郵便受け (質問・意見)

ご質問、ご意見、苦情、激励などで、特定の記事が見当たらない場合は下のコメント欄を使用してください。スパム防止のため、管理人が確認した後に掲載・非掲載(メールの返信だけで対処)を判断します。

コメントの記入欄は、この頁の一番下にあります。

投稿されたコメントは新しいものが上に来ます。

61 thoughts on “郵便受け (質問・意見)

  1. ギンランとして載せられた写真は、ササバギンラン C. longibracteata Blumeではないですか。ギンランに比べて、苞葉が長い(longibracteata)ことが特徴です。また、唇弁が内側に(花軸の方に)向いていますが、ギンランは花柄子房が180度捻じれて、外側に向いています。

    • 竹内様、ご指摘ありがとうございます。
      確かに花は内側に向いています。葉面を拡大すると短毛状のものが見えるので、ササバギンランかと思われます。しかし、苞が写真にはよく写っていないので、この写真は削除。全形だけの写真からギンラン、ササバギンランと思しきものを並べることにしました、次に見つけたときは、特徴を捉えた写真を撮るよう気をつけます。
       ユウシュンランの学名、独立種とする扱いに変更しました。

  2. 学名で分からなくなると拝見しています。YList を読みこなしたいです。例えばヤマトグサで教えてください。標準の Theligonum japonicum Okubo et Makino をクリックして出る ① in Makino in はどういうことでしょうか?② “Thelygonum” はどう解釈すればいいのでしょう?③ , ; : =など記号の意味と用法を教えてください。以上3点、ご教示いただけますでしょうか?断片的にはなんとか分かるのですが、その学名の流れを知りたいです。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いします。*非表示でお願いできますか?

    • YListの書き方については、著作者の説明がありませんので、常識的な判断ということで説明させていただきます。

      ご質問は、”ヤマトグサ 標準” をクリックしたときに出てくる詳細情報で、ヤマトグサの分類の位置づけに関する文献が並んでいます。

      ① in Makino in の意味
      本来ならば、Theligonum japonicum Okubo et Makino in Makino in Bot. Mag. Tokyo. 3: 5 (1889) と書くのが正式な書式で、
      牧野富太郎の論文である植物学雑誌の第3巻5頁に記載があることを示しています。()内のnjnの意味は分かりません。

      in が2つ並ぶのは、
      in Makino は、命名著者が大久保・牧野であるのに論文の著者が違っていて、「他人の著作物中で発表」という扱いのためです。
      in B.M.T. は、発表者本人の著作でなく雑誌だからです(雑誌は他人の著作物と同等)。
      命名著者自身の著作物の場合は、in を介さず、著者名と著作物を並べます。

      ② ‘Thelygonium’ と書かれているのは、その文献では’Thelygonium’ となっている、という注意喚起です。
      この属を最初に作ったリンネは Theligonum としています。後に生じた単純な間違いは自動的に訂正される規則になっているので、Theligonum と見なされます。(原記載が文法的に間違っている場合は、原記載の方が訂正されます)

      ③ , ; : =など、記号の意味と用法
       YList での用法は、下記のとおり

       ,(カンマ)単純な区切り
       ;(セミコロン)文献と文献の区切り
       :(コロン)見出しと記述の区切り、大見出しの他、タイプ標本の見出しに Type: が使用されている。
       
      例:  Type: Kochi (Tosa), Agawagun, Nanokawa-mura (T.Makino, Nov. 1884, TI). = Thelygonum sp.; Makino in B. M. T. 1: 169, t. 20 (1887)

      タイプ標本:高知(土佐)吾川郡、名野川村(牧野富太郎、1884年11月採集、東京大学植物標本庫蔵)、これは牧野が植物学雑誌第1巻169頁図版20(1887)で Thelygonum sp. としたものと同じである。

      = は、同じタイプ標本(記載)に基づく異名の場合に使われ、異なるタイプ標本だが同じ分類単位と判断される場合には – (ハイフン)が使われるようです。

  3. 「自己紹介」の頁に投稿されたコメントをこちらに移動しました。
    -----------
    拝啓
    ホンツゲをググっている際、本項を拝読。
    ボダイジュ名について、しばらく関心を寄せています。
    昔、昆虫生態学者・西口親雄氏に啓発を受けたせいかと思います。
    ボダイは、ヒマラヤ麓の言語(紀元前後の発声音)を漢音に写し、8世紀の奈良仏教とともに日本語彙としてこんにちに定着した語。しかし、釈迦の土地の`ボダイの樹`は日本・支那に自生しません。シナノキ仲間に接頭語`ボダイ`をつける習慣はやめるべきでしょう。欧州三種リンデにすら、日本の権威ある図鑑は`ボダイ`呼ばわりですから矛盾が甚だしい。ボダイのドイツ(欧州諸語)綴りは本来のイチジク属`仏教`樹を意味しています。日本国内に於いては、日本列島固有種であるシナノキ種がオオバ~ボダイジュ`と喧伝され印刷されています。分子系統学時代の、日本分類学者のユーモアと言うか、諦めなのでしょうか。
    草々

    • おっしゃる通りです。
      ただ、本来のボダイジュとの混同は、日本に本種が伝わった時代からのようで、中国における混同も、「間違い」というより、「敢えて類似の樹を求めて名付けた」という可能性があります。
      日本の寺院でも、Ficus のボダイジュと、Tilia のボダイジュの相違を知りながら植えていたのでしょう。そのような歴史を尊重しているのではないかと思います。

      この件については、シナノキ科の補足記事として、「ボダイジュという名」を書いています。
      そこでは、本来のボダイジュをインドボダイジュと呼ぶのはおかしいので、Tilia のボダイジュに対して別の名を付けるべきと述べています。

      (2016.03.02 「ボダイジュという名」の参照リンクが間違っていたので、修正)

      • 詳しい追跡のご記述を拝読。支那と台湾との事情違いなども検証され、納得をいただきました。日本大図鑑のごとし、知らぬ存ぜず方式でなく、いずれの漢字圏も過去を引きずって、しんどうそうに感じられます。

        Tilia miquelianaは支那の樹木ですから、シナシナノキはいかがでしょう。すると日本自生`大葉`はオオバシナノキ、欧州三つは欧州諸語ほぼ共通リンデにフユとナツをつけるか、又はフユシナノキ・ナツシナノキが明快と存じます(後者の場合、オークのフユナラ・ナツナラと呼ぶ理屈に共通致します)。

        中村浩著`植物名の由来`は、江戸草本学者が日本植物に漢語名を努力して付けた経緯を紹介しつつ、支那原産で日本に導入された菩提樹は「インド産の本当の菩提樹とは別の木である」と何気なくも明快です。全ての植物専門家の承知する事実が、21世紀にないがしろにされている。本物のインド仏教樹は大正時代あたりまで殆どの日本人にとって実際に観察/鑑賞できなかったのですから、頑固な牧野富太郎すら`とうとう諦め、長い仏教文化名を尊重(する振り)することにしたのではないでしょうか…。

        音楽愛好家にシューベルト歌曲`菩提樹`の翻訳歌詞をリンデに変える新和訳を試みる方々がいます。またドイツ文学者で「文学的にシナノキ科樹木を菩提樹と呼ぶのは誤り」と仰る人々も多いようです。

        言葉・呼び名は大多数により左右される結果でしょう…。しかし21世紀以降の人と物/コミュニケーションのグローバル化を考えると、分類専門家と特に出版業界は`知らぬ存ぜぬ`と決別すべきでしょう。

        となり村知人と帝国森のLinde植栽試験域でこの日本通称名に話が及び、「我が帝国も保守的頑固だけれど、道理で日本も似ているな~」と破顔いたしました。

        • 重ねてのご意見ありがとう存じます。おっしゃることには完全に同意します。ただ、そうはならないでしょう。

          よく誤解されていますが、植物には「標準和名」というものが存在しません。著名な図鑑で採用されているのは、「標準的な和名」ですから、一斉に変える仕組みが無いのです。

          魚類学会(2007)がイザリウオをカエルアンコウとするなど、不適切な和名を変更しました。魚類で標準和名を定めるという仕組みがあったのは、食品としての安全性を保障するという社会的責任が学会にあるためと推測します。

           植物分類学会や植物学会に、標準和名を定めようとする動きはありません。科名についてのみ、標準和名が定められ、公表されていますが、APGⅢ分類体系の導入にあたっての科名選択では混乱が見られます。学問の中立性を保つためには規制は無い方が良いでしょう。

           原色園芸植物図鑑を作られた塚本洋太郎博士は園芸植物の和名について、次のように述べられています「自然発生的に大衆によって用いられているもののみが和名(俗名)として用いられるべきで、個人の思い付きででたらめにつけられるべきではない。これに対して学名の方は学会で採用されている厳密な規則に従っているのであるから、先占権にしたがって正しいものが用いられれば、これは世界共通で好都合である。」

           かつて、イヌノフグリに対してハタケクワガタの和名が提唱されたことがありましたが、普及しませんでした。ママコノシリヌグイに対するトケソバも同様、残念に思います。

  4. 始めて閲覧させて頂きました。
    よろしくお願いします。

    ケアレスミスでしょうか。
    有りましたので連絡します。

    「コミカンソウ科 の2行目
    ミンソウ科→ミカンソウ科」

    今後、利用させて頂きます。

    • 木村様
       ご指摘ありがとうございます。訂正しました。
      分類体系の違いは表にする方が解りやすいので、できるだけ表にします。

      まだまだ、間違いが多いと存じますので、
      お気づきの点を教えてくださると、ありがたいです。

  5. はじめてお邪魔します。新潟でランマニアをしているあいらん童ともうします。

    他掲示板からの導きで検索させていただいたところ、以下のランについて誤りがあることに気付きましたので、ご連絡させていただきます。

    コバノトンボソウ→画像は典型的な「トンボソウ」が載っています。トンボソウは唇弁基部左右に小さな張り出しがあり、いわばT字型になるのが大きな特徴で、そのため昔はPlatantheraでなくTulotisに分類されていました。画像でもそれが見て取れるかと思います。トンボソウは新潟では通常は1000m未満の低山林縁のやや日陰となる湿地にあるのですが、たまに1000mくらいの標高でカキランやミズトンボがあるような明るい湿原の草陰にある場合もあります。広島でもそういう傾向があるのかどうか興味があります。画像背景にカキランがあるような気がするので。

    トンボソウ→少なくとも、トンボソウではありません。花のアップを観ると、真正面からでないため分かりにくいのですが、花弁や距や花茎の感じからはオオバノトンボソウに見えます。ところが、全体画像は明らかにオオヤマサギソウです。ちなみに、オオヤマサギソウは基本的に白色が多いのですが、緑花もあります。雑種もあるようです。

    Platantheraはネット画像や専門書でない市販図鑑を検索していると、誤っていないことがないほどで、一般的に同定が難しい仲間と思います。誤りが誤りを生むことを防ぐためにも、ご確認のほどよろしくお願いします。

    • ご指摘ありがとうございます。
      1.コバノトンボソウの写真 ⇒ トンボソウ
      2.トンボソウの写真 ⇒ 左の全形はオオヤマサギソウ、右の花はオオバノトンボソウ
      このようなご指摘でしたので、見直したところ、ご指摘の通りでした。
      トンボソウの写真には、旧:コバノトンボソウの写真を使い、
      コバノトンボソウの写真は手持ちにありませんでしたので、削除としました。
      写真(訂正後)のトンボソウはブナ帯より少し低い場所の湿原周辺の林縁部です。御推察の通り、左上の葉はカキランの葉です。誤解の無いよう、文字を入れておきました。同じ日、近くにカキラン、日当たりのよい場所にはミズチドリが咲いていました。
      他に、間違いや不審なものがありましたら、ご指摘戴けると幸いです

      • さっそくのご対応ありがとうございました。西日本には着生ランを観に行くので、湿原には行ったことがありません。広島でも同じようなところにトンボソウがあることが分かり、とても参考になりました。今後もよろしくお願いいたします。

  6. ヒコビア植物観察会の桧山と申します。 学名の後に付加する記号についてお教え下さい。 nom. tant.(多分nomen tuntum)とはどういう意味でしょうか。 雲月山には所用のため参加できませんでした。
    お手数をおかけしますが急ぎませんのでよろしくお願いいたします。   

    • 短縮語についてのお問い合わせですので、それが、どの様な文中で用いられているのか解らなければ判断できません。
      少なくとも、nom. cons. や nom. nov. のように、命名規約で認められた慣例には入っていませんから、
      該当文献中に説明があるはずです。
      tant. がラテン語形容動詞の tantum だとすれば、”merely named” のような意味だと推察しますが

      • 補足と追記です。

        W.T. Stearn (1992) の Botanical Latin 4th ed. の Symbols and Abbreviations 中にありました。
        (p.356) nom. tant., nomen tantum, name only(名前のみ)。

        実例は、Flora of Japan 2a の p.379にある カケロマカンアオイ の学名記述であると、桧山様から返信がありましたので、確かめたところ、以下のように書いてありました。

        Asarum trinacriforme (F. Maek.) Yamahata [in Minehana 28: 52, f. 12 (1981), nom. tant., 39:61, f. 12 (1982), nom. tant.] in J.Phytogeogr. Taxon. 36: 4 (1988).

        これを、「米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://ylist.info」で検索すると(2015年10月23日)、以下の通りです:

        学名: Asarum trinacriforme Yamahata
        和名:  カケロマカンアオイ
        学名ステイタス: 標準
        掲載図鑑とページ番号: (講談社・Flora of Japan)2a: 379;
        文献情報(原記載文献など): [in Minehana 28: 52, f. 12 (1981), nom. nud.] in Hatus. & Yamahata in J. P. T. 36: 4, f. 3 a-e (1988). Type: Kagoshima, Isl. Amami-oshima, Mt. Torigamine (Yamahata s. n., KAG)
        (以下省略)

        YListの表現では、Yamahata (1981) が用いた名は nom. nud.(裸名、記載又は文献の引用を伴わない名)とされています。そして、Yamahata が、Hatusima & Yamahata (1988) J. Phytogeogr. Taxon. 36巻4頁で発表した名を有効名として、F. Maekawa を原著者名としていません(無効名だから)。これは国際植物命名規約に準拠した書き方で、理解し易いです。

        結局のところ、nom. tant. と nom. nud. は同じ意味のようですが、前者は文献の有効性について述べ、後者は名の有効性について述べているようです。

  7. お忙しいところ詳しく説明いただき有難うございました。
    早速、[Ylist]の簡易検索で「樹木名」で全て検索してみました。ここで、下記※1)の不安を抱えながら自分の勝手な判断で、APG分類をしてみました。
    その後、詳細に記入頂いた、『具体的なお答え』、と合わせて見ました。
    大枠では[Ylist]の簡易検索での分類と間違っていなかった思われますが、、『具体的なお答え』、の説明の中に、センダン科・マキ科・ツバキ科が、無かったので一抹の不安を覚えています。
    説明を頂いたのと検索で、新たに(E)と(A)の違いが分かった樹木は、下記の樹木です。
    スギは、   (E)スギ科  (A)ヒノキ科
    ボダイジュは、 (E)シナノキ科 (A)アオイ科
    モッコクは、 (E)ツバキ科  (A)モッコク科
         間違いないでしょうか?

    ※1)[Ylist]で「モッコク」や「ツツジ」で検索すると、たくさんの科がでてきて、アルファベットの後に樹木名?(種名)その後ろに標準と記載されており、この見方がよく判りません。
    辞書の引き方も解らず、言葉の意味も解らず(不勉強)、に「広島の植物ノート」とは関係のない質問で申し訳ありませんが、是非ご指導ください。

    • 質問の※1)に関して、
      別冊や特集の中にすべて記載されていました。但し、未熟の為、理解はできていませんが拝読し少しでも理解できるように頑張ります。

      理解できていない、頭の中で具体的に科が異なるのは、下記の樹木で間違いないでしょうか?  急ぎで知りたいためお教え願います。

      和名        エングラー体系分類 APGⅢ体系分類
      イロハカエデ      カエデ科 ムクロジ科
      エノキ           ニレ科 アサ科
      スギ              スギ科 ヒノキ科
      トウカエデ        カエデ科 ムクロジ科
      ボダイジュ    シナノキ科 アオイ科
      ムクノキ           ニレ科 アサ科
      モッコク         ツバキ科 モッコク科
      ヤマモミジ         カエデ科 ムクロジ科

      • それで良いと存じます。ただ、敢えてAPGⅢ体系にする必要は全くありません。お手持ちの図鑑通りにするのが正解と思います。

    • それで、よろしいかと存じます。念のために注釈を
      スギは、   (E)スギ科  (A)ヒノキ科   ...便宜上(A)としましたが、裸子植物ですので APG分類には含まれません。
      ボダイジュは、 (E)シナノキ科 (A)アオイ科 ...アオイ科を広くとらえるのが妥当ということです。
      モッコクは、 (E)ツバキ科  (A)モッコク科 ...ツバキ科の一部が、Pentaphylaceae に移されたのですが、この科の呼称には様々な意見があります。日本植物分類学会の標準和名ではペンタフィラクス科です。日本の植物和名で代表させる方式では、モッコク科、サカキ科とする2つの意見があります。

  8. 樹木の分類(科)に関して教えてください。
    周辺の63種の樹木の観察をし、樹木の科を表示するに当たり、APGⅢ体系分類も併せて併記しようと思っています。 樹木名から、APG体系では、〇〇科とすぐわかる資料がなくて困っていましたところ、このHPにたどり着きました。
    カエデ科とニレ科のところが変更になっているように思いますが、下記の分類で宜しいでしょうか?  お忙しいところ申し訳ありませんがお教えください。
    又、種名から、APG塗ん類が解る資料があればお教えください。

    下記の種名ですが、今までの分類とAPGⅢの分類を併用しました。(同じ分類の場合はブランク)。
    種名        エングラー体系分類  APGⅢ体系分類
    イロハカエデ カエデ科      ムクロジ科
    トウカエデ  カエデ科        ムクロジ科
    ヤマモミジ    カエデ科        ムクロジ科
    エノキ     ニレ科          アサ科
    ケヤキ     ニレ科          
    ムクノキ     ニレ科          アサ科
    イチョウ    イチョウ科
    カキノキ   カキノキ科
    イヌシデ   カバノキ科
    カゴノキ    クスノキ科
    クスノキ    クスノキ科
    タブノキ    クスノキ科
    ニッケイ    クスノキ科
    ボダイジュ シ   ナノキ科
    スギ          スギ科
    センダン   センダン科
    シャシャンボ    ツツジ科
    ドウダンツツジ    ツツジ科
    サカキ      ツバキ科
    サザンカ      ツバキ科
    ツバキ       ツバキ科
    モッコク       ツバキ科
    ヤブツバキ    ツバキ科
    ニワウルシ    ニガキ科
    エドヒガンザクラ  バラ科
    オオヤマザクラ     バラ科
    シダレザクラ     バラ科
    セイヨウナシ     バラ科
    ソメイヨシノ     バラ科
    ヒガンザクラ     バラ科
    ヤマザクラ     バラ科
    カイヅカイブキ   ヒノキ科
    ヒノキ        ヒノキ科
    アベマキ         ブナ科
    アラカシ         ブナ科
    イチイガシ         ブナ科
    ウラジロガシ      ブナ科
    クリノキ         ブナ科
    コナラ         ブナ科
    シラカシ         ブナ科
    スダジイ         ブナ科
    ツクバネガシ      ブナ科
    ツブラジイ         ブナ科
    イヌマキ         マキ科
    ナギ            マキ科
    クロマツ       マツ科
    ゴヨウマツ        マツ科
    ツガ         マツ科
    モミ           マツ科
    ムクロジ     ムクロジ科
    ギンモクセイ  モクセイ科
    シデコブシ   モクレン科
    タイサンボク モクレン科
    ハクモクレン モクレン科
    ホオノキ     モクレン科
    ユリノキ     モクレン科
    クロガネモチ モチノキ科
    タマミズキ  モチノキ科
    タラヨウ    モチノキ科
    モチノキ    モチノキ科
    アカメヤナギ  ヤナギ科
    コゴメヤナギ  ヤナギ科
    ヤマモモ    ヤマモモ科

    • APGⅢ分類体系についてのお尋ねですが、いくつかの、よくある誤解があります。

      まず、「種名から、APG分類」というのはありません。APG分類は被子植物の科以上の分類を扱ったものです。 種をどの属に配置するかということも、DNA解析によって変わる場合もありますが、それはエングラー分類体系でも同様です。

      エングラーの分類体系は1883年に発表され、その後にいくつかの変更があり、日本の植物図鑑ではいわゆる新エングラー体系に基づいた配列(逆順もあり)を使っています。アメリカなどでは、より新しいクロンキスト体系が使われて来ましたが、日本では科の概念を変えても、配列は変えない様に配慮されて来ました。

      最新の分類体系(APGⅢ)をエングラーと比較すると:
      (1) 科の定義(どの属が含まれるか)が違う
      (2) 科がどの目に含まれるかが違う
      (3) 科を一次元に並べた順序が違う

      実際、(1) はあまり多くありません。エングラーの分類体系が良く出来ていた、あるいは、APGⅢ体系の導入による変化を避けた、という2つの理由でしょう。

      私たちが戸惑うのは、科の配列(順序)です。進化の順序は一列ではないので、それを一次元に配列するのは無理がありますが。図鑑の頁は一次元に配列するより他はありません。
       特に、単子葉類と呼ばれてきたグループが双子葉類の中に割り込むように配置されたので、エングラー方式に浸ってきた身には困ります。
      これは、50音順、イロハ順、ローマ字のABC順の違いと同じようなもので、慣れるより他はありません。

      具体的なご質問については、下記のように答えさせていただきます。

      まず、APGⅢは被子植物の新しい分類体系ですから、裸子植物は関係ありません。ただし、APGⅢと同様にDNA解析に基づいた分類体系が提案されているので、私のノートはそれに準拠しています。
      詳細は、ヒノキ科のトップ頁を見てください。

      エングラー分類体系のムクロジ科、カエデ科、トチノキ科はAPGⅢ分類体系ではムクロジ科に統合される。

      エングラー分類体系のニレ科とクワ科は、APGⅢ分類体系ではニレ科、アサ科、クワ科の3科に再編成される。
      詳細は、ニレ科のトップ頁を見てください。

      以下の科は、エングラー分類体系とAPGⅢ分類体系が同じ
      カキノキ科、カバノキ科、クスノキ科、ニガキ科、バラ科、ブナ科、モクレン科、モチノキ科、ヤマモモ科

      シナノキ科のほとんどはアオイ科へ統合される。

      APGⅢ分類体系のツツジ科は、エングラー分類体系のツツジ科、イチヤクソウ科、ガンコウラン科を統合したもの。

      APGⅢ分類体のモクセイ科、ヤナギ科はエングラー分類体系より拡大。
      APGⅢ分類体のクマツヅラ科はエングラー分類体系より縮小。

      「広島の植物ノート」の科名の50音順索引で、(E)が付いたものは
      エングラー体系、 (A)が付いたのはAPGⅢ体系の科名。ただし、軽微な違いは索引の科名を分けていないので、本文を参照する。

      参考書としては、邑田仁(監)・米倉浩司 2013. 維管束植物分類表 213 pp., 北隆館 が簡便です。

      また、新サイトで公開されている YList では、各種名にAPGⅢ体系の科が表示されるようになりました。
      http://ylist.info/ です。

  9. 解かりました。 沖縄県の県木となっているデイゴ(デイコ、Erythrina variegata L.) との混同が原因のようです。デイゴは熱帯アジアの原産で、中国名は刺桐となります。こちらは、広島では野外で生育できません。

    「平和大通りの樹木 その1」へのコメント、内容が重複するようなので、そちらは削除しました。

  10. 申し訳ありません。ディゴと表記すべきところど忘れして海紅豆としてしまいました。海紅豆など知りませんでしたのに。使っている人がいるのですか。それゆえにおかしいと感じたのです。図鑑で前の物を唯踏襲しているようですが取捨選択して下さればと思います。ディゴでしたら異物異名だと思いました。

  11. 遅くなりました。ハリエンジュ、ニセアカシアについてありがとう御座いました。納得いたしました。ところで鶴見橋西詰め平和大通りの海紅豆のご説明の中で中国名とは異物同名との由ですが失礼ですが異名同物の書き誤りではないでしょうか。

    • 異物同名と同物異名は、こんがらがって間違いやすいところです。この場合、「海紅豆」という同じ名前に対して、中国と日本では別々の植物を指しているので、異物同名(homonym、ホモニム)となるはずです。
      同じ植物に異なる名前がある場合は同物異名(あるいは単に異名、synonym、シノニム)となります。
      語順は、*物*名。学術用語集で確かめました。

  12. ご指摘ありがとうございます。葉の詳細な写真がありませんが、幹の形状からは Washingtonia robusta と同定されますので、本編の該当頁を修正しました。
     植物和名には「正式」とか「標準」というものはありません。ヤシ科については 村田博之(1990、園芸植物大事典)に従っています。

  13. ワシントンヤシ(Washingtonia filiera)の画像を見つけました。これはワシントンヤシではなく、近似種のワシントンヤシモドキ(Washingtonia robusta)と思われます。ワシントンヤシはもっと幹が太くてずんぐりしています。
    ワシントンヤシの正式な和名はオキナヤシです。

  14. 河野です。ニセアカシアが野鳥の調査していた山に残存木として数本生育しています。しかし、ハリエンジュと言われるのに棘はありません。もともと棘が無かった品種か老木の為か良くわかりません。老木といっても100年もないはずです。明治の頃、一度伐採されたようです。近くの浅い谷の中で大きなムクノキに絡まっている太いジャケツイバラが有り、引っ張ると上の方から落ちてきました。ほとんど枯死状態でした。近くの墓地公園に植栽されたニセアカシアは全て大きな棘があります。不確かですが40年前、東区山根町に居たころ、国有林の崖地に少数のニセアカシアがあり民地に根が伸びてそこから地上部が成長して処理されていました。指の太さですが棘は無かったように記憶しています。棘が無いという記述は見当たりませんよろしくお願いします・

    • ニセアカシアにはトゲのない品種があり、チンタオ(青島)トゲナシニセアカシアと呼ばれています。街路樹にはこちらの方が適しているので(トゲで怪我をしない)、都会ではこちらの方が多いです。以前、某市の街路樹にトゲナシを植えたはずが、大きくなってトゲが出てきて、住民からクレーム。市は業者の契約違反として植替えを命じた例があります。

  15. ごく簡単に言えば、葉がヤマツツジで、花色がミツバツツジと同じ。生品であれば簡単に見分けられます。
    花径はヤマツツジの3.0-3.5cmに対し、ヒメヤマツツジは2.0-3.0cm。
    ヤマツツジは春葉の長さ2-7cm、幅1.5-4.0cm、夏葉長1.5-3.0cm、幅0.5-1.8cmですが、ヒメヤマツツジは小ぶりで春葉の長さ1.0-2.0cm、幅0.5-1.0cm、夏葉長1.0-1.5cm、幅0.2-0.4cmとされています。開花時には春葉が伸びきっていないので、区別にはなり難いでしょう。

    • ご回答を頂いていながら、今日気づきました。
      ヒメヤマツツジはヤマツツジよりも小振りなようです。しかし、ヤマツツジやよく誤解されているフジツツジを見たたことがないので、いまだ確信が持てません。葉のサイズはかなり分かりました。この夏頃に確認に行きたいと思います。

       次の写真は広島県緑化センターのHPに掲載されている「ヒメヤマツツジ」ですが、実視してみますと、30ミリを超えています。ご感想をいただければうれしいです。
      http://ryokka-c.jp/kaika/shokubutu/shurui/img/himeyamatutuji4.jpg

       自分で同定したい対象のツツジがありますので、別途HPを作成し、掲載したいと思います。

      • 緑化センターの写真は、花冠の形が違うような気がします。裂片はもっと円いはず。上の写真の拡大ではなく、別のもののようにに見えます。説明文の花の色はあきらかにヤマツツジでしょう。
        緑化センターの山にはヒメヤマツツジがたくさんありますが、写真は枝の伸びが良いですね。開花の終わりごろでしょうか。
        もともと、ヤマツツジとは変種の関係で、明確に違っているわけではありません。中間形があります。

        • ご感想、ありがとうございました。
          緑化センターの見るところが悪かったのか、私が見たのは何種類かのツツジを含めてせいぜい20本未満です。東側の作業路でした。

          とりあえず、題を「ヒメヤマツツジ」としてありますが、確信があるものではありません。
          https://www.youtube.com/watch?v=JMDto9EiShE
          この動画の最後に写っているツツジも同定したいものです。メインの動画に写っているツツジを近いうちにアップします。

  16. ヒメヤマツツジに関するお願いです。(山口県在住です。)山口県柳井市で見かけたツツジがヒメヤマツツジではないかと思っていますが、同定できません。植物ノートにヒメヤマツツジの記事が掲載されていましたので、見てみるとよく似ています。花の特徴がつかめるような写真があると助かるのですが。このツツジは参考記事にありますように、ミツバツツジと同じような時期に咲いています。なかなか咲いている場所も見つけずにいますが、「ヒメヤマツツジ」を確定して探しに出かけようと思っています。よろしくお願いします。

  17. そう、7年ぶりの更新ですね。1週間に1種として、年に50種を追加できれば上々でしょうか、それ以上になると周りから嫌味を言われそうですから。改めて「芽ばえ図鑑」を見て、大変だなと思います。種子採取から始めておられるわけですから、種子の写真も入れて欲しいところです。
    私の「植物ノート」のきっかけは、某氏の一言だった訳ですが、自分で特徴を書いておきながら、写真にはその証拠が写っていないことがあります。例えば、葉が対生ならば、対生であることが写真上で判断できなければなりません。写真を撮影したときに、そのことが解っていなかった、そういう例が多いです。一通り登載した後は、追加だけでなく、本当の意味で正しい写真に替えていくつもりです。
    暇ができたようでも、1年間に新しく撮影できた写真は少ないです。最近の例ではキツネアザミ、広島で撮影したものが無くて、2002年4月に四国支所で撮影したものを使いました。花だけならば他にもあったのですが、羽状分裂した葉が写っているのは1枚だけ。今春には、葉の裏・表が見えるものを取らなければ。

  18. やっと、7年ぶりに芽ばえ図鑑更新しました。
    現在150種、もうちょっと組織的にやって主要な樹種を網羅したいと思います。
    広島の植物ノート参考にしています。

  19. アオガシ(ホソバタブ)ですね。
    私が本編に載せている写真(http://forests.world.coocan.jp/flora/laur-2.html#mac)より良いです。果実を着け、葉の最広部分が中央付近にあって、タブノキの先端よりと違うこと点が良く見えます。
    タブノキの日陰の葉がしばしば細くなり、品種名としてのホソバタブというのがあるため、本編ではアオガシの名を標準として使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください