郵便受け (質問・意見)

ご質問、ご意見、苦情、激励などで、特定の記事が見当たらない場合は下のコメント欄を使用してください。スパム防止のため、管理人が確認した後に掲載・非掲載(メールの返信だけで対処)を判断します。

コメントの記入欄は、この頁の一番下にあります。

投稿されたコメントは新しいものが上に来ます。

郵便受け (質問・意見)」への47件のフィードバック

  1. 65歳になる男性です。センダンと白檀についての専門家による分かりやすくかつ学術的な説明を拝読し、やっとスッキリしました。植物に関してはごくごく一般的な興味しかもっておりませんが、このサイトを1ページづつ熟読して勉強させていただくつもりです。どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

    • ありがとうございます。
      質問があれば、おっしゃってください。
      調べてみます。

  2.  ウグイスカグラの名の由来の記事を興味深く読ませていただきました。
     鶯が木の枝から木の枝へ移ることを「木伝い」といい、万葉集以後しばしば使われていますが、この舞い飛びながら木伝いするさまを神楽舞に見立てられるのではないかと考えておりますが、そういうことを記した文献をご存知でしたら教えていただけませんか。
     なお、神楽の様式の成立は、平安中期で、王朝国家体制への変革期であり、古今集は成立しており、鶯はますます愛でられる時期にさしかかっていたと考えております。

    • おっしゃることに賛成します。枝から枝に飛び移る際、体の向きを変えながら、という動作が神楽の舞手の動作に似ている。
      ただ、神楽の動作は、地方・時代により異なり、緩やかなものもあります。「木伝い」のような激しい動作は、必ずしも、一般的ではありません。ウグイスカグラの語源説は「かぐら」という音を根拠にしており、動作の類似性を考慮したものは見当たりません。もっと探してみましょう。

  3. 先日はじめてオランダフウロと思われる花と果実を見つけて、観察する機会がありました。
    オランダフウロとして掲載されている写真は、ヒメフウロではないでしょうか。
    花の濃色の2本の筋や葉が3全裂してさらに切れ込む様子などからそう思いました。

    • よしゆき様
       ご指摘ありがとうございます。よく見ますと、確かに写真は3出複葉で、羽状複葉のオランダフウロではありません。
       では、何かというと、我が家の庭にはびこっている外来植物で、石灰岩地に自生するヒメフウロではありません。ヒメフウロの写真では萼片の腺毛が見えます。
       3出複葉となると、ミツバオランダフウロがありますが、「原色帰化」のp.215、「帰化植物」のPL54-1.とは異なるようです。茎や葉柄が細く堅く、針金状です。「日本帰化」には写真・図がありません。
       原産地のErodium crinitum の写真を探してみましたが、見つかりません。
      とりあえず、オランダフウロとした写真を外し、他の写真をあたってみます。

      • どうやら、園芸種として導入されたヒメフウロが日本中の市街地にはびこっているらしいです。堅い感じがするのは、外来品がやや明るい場所に生育しているからで、種としては同じものになるようです。写真を、自生のヒメフウロの下に配置して、コメントをつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください