アカザで杖を作る

本編にアカザ科を追加したが、写真が少ない。外来植物、塩生植物のどちらも、縁がなかった。追加しようと思っても、該当植物になかなか当たらない。住んでいる場所が、山間部の水田地帯だからだろうか、海岸近くや、畑作地帯の植物が見つからない。

アカザの杖を2本持っている。これは、軽くて、手触りが良い。広島でも作っている人が居ると聞いた。自分のものは、山形県と茨城県で求めたものである。
畑の近くでは、しばしば、アカザの大きなものが見つかるが、杖にするほどのものは少ない。高さは地力で決まり、太さを均一にするためには、葉を上の方だけにしなければならない。森林での木材生産と同じである。

アカザの栽培

アカザの栽培

上の写真は、杖を作るためのアカザ栽培の様子。密生させ、かつ、茎が曲がらないように支柱を立てているのだが、台風が来るとおしまい。一年生だから、育つのも早いが、失敗するのも早い。

杖の写真はこちら

アカザで杖を作る」への11件のフィードバック

  1. 初めまして。
    戦後アカザ・シロザを食べて育ちましたが、久しく忘れていました。
    また、アカザの杖は芭蕉も使っていたということを友達から聞き、検索をしていましたらこちらのサイトにたどり着きました。
    いまでも杖用に栽培していらっしゃる方が・・・旅先で見つける楽しみが増えました。

  2. ピンバック: アカザの杖 その2 « 広島の植物ノート 別冊

  3. 又質問なのですが、アカザの種子はいつ頃何処に出来るのでしょうか?そしてアカザはリンを好むらしいのですが、肥料などいつどのように加えてあげればいいのでしょうか?それと、アカザにとって良い肥料があれば、その銘柄など教えて頂ければうれしいです。

    • 種子は秋に熟します。窒素分が多く、アルカリ寄りの土壌が良いらしいので、ホンレンソウが良く育つような環境と考えてください。なお、シロザについて間違えていました。アカザほど大きくならないので、杖には向かないようです。
       アカザの杖に言及したのは、山村振興(農家の副業)を応援するためです。道の駅やJAの直売所で販売されているものをお求めください。

      • シロザが杖に向かないサイトをよく見かけますが、そんなことはありません。
        県内どこを探してもアカザが生えていないので、やむなく去年シロザを育てました。元肥にたっぷりの堆肥と有機石灰、生育過程で「尿素」「NK化成」など窒素系肥料をふんだんに施用。高さ2.5m以上、根元の直径4cm超にまで成長しました。
        完全乾燥なったシロザでいま杖を2本製作中です。部屋がウレタンニスの臭い。近所の先輩お年寄りの喜ぶお顔が楽しみです。

        • 必要な大きさと強度が得られれば問題ないでしょう。ご指摘のように、土地が肥えていると高さが得られるので、茎も真っ直ぐになります。
           塗装は好みによりますが、自然素材特有の手触り(冬に冷たくなく、夏に熱くならない、汗で滑らない)が失われるので、最小限にしたいものです。

          • 邪道かもしれませんが、持ち手の部分には滑り止め用にきっちりと手芸用の帯ヒモを巻きました。赤~ピンクです。トップに7mmの穴をあけ鳩目仕上げです。お好みでひもを通せるように。
            去年秋、某植物園の隅っこで、今度こそ正真正銘アカザの種子を採取。キョロキョロしながらですが(汗)。もうすぐ播種予定です。

  4. 今晩は、初めまして、四国西予市の宇和町と言う所の住民です。今年の梅雨時からアカザの事をネットで見て関心を寄せて、畑とか田んぼを歩き回ってやっと見つけました。でも シロザかも知れませんが、あはっ 中々写真に載ってる様なアカザに出会えませんが、地方によって、葉の間の赤い色の具合が違うのでしょうか?老いた父に アカザの杖を作ってやりたくて 今、六本ほど 採ってきて、育てています。ただ どの時期に切って、どのようにしたらいいのか、皆目分かりません。もし知っていらしたら、教えて頂ければ有難いのですが。 宜しくお願いします。

    • 竹谷様
      アカザはありふれた畑地雑草ですが、探すと無かったり。荒地に群生していたり、ままになりません。
      シロザは赤い色素のアントシアニンを作る遺伝子が欠如しているだけと思いますので、どちらでも強度は変わらないと思います。
      杖にするときの要件は高さ(茎の長さ)です。秋の成長終了時までにどの位の高さになるか。これは、土地の肥沃度で決まります。
      太さについては調整可能で、ある位置の茎の断面積成長量は、その位置より上の葉の量で決まります。つまり、茎の上の方だけに葉がついている状態が望ましいのです。これは2つの方法があります。一つは、多数の茎を密植することで、下の葉を光不足にする。もう一つは、下の枝葉を人為的に切り取ることです。ただし、支え棒を添えるなど、現実には難しいです。
       収穫は、葉が枯れ始めるころ。根元は切らずに、曲がった丸い部分を握りにすると良いです。陰干しにします。少し乾いたところで、皮をはいでやると、白い材が現れます。ここで、添え木を当てて、曲がりを矯正しながら、時間をかけて乾かします。
       必要な長さを残して先を切り落とします。これだけで良いのですが、先の石突きゴムをかぶせると安心して使えます。ニスを塗ると手触りは落ちますが、長持ちします。
       ホテイチクなどに比べて、長さを得るのが難しいです。でも、皆さん軽さにびっくりします。そして、普通に使う分には充分丈夫です。道の駅などで、販売されているのを良く見かけますので、気に入った長さのものがあれば、買い求めるのもよいでしょう。

  5. 貴ホームページを見せていただいております。
    以前から、私もアカザの杖を作ってみようと思い、苗或いは種子を販売している所はないものかといろいろと調べておりましたがそのようなところを見つけることが出来ませんでした。
    失礼とは存じますが、苗或いは種子を譲ってはいただけないでしょうか。
    残念ながら当方ではアカザが自生している所を見つけることが出来ません。

    • ご訪問ありがとう存じます。
      野生植物の利用を推進する立場ではありますが、
      苗や種子を頒布するということは、当サイトの趣旨ではありません。

      アカザは、畑の周辺の裸地を探せば、きっと見つかります。
      6、7月頃になれば、芽生えが出てくると存じます。
      多くの場合、ただの雑草ですから、畑の持ち主に話せば、すぐに了承されると思います。
      小さな芽生えを持ち帰り、肥沃な畑に植えれば、すくすくと伸びます。
      長さを得るには、初期成長を良くしてやること。
      秋になって、葉色が黄色に変わり始めた頃の収穫、
      皮をはがして、陰干しにします。ゆっくり、充分に乾かすこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください