サツマイナモリとアオモジの花

本編にクスノキ科を追加した。また、広島県植物誌の口絵写真を引用していなかったので、遡って引用した。

所用で宮崎県の南部に行ってきた。もう田植えが終わった水田が多く、スギ林内にムサシアブミの大きな葉と花が目立った。サツマイナモリも花盛り、宮崎県には背が高いものがあるが、鹿児島県側では低いものが多い。

e58d81e5b1a40903-r07 林内に咲くサツマイナモリ

伊佐盆地ではアオモジの花が目だった。九州の西部ではヒノキ造林地に侵入し、1年で樹高が1mを超え、ヒノキを圧倒するため、もっとも主要な下刈り対象植物である。ところが、大分県、宮崎県の林業関係者はほとんど知らない。気温と関係のない分布で、これほど生育量が異なる植物は珍しい。岡山県、近畿地方でも逸出しているという。佐賀県や福岡県では分布域の拡大が研究対象となっている(例えば:白佐達哉・他(2005)福岡県におけるアオモジの分布と繁殖生態 九州森林研究 58:67-70)。

e587bae6b0b49503-12e382a2e382aae383a2e382b8 林道沿いに咲くアオモジ

サツマイナモリとアオモジの花」への2件のフィードバック

  1. こんにちは、はじめまして。5年くらい前、知人と下蒲刈島へ行きました。ある山中で、見かけない樹木があることに気付き、近寄ってよく見ると、アオモジでした。こんな処で会えるなんて、と感激したことを想い出しました。私は、専門家ではありませんが、樹木は大好きです。帝釈台、比婆山系にはよく行っておりました。興味のあるヒョウタンボク、カエデ、ミツバツツジ、に会う為です。また、(中央構造線)という語句を見ると、高知の横倉山を想い出します。それはクサリサンゴを探すためです。などと、色々興味は尽きません。本日の目的は、アサノハカエデについての質問です。芸北地方には見られるようですが、比婆山系に空白地帯があるのは何故でしょうか?お教え頂ければ幸いです。

    • ご訪問、ありがとうございます。
      アオモジについては、広島県植物誌にもありますように、植栽起源と考えています。呉近郊では完全に野生化しているようなので、下蒲刈島まで分布拡大したとすると、困ったことです。
      アサノハカエデの中国山地方での分布は分かりません、備北山地が特別ではなく、芸北山地から寂地山地の方が特殊なのではないかと思っています。
      中央構造線の南にある紀伊半島、四国南部、九州の祖母・傾・中央山地は古い地質で、地形が急峻、ヒノキ、コウヤマキ、ヒメコマツが多いという特徴があります。キレンゲショウマやオオヤマレンゲがあることも共通の特徴です。
      標高が低い場所では、シロモジの分布の偏りも面白そうです。詳細な分布図を作れば、地域の性格が明らかになると思います。少しずつでも進めていきましょう。引き続き、ご意見を寄せていただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください