
C30str=出現種数
C31flg=1
C31str=階層数
C32flg=1
C32str=優占度
C33flg=1
C33str=調査者
C34flg=1
C34str=備考
Kaiso=5        階層数(5か7)
Kigou=2        優占度記号の桁数(1か2)
Autopop=1       ポップアプリストを使用
CheckBoxNew=0     新規入力で全画面を残す=0、白紙化=1
DropList=0       植物名入力時にドロップダウンリスト使用=1、不使用=0
MinMessage=1      メッセージを最少限にする=1、メッセージを出す=0
MenueOfBeep=0     植物名入力の行頭でビープ音を出す=1、無音=0
[WinSize]       終了時のウィンドウサイズ
Top=123
Left=157
Height=521


植物名リストファイルの構造

 FVDの起動時に、標準の植物名リスト(WameiList.txt)がドロップダウンリストに読み込まれる。
 植物名リストは植物和名のリストのテキストファイルであって、植物名は読み込み後にソートされる。
和名リストの例
アオガシ
アオキ
アオダモ
アオツヅラフジ
アオトドマツ
アオノクマタケラン
アオハダ




異名辞書ファイルの構造

異名辞書ファイルの例
アオツズラフジ,アオツヅラフジ
アズサ,ミズメ
アマチャズル,アマチャヅル
アマズル,アマヅル
アリドウシ,アリドオシ
イタジイ,スダジイ
イタヤ,イタヤカエデ
イノコズチ,イノコヅチ
イボタ,イボタノキ
イロハカエデ,イロハモミジ
エビズル,エビヅル
オオキジノオシダ,オオキジノオ
オオシラビソ,アオモリトドマツ
オオシラベ,アオモリトドマツ
キズタ,キヅタ
クロズル,クロヅル
コジイ,ツブラジイ
コチジミザサ,コチヂミザサ
ゴトウズル,ゴトウヅル
コバノミツバ,コバノミツバツツジ
シコクシラベ,シラビソ
シマグワ,ヤマグワ
シラベ,シラビソ
スダシイ,スダジイ
タブ,タブノキ
ナツズタ,ツタ
ナツヅタ,ツタ
ナナミノキ,ナナメノキ
ヒカゲイノコズチ,ヒカゲイノコヅチ
ビナンカズラ,サネカズラ
ビロウドイチゴ,ビロードイチゴ
ブナノキ,ブナ
ムシカリ,オオカメノキ
ヨグソミネバリ,ミズメ
カンマの左側が異名、右側が標準名


 この頁のトップへ
   表紙へ