自己紹介

たおだひろし:1945年に疎開先で生まれ、被爆を免れた。比治山のふもとで育つ。翠町中学校で故渡辺泰邦先生に出会い、植物を学び始める。故堀川芳雄教授が毎月開催された市民講座の「ヒコビア植物採集会」に参加できたことは良い経験になっている。当時は、広島市内の黄金山、安芸郡、佐伯郡が主な観察場所であった。広島大学でコケの分類を学んだ後、林野庁に入り、八王子、大津、熊本、東京、つくば、高知で勤務し、森林・林業の研究にかかわってきた。

定年で、郷里に戻ることができたので、恩師より頂戴していた「広島県植物誌」を片手に、広島の植物について学び直すことにする。振り返ってみると、西南日本の外帯(中央構造線の南側)の経験が多く、内帯に属する中国山地の植物相については良く分かっていない。記憶力も衰えていることから、勉強ノートを作り、最新の情報を整理しようとしている。このノートを公開することによって、地域の植物調査の裾野を広げることができれば幸いである。

垰田宏 (SGR00354@nifty.com:特定サーバー管理者)